読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

Allbirds Tree Dasherレビュー:サイズ26.0cm、重さ295g

▶︎ #ランニングシューズ

Tree Dasher(ツリーダッシャー)は天然素材で作られたAllbirds(オールバーズ)のランニングシューズ。サステナブルなのに、履き心地も最高な1足。

Allbirds Tree Dasher

Allbirdsのランニングシューズは3種。通気性に優れた「Tree Dasher」、撥水性に優れた「Wool Dasher Mizzles」、トレラン仕様の「Trail Runners SWT」がある。

この記事の目次

サステナブルなのに、履き心地も最高

物欲を刺激する月刊誌『Begin(ビギン)2022年2月号』を読んでいたら、Allbirdsの「Tree Dasher」が目に留まった。

シャープなフォルムと「世界一快適な履き心地」の謳い文句に惹かれ、迷わずにポチってしまった。

Tree Dasher」の主な特徴は以下のとおり。

  • Allbirdsのランニングシューズの人気モデル
  • 天然素材で作られたカーボンニュートラルシューズ
  • ドロップは7mm
  • 重さは303g(27cm)
  • 定価は税込16,250円

最大の特徴は、サステナビリティ(持続可能性)と履き心地を両立させていること。

Tree Dasher」は天然素材で作られている。アッパーにはユーカリの繊維、ミッドソールにはサトウキビ、インソールにはヒマシ油製、アウトソールには天然ゴム製を使用。

しかも、排出量から吸収量と除去量を差し引いた合計をゼロにする「カーボンニュートラル」を実現している。

そして、履き心地が最高に素晴らしい。サステナビリティは目的ではなく、最高の履きやすいランニングシューズを作るための手段にすぎないのだ。

Allbirdsのランニングシューズ

Allbirds(オールバーズ)は2016年に米シリコンバレーで生まれたスポーツブランド。メリノウールを使ったスニーカーから始まり、米タイム誌から「The World’s Most Comfortable Shoes(世界一快適な履き心地)」と評されている。

ランニングシューズは以下の3種。

Tree DasherWool Dasher MizzlesTrail Runners SWT
特徴通気性の良いユーカリの繊維を使用したランニングシューズ柔らかいメリノウールとバイオベースの撥水シールドを使用したランニングシューズオールバーズ初のトレイルシューズ
アッパーユーカリの繊維ZQメリノウール+撥水素材ZQメリノウール+リップストップ素材
ミッドソールサトウキビ由来サトウキビ由来サトウキビ由来
アウターソール天然ゴム天然ゴム天然ゴム

ベーシックなランニングシューズが欲しいなら「Tree Dasher」と「Wool Dasher Mizzles」が選択肢に入る。違いはアッパーに使われている素材。通気性重視なら「Tree Dasher」、耐水性重視なら「Wool Dasher Mizzles」を選ぼう。

