Garminの通知機能:メール・LINE・カレンダー通知を受けとる方法

Garmin(ガーミン)のランニングウォッチには、メールやカレンダー通知などを手元で確認できる通知機能がある。スマートウォッチとして日常生活やビジネスシーンでフル活用するために、通知機能の使い方を分かりやすく解説する。

Garmin ForeAthlete 245

この記事の著者

マラソンブロガー、とも(tomo)。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

Garminの通知機能

Garminウォッチはランニングやサイクリングの運動記録に適したウェアラブル端末だが、最近はスマートウォッチとしての機能も充実している。

特に便利なのが、スマートフォンで受信したメールやLINE、カレンダー通知などを手元で確認できる通知機能。

家事の最中に子どもからのLINEに気づかせてくれたり、仕事中に次のミーティングの予定を教えてくれたり、スマートフォンが見られない時でも大事な通知を見逃さないで済む。

また、通知機能を有効にしておけば、ランニング中に家族や職場からの緊急連絡を受け取ることもできる。

対応機種

2018年以降に発売されたGarminのウェアラブル端末で通知機能が利用できる。

初期設定

Garminの通知機能を使うには、以下の設定が必要。ここでは「iPhone 11 Pro」と「fenix 6」を使って通知設定を行う。

  1. GarminウォッチとGarmin Connectをペアリングする
  2. iPhoneで通知機能を設定する
  3. Garminウォッチで通知を設定する

【1】GarminウォッチとGarmin Connectをペアリングする

まず、GarminウォッチとiPhoneをBluetoothで接続してペアリングする。

【2】iPhoneで通知機能を設定する

次にiPhoneの「設定→通知」より、通知機能を利用したいアプリを選ぶ。アプリ毎に以下の設定を行う。

Garmin Connectアプリの「詳細→Garminデバイス→サウンド&アラート→通知機能」より通知方法を設定する。アクティビティ中の通知の可否や、Garminウォッチのウォッチフェイスに表示される長さもカスタマイズできる。

例えば、アクティビティ中の「通知を許可します」をOFFにすれば、ランニング中は通知が来なくなる。ランニングに集中したければOFFにすれば良いし、家族や仕事の連絡を見逃したくなければONにすると良い。

【3】Garminウォッチで通知を設定する

Garminウォッチの「設定→スマートフォン→通知」から次の設定が可能。

なお、Androidで通知機能を設定する方法は以下のとおり。

使い方

ここからは、実際にGarminウォッチで通知を受け取る様子を紹介する。

メール・LINE

以下はメール受信の通知。送信者と件名が表示され、ボタンを押すとさらに詳細が確認できる。LINEの通知も同じように表示される。

カレンダーの予定

以下はカレンダーの予定の通知。件名、時間、場所が表示される。

Garmin ForeAthlete 245