【グンゼ ウエストウォーマー】冬ランに必須のランニング腹巻 レビュー

ウエストウォーマー(waist warmer)は「腹巻」の意味。国内大手下着メーカーのグンゼが本気を出して作った腹巻は、裏起毛で真冬でも暖かく、伸縮性に優れて体のラインにピタリとフィットする。ランニング用に買ってみたので着心地や使い勝手などを紹介する。

この記事の目次

冬ランに必須のランニング腹巻

グンゼの「ウエストウォーマー」の特徴は以下のとおり。

最大の特徴は、保温性に優れたグンゼのインナー用素材「ホットマジック(HOTMAGIC)」を採用していること。一般綿肌着5枚分の保温力を持ちながら、着ぶくれせずに体のラインにピタリとフィットする。ホットマジックは、ユニクロの「ヒートテック」やミズノの「ブレスサーモ」のようなものだ。

吸湿発熱で蒸れにくいので、日常生活だけでなく、ランニング用の腹巻としても快適に使える。

裏起毛が暖かくておすすめ

グンゼの「ウエストウォーマー」のスペックは以下のとおり。

裏起毛タイプ 通常タイプ
型番 MH0770A MH1970H
素材 ナイロン30%、アクリル30%、キュプラ20%、ポリエステル15%、ポリウレタン5% 本体:アクリル35%、ナイロン30%、レーヨン30%、ポリウレタン5% 腰ゴム部:ナイロン90%、ポリウレタン10%
サイズ M(76~84cm)、L(84~94cm)、LL(94~104cm) M(76~84cm)、L(84~94cm)、LL(94~104cm)
カラー ブラック、ネイビー ブラック、ネイビーブルー、チャーコールグレー

ネット通販サイトで「グンゼ ウエストウォーマー ホットマジック」と検索すると、2種類の製品が表示される。今回紹介するのは、裏起毛タイプの「MH0770A」のほうだ。裏起毛が苦手な人は「MH1970H」を選ぶと良い。

胴回りをすっぽり包み込む

今回僕はMサイズのネイビーカラーを購入した。ウエストサイズは76〜84cmが目安。高さは34cmもあるので、胴回りがすっぽり包まれる。

ウエストウォーマーの口の部分はこんな感じ。ゴムでキュッと締められる感じはない。

内側は裏起毛でモコモコ。これで暖かさが倍増する。

ウエストウォーマーの評価

実際にグンゼの「ウエストウォーマー」をランニングで着用してみて気づいた点をまとめていく。

窮屈でないのにズレない

スーパーストレッチ素材のおかげで、体のラインにピタリとフィットしてくれる。締め付けられる感じは全くないが、ランニング中にズレることもない。

裏起毛が超絶暖かい

ウエストウォーマーをインナーとして着用すると、裏起毛が肌に触れて暖かく感じる。真冬のランニングでは、裏起毛の暖かさに一度慣れてしまうと手放せなくなる。

ランニング時の「腹冷え」を防ぐ

僕の経験上、ランニング中にお腹が冷えると下痢をしやすくなる。それを防ぐには、腹巻をして走るのが最も効果的。僕にとって腹巻は冬のランニングの必需品だ。

グンゼ ウエストウォーマー MH0770A

ウエストウォーマー」はグンゼの取扱店舗や公式サイト、その他ネット通販で販売している。裏起毛タイプの型番は「MH0770A」なので間違いないように。