読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

SOLAR BOOSTレビュー:サイズ25.5cm、重さ266g

▶︎ #ランニングシューズ#Adidas

2018年5月に発売されたSOLAR BOOST(ソーラーブースト)は、アディダスの最新テクノロジーが詰め込まれたランニングシューズ。アッパー部分に「テーラードファイバープレースメント」という新製法を採用しシューズのフィット感を高めている。実際に履いてみて気づいた点を紹介する。

この記事の目次

絶妙なホールド感

今回紹介する「SOLAR BOOST」の特徴は以下のとおり。

  • コンセプトは初マラソン挑戦者たちへ捧げる、新たなランニングシューズ」
  • ミッドソールにクッション性と反発性を両立した「BOOST」を搭載
  • アッパーに「テーラードファイバープレースメント」を新たに採用

最大の特徴は、シューズのアッパー部分に「テーラードファイバープレースメント」と呼ばれる新素材が使われていること。何重にもレイヤードされた特殊構造を持ち、見た目はボテっとした仕上がりになっている。ナイキの薄いニット素材の「FLYKNIT」とは対照的だ。

しかしこの「テーラードファイバープレースメント」が生み出すフィット感は絶妙で、足に圧迫感を与えずにガッチリを固定してくれる。

デザインとスペック

それでは「SOLAR BOOST」を詳しく見ていこう。実は今回、人生で初めてアディダスのランニングシューズを買ったのでドキドキしている。

上から見ると横に分厚い。やはりボテっとした「テーラードファイバープレースメント」の存在感が強い。

こちらがアッパー部分に使われている「テーラードファイバープレースメント」。三本線のロゴのも新素材で作られている。

靴底のアウターソールには、グリップ性の高い CONTINENTAL(コンチネンタル)のラバーを使用。

アウターソールとミッドソールの間には、ピンク色のプラスチック素材を挟んでいる。これはTORSION SYSTEM(トルションシステム)と呼ばれるテクノロジーで、中足部のねじれ運動をコントロールし、足の安定性を高めている。

ミッドソールのクッションは、上級者向けレースシューズ「adizero takumi sen boost」にも使われている「BOOST」を搭載。発泡スチロールのツブツブをギュッと固めたような質感が特徴だ。

メンズ25.5cmの重さは実測値で266gだった。

SOLAR BOOSTの評価

ここからは実際に「SOLAR BOOST」を履いてみて気づいた点をまとめていく。

ファーストインプレッション

着地は硬めの印象。クッション性よりも反発性の方が強い。

まず驚くのが足全体が包み込まれるようなホールド感。下からはBOOST、上からはテーラードファイバープレースメント、後からはヒールカウンターが程よい圧力で三方向から足をガッチリと固定してくれる。

200g前後の軽量シューズに履き慣れていると「SOLAR BOOST」は重く感じる。

普段履きとしても快適

ランニングはもちろん、履きやすくて快適になので普段履きとしても使っている。特に旅行に履いていくと、これ1足でウォーキングやランニングまで全部カバーできてしまう。

幸手市さくらマラソン

ターゲットが「初フルマラソン」なのでスピード走には向いていないかと思いきや、10マイル(16km)のレースで履いてみたら平均ペース4:00/kmでも快適に走れた。

この記事で紹介したモノ

Adidas Solar Boost

関連記事

ULTRABOOST 21レビュー:サイズ25.5cm、重さ323g

#Adidas

ピックアップ

Wind Shield Pantsレビュー:自分史上最強の防寒ランニングパンツ

スポーツバルム レビュー:冬マラソンにおすすめの防寒ジェル

自己紹介:マラソンブロガーの誕生秘話と主な活動内容

グンゼ ウエストウォーマー レビュー:冬ランに必須のランニング腹巻

旅とグルメが最高すぎるマラソン大会:おすすめ3選を紹介

メリノウール FIT グローブ レビュー:ランニング手袋の決定版

最新記事

18.1kmラン:マラソン大会の中止が相次ぐ 2022.1.17

R1デイリー・ジャケット:腕振りしやすい裏起毛フリース

12.3kmラン:春の足音 2022.1.16

ミズノ ダブルニットキャップ ブレスサーモ:発熱するニット帽

10.0kmラン:52 Go to by Mizuno 2022.1.14

7.3kmジョグ:パタゴニア愛 2022.1.13

#ランニングシューズ #ランニングウェア #ランニングギア #補給食 #旅ラン #遠征 #解説 #日誌 #ともの部屋

最新動画