【ForeAthlete 935】ビジネスアスリート向けのガーミンウォッチ レビュー

2年ほど使い続けたガーミンのエントリーモデル「ForeAthlete 220」から、シリーズ最上位モデルの「ForeAthlete 935」に機種変更した。

光学式心拍計を内蔵しているので、VO2Maxやトレーニング効果などが計測できるようになった。また、付属のランニングダイナミクス(RD)ポッドを使えばランニングフォームの分析もできる。さらに、通知機能も充実しているのでスマートウォッチとしてビジネスシーンでも問題なく使える。

仕事もランニングも頑張りたいビジネスアスリートにおすすめの「ForeAthlete 935」を紹介する。

この記事の目次

ForeAthleteシリーズ最上位モデル

僕はこれまでエントリーモデルの「ForeAthlete 220」を持っていたので、ランニングウォッチのベーシックな機能しか使えなかった。ForeAthleteシリーズ最上位の「ForeAthlete 935」は光学式心拍計を搭載しており、以下のアクティビティ計測が可能となる。

さらにシリーズ最上位モデルとして進化したポイントは以下のとおり。

ランニングウォッチとしての機能

以下は「ForeAthlete 935」のパッケージ。箱の質感もなかなか良さげ。

開封して時計本体を手に取ってみた。まず驚いたのは、その軽さ。見た目はゴツいのに、まるで羽のように軽い。腕に装着しても、まったく負担にならない。

他には、「BEAT YESTERDAY」と書かれたスティッカーが2枚、「GARMIN」ロゴのスティッカーが1枚、取扱説明書、製品保証書、ランニングダイナミックポッド、充電ケーブルが同梱されていた。

充電ケーブルは通常のUSBだが、本体接続部分は楕円形のプラグ。「ついにType-Cに対応か!?」と思いきや、ガーミン独自の規格だった。

「ForeAthlete 220」とは異なり、本体に差し込む仕様になっている。

スペック情報

サイズは、47mm x 47mm x 13.9mm、重量は49gと、大きさの割には軽い。64色のカラーディスプレイは、直径が30.4mm、解像度が240 x 240ピクセル。

時計機能は、時間/日付、GPS時間同期、自動サマータイム設定、アラーム、タイマー、ストップウォッチなどに対応。

センサーは、GPS、GLONASS、みちびきに対応。さらに光学式心拍計、気圧高度計、コンパス、ジャイロスコープ、加速度計、温度計を内蔵し、アクティビティを多角的に計測・分析できる。

防水等級は、5ATM。汗やシャワーで濡れても耐えることのできる程度の防水性能を意味する。

スマートウォッチとしても使える

これまで職場でランニングウォッチを着用することに抵抗があった。しかし「ForeAthlete 935」ならデザイン的に許容できる。マットな質感とメタリックな操作ボタンの絶妙な組み合わせにより高級感が増し、スーツやワイシャツにも似合います。

さらに、スマートフォンとBluetoothで連携すれば、メールや予定表が手元で確認できる。スマートウォッチとしての基本的な機能が備わっている。

Garmin ForeAthelete 935