CARBON Xレビュー:サイズ25.5cm、重さ224g

2019年5月に発売されたCARBON X(カーボン X)は、ホカオネオネのカーボンファイバープレート搭載シューズ。ロッキングチェアのように転がして走ることで爆発的な推進力を生み出す。実際に履いてみて気づいた点を紹介する。

HOKA ONE ONE CARBON X

この記事の著者

マラソンブロガー、とも(tomo)。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

カーボンファイバープレート搭載

ホカオネオネ(Hoka One One)はフランスで生まれ、米国カルフォルニア州に本拠地を置くランニングシューズのメーカー。マシュマロのような独自のクッショニング技術「マキシマムクッション」を武器に、超厚底なのに軽くて衝撃吸収性に優れたシューズを世に送り出している。

しかし、今回紹介する「CARBON X」は、これまでの「マキシマムクッション」とは異なる設計思想で作られている。

最大の特徴は、ソールにカーボンファイバープレートを内蔵していること。薄い鋼のような板を挟み込むことで爆発的な推進力を生み出し、高速ペースでのランニングをサポートしてくれる。

2019年5月4日に開催された「PROJECT CARBON X」では、Jim Walmsleyが「CARBON X」を履いて50マイル(約80km)の世界記録を更新している。長距離走におけるシューズの性能の高さが証明されたわけだ。

デザインとスペック

それでは「CARBON X」を詳しく見ていこう。実際に持ってみると、見た目からは想像できないほどの軽さに驚く。

横(内側)から見た写真。PROFLY X(プロフライエックス))のロゴがキラリと光る。PROFLY Xテクノロジーにより、スピードとクッション性のある走り心地を実現している。

横(外側)から見た写真。それにしてもソールが分厚い。カカトの部分なんか、アッパーよりもソールの方が高さがある。

つま先とカカトが上に反っているのも特徴だ。着地の際にロッキングチェアのような動きをするので、自然と足が前に進む構造になっている。

真下から見た(靴底)写真。ミッドフットの部分に開いた菱形の穴から黒のカーボンファイバープレートがチラリと見える。青と白のソールにサンドイッチされた構造だ。

真上から見た写真。アッパー部分には軽量で通気性のあるシングルレイヤーのエンジニアードメッシュを採用。

インナーは極薄。

僕が購入したメンズ25.5cmの重さは実測値で224gだった。

CARBON Xの評価

実際に「CARBON X」を履いてみて気づいた点をまとめていく。

抜群の推進力

カーボンファイバープレートによって生み出される推進力は特筆すべき。特にフォアフットの部分は上に反っているので、着地の際は自然と前に進む。何時間でも走り続けたくなるシューズです。その意味では、中距離よりも、長距離に向いていると思う。

ズレなし、ぴったりフィット

足首周りの素材が足の形にピタリとフィットするので、シューズがしっかりと固定され、走行中にズレを感じない。

高い安定感

ホカオネオネのランニングシューズに共通して言えることだが、靴底の接地面積が広いため着地の際に高い安定性を実感できる。

実戦レビュー

デビュー戦は「シドニーハーフマラソン2019」。アップダウンが多いコースにも関わらず、脚へのダメージを最小限に抑えてくれた。

ハーフよりも長い距離の方が向いているのではと思い、「釧路湿原マラソン2019」の30kmの部でも履いてみた。ロッキングチェアをコロコロと転がすように、上手くリズムに乗れれば翔ぶように走れる。

アッパーは取扱注意

アッパーのエンジニアードメッシュは薄くて軽く、擦れると簡単に破けてしまうので注意が必要。縁石にぶつけたら、穴が開いてしまった。

HOKA ONE ONE CARBON X