読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

ミューズの森チャレンジロードレース遠征記:結果は42分40秒(2018年/10km)

▶︎ #マラソン遠征#埼玉県

毎年6月に埼玉県秩父市で開催される「秩父宮記念ミューズの森チャレンジロードレース」を走ってきた。種目は10km。

ナイキ ペガサス 35

今回のレースで履いたのはナイキの「ペガサス35」。トレイルや芝生、ロードやタイルなど、何でもありのコースで安定した走りをサポートしてくれた。

この記事の目次

大会の魅力

「秩父宮記念ミューズの森チャレンジロードレース」の主な特徴は以下のとおり。

  • 毎年6月に埼玉県秩父市で開催
  • 種目は10km・親子ランなど
  • コースは秩父ミューズパークの敷地内

最新の情報は公式サイトを確認しよう。

埼玉県秩父市で開催

秩父市は埼玉県の西部に位置する首都圏有数のリゾート地。丘陵地帯が多いエリアで「秩父宮記念ミューズの森チャレンジロードレース」が開催される秩父ミューズパークは、丘の上にある。

高低差140mの激坂

10kmの部は、丘の上からスタートして麓まで下り、再び丘の上まで上ってくるコース。高低差140mの激坂のダメージは半端ない。

変化に富んだコース

10kmの部は、トレイルや芝生、ロードやタイルなど、地面のバリエーションが豊富。さらに激坂もあるので、走っていて飽きない。というか飽きる暇がない。

遠征日程

今回は同じ埼玉県内の移動ではあるが、会場近くの宿泊施設で前泊した。

2018年6月9日(土)レース前日

コテージライフが楽しめる「PICA秩父」に宿泊。会場からは歩いて徒歩3分。夕食はコテージのテラスでバーベキューを楽しみ、敷地内の大浴場でのんびり過ごした。

2018年6月10日(日)レース当日

会場がすぐ隣なので、早起きしないで済む。10kmの部は10時スタートなので、8時半までコテージで過ごした。

スタートライン

「秩父宮記念ミューズの森チャレンジロードレース」の受付会場は、秩父ミューズパーク内のスポーツの森に設置される。

こちらが「スポーツの森」。大型駐車場、テニスコート、流れるプールなどがある。

事前に郵送されたハガキを見せて、ナンバーカードとランナーズチップを受け取る。

ランナーズチップは「RSタグ」。今回はナイキの「ペガサス35」を履いてレースに挑む。

ナンバーカードを受け取った後は、参加記念Tシャツを受け取る。その際にハガキを回収するので、先にナンバーカードを受け取る必要がある。

荷物や貴重品は、館内のコインロッカーに預けられる。

ゲストランナーは川内優輝さん!

9時からの開会式が始まる。ゲストランナーは、先日の「ボストンマラソン2018」で金メダルに輝いた川内優輝さん。

川内さんも数年前に10kmの部に参加しおり、高低差140mの激坂が「かなり辛かった」とコメント。

スタート会場には、川内さんがこれまでに獲得した金・銀・銅メダルが展示してあった。触るのはNGだが、写真撮影はOKとのこと。左から「ボストンマラソン2018」の金、「世界陸上大邱2011」の銀(団体)、「仁川アジア競技大会2014」の銅。

やはり、ボストンの金メダルは別格だ。

スタート15分前にスタートブロックに入る。スタート直前に川内優輝さんから激励の言葉をいただいた。

コース攻略

10kmの部のコースの特徴は以下のとおり。

  • スタート・ゴールはスポーツの森
  • 2〜3kmが下り坂、4〜5kmが上り坂、いずれも高低差約140mの激坂
  • ラスト3kmは「スカイロード」を走る

以下のコースマップは大会パンフレットに掲載されていたもの。

激坂

スタートして1kmほど走ると、脇道に逸れて下り坂に入る。道幅が狭く、足場も不安定なのでスピードを出しすぎるのは危険。最低地点まで降りると、今度は高低差140mの激坂が立ちはだかる。一番苦しい場所だと6:00/kmまでペースダウンするが、なんとか歩かずに進んでいった。

6km以降は起伏が緩やかになる。こちらは前日に子どもたちを遊びに連れてきた公園。

とはいえ、ちょっとしたアップダウンでも身体に響く。

7kmあたりで芝生の広場をぐるっと1周。

それから全長3kmのサイクリングロード、通称「スカイロード」を走る。一旦ゴール地点を通り過ぎてから、折り返して再びゴールに戻ってくる。

ゴールの後で

「秩父宮記念ミューズの森チャレンジロードレース」の完走タイムは、ネットで42分40秒だった。

40分は余裕で切れると思っていたが、激坂の後はペースを4:00/kmまで戻せなかった。非常に苦しい展開となったが、また走ってみたいなと思えるコースだった。来年は「親子ラン」にも参加してみようと思う。

この記事で紹介したモノ

ナイキ ペガサス 35

今回のレースで履いたのはナイキの「ペガサス35」。トレイルや芝生、ロードやタイルなど、何でもありのコースで安定した走りをサポートしてくれた。

関連記事

埼玉「秩父ミューズパーク」の走り方:全長3kmのスカイロード

ミューズの森チャレンジロードレース遠征記:結果は8分53秒(2019年/1.5km親子ラン)

PEGASUS 35レビュー:サイズ25.5cm Wide、重さ254g

HANZO V2レビュー:サイズ25.5cm、重さ170g

季節の彩湖ハーフマラソン遠征記:結果は1時間28分8秒(2021年・ハーフ)

埼玉「こども動物自然公園」の走り方:周回1.8kmのクロカンコース

埼玉「森林公園」の走り方:周回5.5kmのクロカンコース

埼玉「日本一長いけやき並木」の走り方:北浦和〜所沢を結ぶランニングコース

さいたま国際マラソン遠征記:結果は2時間57分34秒(2019年/フル)

埼玉「見沼自然公園」の走り方:木陰の多い周回1.2kmのクロカンコース

#埼玉県

ピックアップ

自己紹介:マラソンブロガーの誕生秘話と主な活動内容

ソフトフラスク (2020)レビュー:携帯しやすい給水ボトル

AfterShokz Aeropexレビュー:完全防水の骨伝導ワイヤレスヘッドホン

瀬戸内しまなみ海道の走り方:全長80km、今治〜尾道の旅ラン全記録

スポーツバルム レビュー:冬マラソンにおすすめの防寒ジェル

2021年に買ったランニングアイテム10選:おすすめは「AfterShokz Aeropex」

最新記事

18.1kmラン:マラソン大会の中止が相次ぐ 2022.1.17

R1デイリー・ジャケット:腕振りしやすい裏起毛フリース

12.3kmラン:春の足音 2022.1.16

ミズノ ダブルニットキャップ ブレスサーモ:発熱するニット帽

10.0kmラン:52 Go to by Mizuno 2022.1.14

7.3kmジョグ:パタゴニア愛 2022.1.13

#ランニングシューズ #ランニングウェア #ランニングギア #補給食 #旅ラン #遠征 #解説 #日誌 #ともの部屋

最新動画