CLIFTON 6レビュー:サイズ25.5cm Wide、重さ244g

2019年6月に発売されたCLIFTON 6(クリフトン 6)は、ホカオネオネのロード用ランニングシューズ。軽くて衝撃吸収性に優れた超厚底ソールを搭載し、長距離のロードランニングでも疲れ知らず。実際に履いてみて気づいた点を紹介する。

HOKA ONE ONE CLIFTON 6

この記事の著者

マラソンブロガー、とも(tomo)。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

長距離ロードランに最適

ホカオネオネ(Hoka One One)はフランスで生まれ、米国カルフォルニア州に本拠地を置くランニングシューズのメーカー。マシュマロのような独自のクッショニング技術「マキシマムクッション」を武器に、超厚底なのに軽くて衝撃吸収性に優れたシューズを世に送り出している。

今回紹介する「CLIFTON 6」は、ホカオネオネの数あるランニングシューズの中でも長距離ロードランニングに適したモデル。

おなじみの超厚底のマシュマロクッションと、ロッキングチェアのようなスムーズなライディングが、疲れ知らずの走りをサポートしてくれる。

前モデル「5」との違い

CLIFTON 6」で進化したポイントは2つある。

まず、アッパー部分の両サイドに施されたスティッチデザイン。前モデルの「CLIFTON 5」ではシューズの両サイドにメッシュ素材が使われていたが「CLIFTON 6」ではメッシュを前方に集約し、両サイドをスティッチデザインで補強することでシューズの安定感を高めている。

スティッチデザインは、デザインのアクセントとしても悪くない。左が「5」で右が「6」。

靴底も進化している。フォアフット部分の靴底のラバーの面積が前モデルよりも増量。ここは消耗が激しい部分なので耐久性アップが期待できそう。左が「6」で右が「5」。

デザインとスペック

それでは「CLIFTON 6」を詳しく見ていこう。手に取ると見た目よりも圧倒的に軽いことにまず驚く。

横(外側)の写真。ホカオネオネらしいボリューミーなミッドソールが特徴。「HOKA」のロゴが目に留まるが、「CLIFTON 6」もさりげなく印字されている。

CLIFTON 6」の特徴は、アッパー部分に施されたスティッチデザイン。重量を増すことなく、安定感を高めている。

横(内側)の写真。こちら側にもスティッチデザインが入っている。

アッパーの写真。フォアフット周りは通気性に優れたメッシュデザイン。

靴底の写真。白い部分はマシュマロのように柔らかく足を衝撃から守ってくれる。摩耗の激しいフォアフットとカカトの部分には、黒のラバー素材が施されている。

メンズ25.5cm(ワイド)の実測値は244gだった。

CLIFTON 6の評価

実際に「CLIFTON 6」を履いてみて気づいた点をまとめていく。

ホールド感がアップ

両サイドに施されたスティッチデザインにより、シューレース(紐)とソールが一体化され、シューズのホールド感が向上している。長時間走ってもカッチリとしたホールド感をキープしてくれる。

安定した着地

靴底の接地面積が広く、着地がとても安定する。このシューズを履いて足を捻ることはまず無いだろう。「CLIFTON 6」はフォアフットのラバー素材を増量しているので、グリップ力も増している。濡れた地面を走ってみると、その安定感が際立った。

やや幅狭

「CLITON 5」もそうだったが、「CLIFTON 6」は横幅がややせまく感じます。フォアフットだけでなく、土踏まず周りも。

そこで今回は通常タイプよりも橋幅を約2サイズ分アップした「ワイドタイプ」を選択。これが大正解。やや窮屈だった「CLIFTON 5」の通常タイプに比べ、「CLIFTON 6」のワイドタイプは足幅に余裕があり、足指も自由に動かせる。

長距離走の頼れる相棒

個人的には、20km以上の長距離で本領を発揮するシューズだと感じる。というか、練習で長距離を走るときは大体「CLIFTON」を履いている。

HOKA ONE ONE CLIFTON 6