オールスポーツのマラソンフォトは高すぎ?それでも僕が購入した理由

マラソン大会でよく目にする「オールスポーツ」。ランナーの写真を撮影・販売しているが、とにかく値段が高すぎて買う気にならない。しかし今回はあえて「長野マラソン2018」のマラソンフォト64枚を8,980円で購入した。

ゼロベースランニング 走りの常識を変える!

今回わざわざオールスポーツのマラソンフォトを購入した理由は、自分のランニングフォームを分析するため。ランニングフォームを見直したいなら、高岡尚司さんの『ゼロベースランニング 走りの常識を変える!』がおすすめ。僕はこれでサブ3達成のヒントを掴んだ。

楽天スーパーセール開催中!ポイント最大43倍。12/11まで

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

オールスポーツとは?

オールスポーツ(All Sports)はスポーツイベントの写真撮影・管理・販売を行うサービス。正式名称は「オールスポーツコミュニティ」。東京都新宿区に本社を置く株式会社フォトクリエイトが運営している。

コース沿道のカメラマン

マラソンランナーなら、コースの沿道で「撮影」のビブスを着たカメラマンを一度は見たことがあるはず。国内の主要マラソン大会の多くはオールスポーツが契約しており、この業界ではガリバー的存在だ。

レースの後に写真販売

レースが終わって数週間すると「写真を買いませんか?」という勧誘メールが来る。今回は「長野マラソン2018」の写真販売のお知らせが来たので、試しに購入してみた。

ナンバーカードで写真を仕分け

オールスポーツでは、画像認識技術を使ってマラソン大会の写真を自動的に仕分けている。例えば、僕が「1111」のナンバーカードをつけていたとする。画像認識で「1111」の入った写真を抽出すれば、僕が写っている写真だけを選び抜くことができる。

写真の値段が高すぎる

撮影した写真はオールスポーツがデジタルデータとして保管している。気に入った写真があれば、データ、プリント、その他(キーホルダーなど)の形式で購入できる。

価格表

価格はイベント毎に価格表が表示される。掲載期間が終了し、再掲載期間に購入すると値段が1.5倍〜になったりもする。

参考までに、以下は掲載期間中の「長野マラソン2018」と再掲載期間中の「東京マラソン2018」の価格をまとめたもの。どうせ購入するなら掲載期間中に購入するのが断然お得。

写真タイプ長野マラソン東京マラソン
2L判 プリント1,620円3,240円
A4判 プリント3,240円4,860円
データCD(1カット)2,980円6,480円
ダウンロード(1カット)2,980円6,480円
スペシャルデータセット8,980円32,400円

とにかく高すぎる

一生に一度のマラソン大会だったら分からなくもないが、自分が写っているマラソンフォトにこの値段は高すぎる。

一応、まとめ買いの割引制度はあるらしい。

  • 10枚以上ご購入の方 → 10%OFF
  • 20枚以上ご購入の方 → 15%OFF
  • 30枚以上ご購入の方 → 20%OFF

それでも一番安い2L版を10枚買ったら1万5000円くらい。これなら家族や知人にお願いして、沿道で撮影してもらう方がいい。

購入・ダウンロードの流れ

しかし今回はマラソンフォトを有効活用する方法を思いついたので、試しに購入してみることにした。

写真はデジタル版が欲しい。1カットずつ買うよりも、64枚ある写真を一括でダウンロードできる「スペシャルデータセット」を選んだ。価格は8980円。1枚あたり145円。やはり高すぎる。

イベントを検索

まずはオールスポーツコミュニティーの公式サイトで対象イベントを検索する。イベントによっては、閲覧パスワードを求められるので、マラソン大会のパンフレットや配布資料を確認しよう。

ナンバーカードで検索

次にマラソン大会で着用したナンバーカードの番号で写真を検索する。

写真を選択

するとナンバーカードにひもづく写真が表示されます。ぼくの場合は全部で64枚あった。

購入したい写真と種類を選ぶ。今回はデジタルデータが全部ダウンロードできる「スペシャルデータセット」を選択。

料金を支払う

必要な情報を記入して料金を支払う。会員登録をしなくても購入可能。

写真をダウンロード

すぐにダウンロードできるのかと思いきや、ダウンロードの準備ができるまでに1日〜3日要するとのこと。

注文した翌日に「【オールスポーツコミュニティ】ダウンロードURL・ダウンロードキーのお知らせ」と題したメールが届いた。

メールに記載されているダウンロードキーと電話番号(注文時に登録したもの)を入力すると、ダウンロード画面にアクセスできる。

なお、ダウンロードの有効期限はダウンロードURLが届いてから90日間なので早めに保存しておこう。

写真の利用条件

写真は一括または個別にダウンロードできる。データサイズは写真によって異なり、長辺のサイズは2000〜3000px、ファイル容量は2〜5MBだった。

利用条件

購入した写真の利用については、以下の説明書きがあった。

個人的な利用の範囲内であれば、お近くの写真店やご家庭のプリンターなどでプリントができます。また、ご自分のみが写っている写真に限り、個人的なホームページやブログにアップロードして使用することが可能です。その際には、必ず写真の周囲に「(C)allsports.jp」と記載し、可能であれば当サイトのリンクを貼ってください。なお、販売後も写真の著作権は(株)フォトクリエイトに帰属します。

まとめると以下のとおり。

  • ブログでの掲載は可能
  • ただしコピーライトの記載が必要
  • 著作権はフォトクリエイトが持つ

ちなみに、購入していないマラソンフォトをブログやSNSなどに掲載するのはNGだ。

マラソンフォトのサンプル

参考までに、今回購入した「長野マラソン2018」のマラソンフォトを3枚載せておく。自分以外の人が写らないように、サイズ加工・クロップしている。

1枚目は30kmあたりかな。まだ元気な様子。(C)allsports.jp

2枚目は40km地点。ここは一番しんどいところ。写真を撮られていることも気づいていない。(C)allsports.jp

3枚目はゴール直前。もう脚が上がっていない。(C)allsports.jp

ランニングフォーム分析に役立てる

今回8980円を支払ってまで「長野マラソン2018」のマラソンフォトを購入した理由は、自分のランニングフォームの分析に役立てるためだ。

今回のレースでは全力を出し切り、自己ベストを大幅に更新することができた。しかし自分なりに課題も発見できたレースでもあった。

そこで、64枚の写真をじっくり分析すれば課題を見極められるのではないか。

例えば以下の写真を見ると、姿勢、腕振り、着地の様子がよく分かる。(C)allsports.jp

美しいランニングフォームとは程遠く、自分で見ても「醜いな…」と思う。

でも写真は現実を映し出す。これが今の自分の姿だと認めることで、更なる改善、そして飛躍の一歩を踏み出すことができると信じている。

関連情報

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

ゼロベースランニング 走りの常識を変える!

今回わざわざオールスポーツのマラソンフォトを購入した理由は、自分のランニングフォームを分析するため。ランニングフォームを見直したいなら、高岡尚司さんの『ゼロベースランニング 走りの常識を変える!』がおすすめ。僕はこれでサブ3達成のヒントを掴んだ。

楽天スーパーセール開催中!ポイント最大43倍。12/11まで