FOOTMAX5本指 レビュー:特許技術の塊のランニングソックス

高機能ランニングソックスは「タビオ」や「アールエル」が有名だが、忘れてはならないのが「フットマックス(FOOTMAX)」の存在。創業から100年近くの老舗靴下メーカーが特許技術を惜しみなく投入した「フットマックス 5本指」は、とにかくフィット感が抜群だ。

フットマックス(FOOTMAX)5本指ランニングソックス

この記事の著者

マラソンブロガー、とも(tomo)。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

特許技術の塊のランニングソックス

今回紹介する「フットマックス5本指」の特徴は、老舗靴下メーカーが特許技術を惜しみなくつぎ込んだランニングソックスであること。

製造・販売しているのは大阪に本社を置く靴下メーカーのコーマ株式会社。創業は1922年、100年近く靴下を作り続けており、染色から編み立て、検品までのすべての工程を自社一貫で行なっている。

コーマ株式会社は靴下の製法に関する特許技術を数多く持っており、「フットマックス5本指」は以下の特許技術が使われている。

3D SOXの特徴

これだけだと、どんなすごい技術なのか分かりづらいので詳しく見ていこう。

3D立体製法

上で紹介した特許技術の特徴は、足の形に合わせた立体設計にある。膨らみのあるつま先、母趾球、小趾球にぴたりと寄り添い、アーチの部分は心地よい圧力を加えてサポートする。立体的な構造をしているため、そのままでも自立する。

FOOTMAX 5本指

つま先、土踏まず、かかと、足首のパーツごとに異なる素材を使っている。単なるツギハギではなく、シームレスに結合されているところにもコーマ株式会社の技術力の高さを実感する。

FOOTMAX 5本指 FOOTMAX 5本指

フットマックス 5本指の評価

実際に「フットマックス 5本指」を履いてみて気づいたことをまとめていく。

まず履いてみて驚いたのは、高機能ランニングソックスにありがちな「締め付け感」がないこと。コンプレッションやアーチサポート効かせすぎると、履いた時に窮屈に感じるが、「フットマックス 5本指」にはそれがない。つま先、土踏まず、かかと、足首、すべてのパーツに数mmのゆとりがあり、長時間着用してもストレスを感じない。

特に指先部分の快適。足指でグー・パーしても、指1本がしなやかなに動く。

安静時にはフィットしていても、いざ走り始めるとランニングソックスにズレが生じたり、部分的に軋んだりすること良くある。「フットマックス 5本指」はその問題もない。運動時の筋肉の動きに寄り添うように、ピッタリとしたフィット感が維持される。

FOOTMAX 5本指の足指 FOOTMAX 5本指の足指

フットマックス(FOOTMAX)5本指ランニングソックス