【コース紹介】大濠公園(福岡県)

大濠公園は、九州を代表するランナーの聖地。1周2kmのランニングコースをはじめ、気分転換に池の真ん中を走ったり、隣の福岡城跡でトレランしたり、舞鶴公園でクロカンしたり、ランニングの楽しみ方が尽きません。

この記事では、福岡県福岡市の「大濠公園」のランニングコースを紹介します。

大濠公園の魅力

福岡に出張に行くのでおすすめのランニングスポットを聞いたら、みんなが「大濠公園」の名前を挙げました。

実際に行ってみて、その理由がわかりました。大濠公園は「ランナーの聖地」なんですね。東京の皇居もすごいですが、大濠公園も皇居に劣らずにすごい。

到着早々、周回コースを走るランナーのパワーに圧倒されました。まだ6時台だというのに。

大濠公園の周回コースに飽きたら、隣の「福岡城跡」でトレイルランニングで足腰を鍛えたり、「舞鶴公園」でクロスカントリー走を楽しんだりすることができます。

コース概要

大濠公園は、福岡県福岡市中央区にあります。JR博多駅から大濠公園までは5kmほど。

最寄駅は、博多駅から地下鉄でアクセスできる「大濠公園駅」です。今回は博多駅近くのホテルに宿泊したので、「大濠公園」を走るためにわざわざ地下鉄に乗って移動しました。

こちらが大濠公園の地図です。ひょうたんの形をしています。

今回走ったコースは、Stravaのアクティビティで確認できます。

走ってみた

実際に、「大濠公園」のランニングコースを走ってみた様子を紹介します。

2kmの周回コース

大濠公園はどこからでも走り始められますが、一応スタートラインがあります。

池の周りの周回コースは約2km。内側のレーンがウォーキング用、外側がサイクリング用、真ん中がランニング用です。100mごとに距離表示があるのが嬉しいですね。

まだ6時台だというのに、ものすごい数のランナーです。ほとんどがのんびりジョギングされていますが、4分/kmペースで走るランナーの集団も見かけました。

走っていて気になったのが、ランニング用のレーンに描かれているこちらのキャラクター。「F」と書かれたランニングシャツを来ています。「Fukuoka」の「F」ですかね。

公園の東側にはアート作品が展示されていました。

園内には水飲み場やストレッチ場など、ランナーに嬉しい設備が整っています。もちろん、トイレもありますよ。

そしてオシャレなスタバも!

池の真ん中を走る

池の周りの周回コースから外れますが、池の真ん中の島々を連ねるコースも走ってみました。

ここから眺める景色は最高ですね。周回コースを走っているランナーの姿も美しい。

島と島の間には、こんな可愛らしい橋がかかっています。

大濠公園の原形について調べて行くと、意外な事実が発覚しました。西日本シティ銀行さんのコラムに、こう書かれています。

中国の西湖を模して真中に、柳島、松島、菖蒲島をつくり、その間に観月橋、松月橋、茶村橋、皐月橋(さつき)という橋をかけています。

なんと、大濠公園は中国の世界遺産「杭州西湖」がモデルなんですね。今年の5月に杭州西湖に行ってきたばかりなので、なにか運命のようなものを感じました。

確かに、杭州西湖この感じ、

大濠公園と似ている…。

福岡城跡からの絶景

大濠公園を訪れたら、ぜひ立ち寄って欲しいのが公園の隣にある「福岡城跡」。正確には「舞鶴公園」の一部なんですね。

福岡城跡の周辺は、ちょっとしたトレイルランニングコースになっています。

大濠公園はランナーで溢れていますが、こちらは人気がなく、とても落ち着いた環境です。

城跡の石垣は結構なサイズです。

石畳のスロープを上って行くと「天守台」と呼ばれる展望台に出ます。

階段を上ると目の前に360度のパノラマ絶景が広がります!

この日は天気だったので遠くまで見渡せました。福岡市内はほぼ全域が一望できます。

舞鶴公園の敷地内には陸上競技場があります。こちらの写真は福岡城跡から見下ろした様子。観戦するには穴場なスポットです。

こちらの広々とした芝生のエリアは「鴻臚館跡」。この辺りには平安時代に遣唐使を迎え入れるための迎賓館があったそうです。写真左に見えるのが展示館です。

ちなみに、舞鶴公園の北側にあるお堀の周りもおすすめのランニングスポットですよ。

まとめ

以上、福岡県福岡市の「大濠公園」のランニングコースを紹介しました。

大濠公園は、九州を代表するランナーの聖地。1周2kmのランニングコースをはじめ、気分転換に池の真ん中を走ったり、隣の福岡城跡でトレランしたり、舞鶴公園でクロカンしたり、ランニングの楽しみ方が尽きません。

福岡市を経営する