【CASEKOO アルミバンパー】ミニマリスト向けのiPhoneケース レビュー

iPhone 11 Proをランニングでも使えるように「CASEKOO アルミバンパー」を購入した。ミニマルで軽量なデザインなのにフロントの画面とリアのカメラレンズをしっかり保護する優れた耐衝撃性能。しかもストラップホール付きなので万が一手が滑っても落とす心配はない。

この記事の目次

ニマリスト向けのiPhoneケース

先日、「XPERIA XZ2 Compact」から「iPhone 11 Pro」に機種変更した。その際にケースをどうするか悩んだが、最終的に行き着いたのがAmazonで見つけた「CASEKOO アルミバンパー」というもの。

ミニマルで軽量なデザインなのに、フロントの画面とリアのカメラレンズをしっかり保護する優れた耐衝撃性能。しかもストラップホール付きなので、万が一手が滑っても安心。

カメラレンズもしっかり防御

それでは「CASEKOO アルミバンパー」を詳しく見ていこう。

iPhoneを保護するための機能を、すべてバンパーに詰め込んでいる。バンパー、つまり側面のカバーだけで、フロントの画面とリアのカメラレンズをしっかりと守ってくれる。

でも、側面のバンパーだけで大丈夫なの?最初に見たときは半信半疑だったが、実際に使ってみるとその仕組みが理解できた。

まず、バンパー自体がアルミ素材とプラスチック素材の二層構造になっているため、強靭さ(アルミ)と手触りの良さ(プラスチック)を両立している。しかもアルミなので、とても軽い。

バンパーの穴の部分を良く見ると、アルミ素材が見える。

最大の特徴は、リア(後ろ側)の四隅に配置されたわずかな突起部分。トリプルカメラのレンズよりも、突起の方が高さがあるので、落下時でもカメラレンズに直撃しない。

机の上においても、平面とカメラレンズの間にわずかならが隙間が残る。

CASEKOO アルミバンパーの評価

ここでは実際に「CASEKOO アルミバンパー」を使ってみて気づいた点をまとめていく。

ストラップホールが便利

ランナー的に嬉しいのがストラップホールが付いていること。ランニング中に写真撮影すると、どんなに注意していても、手が滑ってiPhoneを落としてしまうリスクと隣り合わせだ。ストラップホールにストラップを繋いでおけば、万が一手が滑っても、iPhoneを落とす心配はない。

汗でベタつかない

CASEKOO アルミバンパー」は、バンパーの外側がプラスチック製なので汗で濡れてもベタつかない。水洗いしても、毎回着脱して乾燥する手間が省ける。


CASEKOO iPhone アルミバンパー