【秩父ミューズパーク】全長3000mのスカイロードを走る

埼玉県秩父市の市営公園「秩父ミューズパーク」には、全長3000mのサイクリングロード・遊歩道が整備されている。イチョウ並木が美しく、適度にアップダウンもあり、ランニングするには最高の環境だ。

2021年5月の新緑の季節にスカイロードを走ってきたので、その魅力を紹介する。

この記事の目次

アクセス

「秩父ミューズパーク」は、埼玉県秩父市と秩父郡小鹿野町にまたがる長尾根丘陵に位置する。秩父の玄関口である西武秩父駅からは荒川を挟んで4kmほど離れており、循環バス「ミューズパーク線」に乗れば20分ほどで到着する。園内には無料駐車場も数多くあるので、車でのアクセスがおすすめだ。

コース

今回走ったのは、秩父ミューズパーク内にある「スカイロード」。ミューズパークの真ん中を南北に全長3000m、幅員18mの大規模遊歩道とサイクリングロード(うち幅員3m)からなる。スカイロードの両サイドにはイチョウ並木が続き、新緑や紅葉の季節は特に美しい。

以下は現地で見つけた秩父ミューズパークの地図。ピンク色の線がスカイロードで、園内の主要施設を結んでいるのが分かる。

参考までに、ストラバのアクティビティを以下に掲載しておく。クリックするとルートの詳細や高低差などが確認できる。

それではスカイロードの魅力を詳しく見ていこう。

南口・スタート広場

スカイロードはどこからでも走り始められるが、南口にスタート広場がある。無料駐車場もあるので、こちらに駐車して走りに行くのも良いだろう。

新緑の季節はみずみずしい緑に彩られたイチョウ並木が美しい。

センターハウス

南口と北口の間にあるのが「センターハウス」。この辺りにはプールやテニスコート、フットサルコートがある。

毎年6月には秩父ミューズパークを舞台に「秩父宮記念ミューズの森チャレンジロードレース大会」が開催されるが、このセンターハウスの前でフィニッシュする。

パルテノン

しばらくスカイロードを走り続けると、古代ギリシア風の建造物が見えてくる。こちらはパルテノン神殿を模した「パルテノン」という建物。単なる休憩所ではなく、災害時には160人が避難生活が送れるように配慮されているという。

その隣にあるのが「ミューズの泉」。こちらも古代ギリシア風だ。

そもそも「ミューズ」とは、古代ギリシアで文芸を司る女神を意味する言葉「Musa」が語源であり、音楽(Music)や美術館(Museum)の語源でもある。なので園内に本格的な野外ステージや音楽堂があるのも納得だ。

北口・旅立ちの丘

パルテノンから北口までは緩やかな起伏が続き、足腰を鍛えるのにちょうど良い。

こちらは「芝生広場」。

北口にある「旅立ちの丘」まで来ると、スカイロードは終了。北口にも無料駐車場があるものの、台数が限られていて停められないことがある。

「旅立ちの丘」からは、武甲山と秩父の市街地が一望できる。

お役立ち情報

サイクリングもおすすめ

スカイロードはサイクリングロードでもあるので、自転車での走行が可能。北口と南口にレンタルサイクルの貸出所もある。ママチャリやマウンテンバイクが多く、2〜4人乗り自転車は数が少ない。

疲れたらスカイトレインで移動

本数は少ないが、スカイロードの北口と南口を結ぶ「スカイトレイン」が運行しているので、ランニングに疲れたらスカイトレインに乗るのもあり。

遊具も充実

北口の「展望ちびっこ広場」には、全長約50mのローラーすべり台を始め子ども向けの遊具が充実している。子どもが遊んでいる間にスカイロードを走るという選択肢もある。

ゴーカート

小さな子供でも親と一緒に乗れるゴーカート場。身長125cm以上なら1人で乗車可能。結構スピードが出て迫力があるので、娘たちに好評だった。

PICA秩父

秩父ミューズパークには、手軽にキャンプが楽しめるPICAリゾートの「PICA秩父」があり、テントサイトやコテージでの宿泊が可能。

ブラタモリ 18 秩父 長瀞 大宮 室蘭 洞爺湖 宮崎

あわせて読みたい