本庄早稲田の杜クロカン遠征記:結果は52分26秒(2018年・12km)

2018年4月8日に埼玉県本庄市で開催された「本庄早稲田の杜クロスカントリー」を走ってきた。

角川まんが学習シリーズ 旧石器~縄文・弥生~古墳時代

開催地の埼玉県本庄市は「古墳のまち」として知られる。市内には数百の本庄古墳群が現存し、古いものだと4世紀までさかのぼる。

楽天スーパーセール開催中!ポイント最大43倍。12/11まで

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次(タップできるよ)

大会の特徴

「本庄早稲田の杜クロスカントリー」の主な特徴は以下のとおり。

  • 毎年4月に埼玉県本庄市で開催
  • 会場はJR上越新幹線・本庄早稲田駅から徒歩15分
  • 種目はクロスカントリー(12km・8km)とロード(1.5km・6km・ハーフ)
  • 参加賞はオリジナルTシャツ
  • 完走するとスポーツドリンク・記録証・ご当地グルメ「つみっこ汁」無料引換券がもらえる

最新の情報は公式サイトを確認しよう。

埼玉だけど「ほぼ群馬」の本庄市

開催地の本庄市は埼玉県の北部に位置する。浦和や大宮よりも高崎の方が近く、そのため「ほぼ群馬県」とも揶揄される。

古墳のまちとしても有名

本庄市には数百もの古墳が今でも残っている。市のマスコットは古墳から出土したハニワの「はにぽん」。市内を散策していると、至るところで「はにぽん」を目にする。

自然道を走るクロスカントリー

クロスカントリー(cross country running)とは、芝生や森林のアップダウンの多い自然道を走る競技のこと。ロードランよりも自然道を多く走り、トレイルランほど危険を伴わないのが特徴だ。今回参加した12kmクロスカントリーは、ロードと山道が半々という感じだった。

スタートラインへ

「本庄早稲田の杜クロスカントリー」のスタート・ゴール会場は、本庄総合公園にある。

JR上越新幹線・本庄早稲田駅からはで徒歩約15分。レース当日は無料シャトルバスが運行する。JR高崎線・本庄駅からもシャトルバスによる送迎あり。

今回僕は上越新幹線で本庄早稲田駅に向かった。大宮駅から1駅、所要時間は約20分。

本庄早稲田駅で降りると、大会関係者の方が会場へと案内してくれる。会場までは一本道なので道に迷う心配はない。約15分で本庄総合公園にたどり着く。

本庄総合公園内にあるシルクドームは、レース当日は荷物置き場になっている。1階に貴重品預かり所も設置されていた。

コース攻略(12kmクロカン)

今回参加した12kmクロスカントリーのコースの特徴は以下のとおり。

  • スタート・ゴールは本庄総合公園
  • ロード・山道が半々のコース
  • 山道は道幅が狭く、追い越しはほぼ不可能

以下は参加者に配布されたコースマップ。これだけだと分かりづらいので、写真を交えて解説していこう。

スタートは本庄総合公園内にある野球場から。

ここから公園内を走り、川沿いのアスファルト道を走って早稲田大学のキャンパスを目指す。3kmあたり、山の入口で長い坂道を上り下りする。

4kmあたりで山道に入る。足場が悪いので注意して走らないといつ転んでもおかしくない。道幅が狭いので追い越しほぼ不可能。

しばらく緩やかな起伏が続き、最後に傾斜のエグい上り坂が立ちはだかる。ここが最大の難所。

ロードに出ると給水所がある。スポーツドリンクと水、バナナを配布していた。ここからもう一度、山の入口に戻り、山道をもう1周する。

2周した後は、川沿いのアスファルト道を経由して本庄総合公園に戻る。

ゴールの後で

「本庄早稲田の杜クロスカントリー」の結果は、ネットタイムが52分26秒、グロスタイムが52分31秒だった。参考前にストラバのアクティビティを載せておく。

1週間後に「長野マラソン」が控えているので全力は出せなかったが、アップダウンの多いクロカンコースにしては悪くないタイムだと思う。

戦利品

本日の戦利品はこちら。スポーツドリンク(カインズのブライベートブランド)と記録証。ついでにランナー全員が参加できる抽選会に参加し、何等賞か忘れたが、群馬県産のキュウリをいただいた。

ご当地グルメ

最後に、本庄市のご当地グルメ「つみっこ汁」をご馳走になった。ランナーなら1杯無料でいただける。

関連情報

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

角川まんが学習シリーズ 旧石器~縄文・弥生~古墳時代

開催地の埼玉県本庄市は「古墳のまち」として知られる。市内には数百の本庄古墳群が現存し、古いものだと4世紀までさかのぼる。

楽天スーパーセール開催中!ポイント最大43倍。12/11まで