【GoPro Hero 9】手ぶれ補正が最強のアクションカメラ レビュー

ランニングしながら滑らかな動画を撮るならGoProのフラグシップモデル「GoPro Hero 9」がおすすめ。HyperSmooth 3.0手ブレ補正機能がヌルヌルとした映像に自動補正してくれる。実際に撮影した動画・写真サンプルを交えて「GoPro Hero 9」の魅力を紹介する。

この記事の目次

手ぶれ補正が最強のアクションカメラ

2020年9月に発売された「GoPro Hero 9」は、最新の動画撮性技術が詰め込まれたGoProのフラグシップモデル。主な特徴は以下のとおりです。

最大の特徴は、手ぶれを最小限に抑えてくれるHyperSmooth(ハイパースムース)手ブレ補正機能。ソフトウェアは最新の「HyperSmooth 3.0」が搭載されている。

僕はマラソン大会や旅ランで走りながら動画を撮ることが多いが、スマホのカメラで撮影すると上下動でブレブレになってしまう。「GoPro Hero 9」には、そんな動き激しい状態でも一定の水平状態を保つように自動補正する機能がある。

また、直感的なカメラ操作も「GoPro Hero 9」の強みのひとつ。シャッターボタンを押すと撮影と同時に電源がオン・オフできたり、側面にあるモードボタンで動画・写真・タイムラプスのモードを簡単に切り替えられたり。ランニング中は走りに集中しないとなので、直感的に操作できるのは助かるし、誤操作も少なくなる。

Hero 8との違い

以下は「GoPro Hero 9」と前モデル「GoPro Hero 8」の比較。

Hero 9 Black Hero 8 Black
サイズ 71.0mm x 55.0cm x 33.6mm 66.3mm x 48.6mm x 28.4mm
写真 20 MP + SuperPhoto、RAW形式の写真撮影 12MP + SuperPhoto、RAW形式の写真撮影
ビデオ 5K30 / 4K60 4K60
手ぶれ補正 HyperSmooth 3.0 + カメラ搭載 + GoProアプリによるホライゾンレベリング HyperSmooth 2.0 (全モード) + アプリ内ホライゾンレベリング
スクリーン ステータス + ライブプレビュー対応の前面スクリーンおよび背面タッチスクリーン ステータスのみ対応の前面スクリーンおよび背面タッチスクリーン
スローモーション 8x (HyperSmooth 3.0) 8x (HyperSmooth 2.0)
その他 Hindsight、スケジュールキャプチャー、デュレーションキャプチャー、LiveBurst LiveBurst

まず特筆すべきは、サイズがひと回り大きくなったこと。

カメラ性性能はメジャーアップデートというにふさわしい進化を遂げている。5Kビデオと20 MPの写真の撮影に対応している他、手ぶれ補正も大幅にアップデート。

前面のスクリーンはプレビューにも対応。セルフィー撮影で構図が確認できるようになった。

カメラ本体

GoPro Hero 9」から前面ディスプレイが追加され、セルフィーの撮影が便利に。とはいえランニング動画の撮影には使わないので、節電のためオフにしている。レンズの下の穴は集音用のマイク。

左側面には、電源のオン・オフとモードの切り替えを兼ねたボタンを配置。

右側面は開閉でき、内側にはバッテリー、SDカードスロット、USB-Cポートが集約されている。USBで充電しながら撮影・操作することも可能。

下部は折り畳み式のフィンガーが付いており、アクセサリー類と直接アタッチメントができる。

背面には大型のタッチスクリーン。サクサク操作できてストレスフリー。

付属品

GoPro Hero 9」の付属品は以下のとおり。

カメラケースが製品パッケージになっているのは合理的だ。

ランニング中に撮影した動画

実際に「GoPro Hero 9」を使ってランニング動画を撮影してきた。4:30/kmペースで走りながらの撮影。ジンバルなど使用せず、手持ちでそのまま撮っている。 「HyperSmooth 3.0」の威力は素晴らしい。

ランニング中に撮影した写真

手ぶれ補正はもちろん写真撮影にも適用される。以下は4:30/kmペースで走りながら撮影した写真。看板の文字もくっきり読めるし、拡大しても文字が潰れていない。


以下は5:00/kmのペースで走りながら撮影。こちらも狙ってとったわけではないが、看板の文字までくっきり読める。


GoPro Hero 9

あわせて読みたい