今回僕は「Tree Dasher」のメンズ26.0cm、カラーは黒系の「Obsidian(Black)」を選んだ。

デザインとスペック

それでは「Tree Dasher」を詳しくみていこう。

まず、箱の形状が通常のランニングシューズとは異なり、収納の仕方もユニークだ。

「made from the world around us」。つまり、我々の身近なサステナブルな素材で作られていることを強調している。

シューズ本体はこちら。

横から見た様子。ミッドソールは全体的に弧を描くようなカーブのあるデザインだが、ミッドフットの部分が少しだけ窪んでいる。

ミッドソールが黒光りして高級感がある。

アウターソールには天然ゴムを使用。

アッパーは通気性と耐久性に優れたユーカリの繊維で作られている。

拡大するとこんな感じ。ニット素材よりも繊維が荒い。

シューレース(紐)にもこだわりを感じる。

特に、シューズに直接縫い付けられたシューレースホールは独特なデザイン。

足首周りには、フィット感を高めるために伸縮性に優れた素材を使用。まるで靴下のようにピタリとフィットする。

そして柔らかいウール素材がアキレス腱を守ってくれる。

ロゴは控えめにシューズの後ろ側に入っている。

重さは、メンズ26.0cmの実測値で295g。

サイズ感

Tree Dasher」のサイズ展開は以下のとおり。

  • メンズ:25.0cm〜32.0cm
  • レディース:22.0cm〜26.5cm

ランニングシューズのサイズはいつも25.5cmか26.0cmで悩む。今回僕はメンズ26.0cmを選んだ。

若干作りが大きめなので25.5cmでも良かったかなと感じるが、アッパーがピタリとフィットするので、まったく問題ない。

耐久性

以下は10km走った後の様子。硬めの素材で耐久性は高そうだ。

後日、経過報告をアップデートする。

Tree Dasherの評価

ここからは実際に「Tree Dasher」を履いて気づいた点をまとめる。

超高反発

サトウキビ由来のミッドソールは、丈夫で硬かった。反発力が極めて強く、ソール自体がバネのように機能して推進力を生み出す。

名前の由来でもあるDash(ダッシュ)するのに向いており、ランニングだとジョギングから4:00/kmくらいまでは余裕で走れる。

長距離走には向いていない

一方で、クッション性が弱く、長時間走っていると足に負担がかかる。5km前後が適度な距離。10kmを超えてくるとちょっと厳しそう。

ナイキのリアクトに近い

着地の感覚は、ナイキのリアクトフォーム(REACT FOAM)が近く、僕が持っているランニングシューズだと、ナイキの「EPIC REACT FLYKNIT」と似ている。

安定感抜群

耐圧分散が秀逸なので、「Tree Dasher」を履いて直立すると安定感抜群で疲れない。

週末、娘たちのピアノの発表会に履いて行き、1時間近く立ちっぱなしだったが、疲労感が全くないのには驚いた。

もちろん、ランニングでの走行安定性も文句なし。

普段履き〜10kmラン

履き心地が最高で疲労感もない。落ち着いたカラーとデザインなので、職場にも履いていけるし、通勤時間も快適に過ごせる。

あるいは旅行に履いて行き、そのまま旅先で走るのも良さそうだ。

この記事で紹介したモノ

Allbirds Tree Dasher

Allbirdsのランニングシューズは3種。通気性に優れた「Tree Dasher」、撥水性に優れた「Wool Dasher Mizzles」、トレラン仕様の「Trail Runners SWT」がある。

関連記事

EPIC REACT FLYKNITレビュー:サイズ25.5cm、重さ200g

ズーム フライ 4 レビュー:サイズ26.0cm、重さ275g

2021年に買ったランニングシューズ10足:おすすめは「METASPEED SKY」

FuelCell RC ELITE v2レビュー:サイズ26.0cm、重さ199g

GHOST 14レビュー:サイズ25.5cm Wide、重さ258g

ウエーブライダー 25 レビュー:サイズ25.5cmワイド、重さ250g

Cloudboom Echoレビュー:サイズ 26.0cm、重さ210g

#ランニングシューズ

ピックアップ

メリノウール FIT グローブ レビュー:ランニング手袋の決定版

Garmin防塵プラグ:充電ポートの水濡れ・サビを防ぐキャップ

fenix 6Xレビュー:ガーミンウォッチの最高峰モデル

AGILE 250レビュー:ランニング用ウエストポーチの決定版

ソフトフラスク (2020)レビュー:携帯しやすい給水ボトル

ヴァームとスーパーヴァームの違いを徹底比較

最新記事

18.1kmラン:マラソン大会の中止が相次ぐ 2022.1.17

R1デイリー・ジャケット:腕振りしやすい裏起毛フリース

12.3kmラン:春の足音 2022.1.16

ミズノ ダブルニットキャップ ブレスサーモ:発熱するニット帽

10.0kmラン:52 Go to by Mizuno 2022.1.14

7.3kmジョグ:パタゴニア愛 2022.1.13

#ランニングシューズ #ランニングウェア #ランニングギア #補給食 #旅ラン #遠征 #解説 #日誌 #ともの部屋

最新動画