ランニングの水分補給は「何も持たない」がおすすめな理由

暑い夏のランニングは熱中症予防にこまめな水分補給が不可欠。給水ボトルやハイドレーションパックを携帯するのもいいですが、個人的には何も持たずに、公園の水飲み場を活用するのが一番身軽でおすすめです。

この記事では、ランニングの邪魔にならずに賢く水分補給する方法を紹介します。

先に、それぞれのメリット・デメリットをまとめると次のとおりです。

メリット デメリット
リュック+ハイドレーションパック 両手がフリー。手を使わずに飲める。容量が多い(1~2l程度) 重い。使用後の洗濯・洗浄が面倒
ベスト+ボトル 両手がフリー。手を使わずに飲める 使用後の洗濯・洗浄がやや面倒
ウエストポーチ+ボトル 両手がフリー 取り出すのが面倒
ハンドボトル 準備・洗浄が簡単 容量が少ない(200ml程度)。片手持ちだとバランスが悪い
水飲み場を活用 手ぶらでOK コースに水飲み場がないとNG

個人的には、何も持たずに水飲み場を活用するが一番おすすめです。そのためには、日頃から水飲み場のある場所をチェックしておく必要があります。

コース上に水飲み場がなければ、ベスト+ボトルを利用することが多いですね。それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう!

リュック+ハイドレーションパック

長距離または給水ポイントがないところを走るときにおすすめなのが、リュックとハイドレーションパックの組み合わせ。

僕が愛用しているサロモン スキンプロ10(Skin Pro 10)は、10Lの収納スペースに加えて、1.5Lのハイドレーションパックが収納できる専用スペースが付いています。

ハイドレーションパックに直結された給水ホースを使えば、リュックを背負ったまま給水できるので便利です。

ベスト+ボトル

ハイドレーションパックを使うほどの水は要らないというと方には、ランニングベストとボトルの組合せをおすすめします。

僕が愛用しているサロモンのAGILE 2 SETは、ベストのように羽織るタイプのもの。前面二箇所に500mlの給水ボトルを収納できるポケットがあるので、1lの水を軽々と携帯できます。

以下の写真のように、ボトルを固定できるゴムもあり、走行中に揺れることもありません。さらに、飲み口がちょうど肩の部分に来るようになっているので、取り出さずにそのまま飲むことができます。

ウエストポーチ+ボトル

リュックを背負ったりベストを羽織ったりすると上半身に動きの妨げになって嫌だ…という方には、ウエストポーチをおすすめします。

僕が愛用しているサロモン Agile 250 Beltは、前後にひとつずつポケットがあり、ジッパー付きの方には250mlのボトル(ソフトフラスク)が収納できます。

ハンドボトル

30分〜60分程度のランニングであれば、ハンドボトルという選択肢もありです。

僕が使っているのはアメリカで人気のブランド、ネイサン(Nathan)クイックショットプラス

ハンドボトル(hand bottle)の文字どおり、手にボトルを持つスタイルですが、ギュッと握りしめる必要はありません。小さいですがジッパー付き小物入れも付いているので貴重品入れに便利。

ボトルの容量は300mlと見た目以上に入ります。唯一のデメリットは、片手に装着すると左右のバランスが悪くなることですね。

水飲み場を活用

さて、最後は水分補給の究極の方法ともいうべき裏技。ランニング中は何も持たずに、公園などの公共の場所にある水飲み場で給水するというもの。

あらかじめ水飲み場のある場所を調べておき、2〜3kmおきに水飲み場があるようなコースを組みます。ランニングコースのある公園の場合は周回コースを走るとちょうど良いです。

なお、水道水だけだと塩分補給ができないので、塩タブレットもあわせて摂ります。

まとめ

以上、ランニングの邪魔にならずに賢く水分補給する方法を紹介しました。

暑い夏のランニングは熱中症予防にこまめな水分補給が不可欠。給水ボトルやハイドレーションパックを携帯するのもいいですが、個人的には何も持たずに、公園の水飲み場を活用するのが一番身軽でおすすめです。

カバヤ食品 塩分チャージタブレッツ