エネもち クルミ餅 レビュー:和テイストのエネルギー補給食

「エネもち(Enemoti)」はお餅をベースにしたエネルギー補給食。和菓子のように美味しく食べられて、エネルギーがゆっくり吸収される天然由来のパルチノースを配合している。

エネもち クルミ餅

この記事の目次

和テイストのエネルギー補給食

今回紹介する「エネもち クルミ餅」の主な特徴は以下のとおり。

最大の特徴は、和菓子テイストのエネルギー補給食であること。天然素材のお餅とクルミをベースした甘さ控えてのしっとりとした食感は、和風スイーツの域に達している。

製造元は、北海道の製菓メーカーの天狗堂宝船。どおりで美味しいわけだ。

販売しているのは、持久系エネルギー補給食を手がける日本企業、セロトーレ株式会社。「エネもち クルミ餅」の他にも、水溶性マグネシウムが補給できる「マグオン エナジージェル」を展開している。

ちなみに「エネもち」を漢字で書くと「恵根餅」らしい。エネルギーが湧き出てきそうなネーミングだ。

天然由来のパラチノースを配合

エネもち クルミ餅」の原材料・成分表示を詳しく見ていこう。

原材料 水飴、砂糖、パラチノース、小麦粉、くるみ、もち粉、あん、醤油(大豆を含む)、オブラート(澱粉)/炭酸Ca
成分表示 エネルギー145kcal、炭水化物27g(糖質26.4g)、たんぱく質1.6g、脂質3.4g、食塩相当量0.1g
重量 40g

原材料に含まれているパラチノース(Paltinose)は天然由来の糖質。体内でエネルギーがゆっくりと吸収される性質を持つため、マラソンやウルトラマラソン、トライアスロンなど持久系スポーツのエネルギー補給に適している。

パッケージの表に書いてある「For Endurance Sports 145kcal + Paltinose」は、日本語で「エンデュランススポーツ向け、145kcal、パルチノース配合」を意味する。

エネもち クルミ餅の評価

ここからは実際に「エネもち クルミ餅」を食べてみて気づいた点をまとめていく。

とにかく美味しい!

和風スイーツと言っても過言ではないほど、美味しい。ランニングに食べるエネルギー補給食はご褒美みたいなものなので、美味しさも重要なポイントだ。

開封しやすい

開け口を引っ張ると、簡単に開封できる。これならランニング中でもサクッと開けられそう。

水なしだとキツい

食感はお餅のようにネチャネチャしている。水なしでも食べられなくないが、ランニング中だと苦しくなるので、水分補給と同じタイミングで食べるのがおすすめだ。

エネもち クルミ餅

あわせて読みたい