【iPhone 11 Pro】ランニングしながら撮影した写真・動画のサンプル

マラソンブロガーの僕がスマートフォンを選びで重視するのは防水性と堅牢性とカメラ性能。特にカメラは走りながらカメラのシャッターを切ってもブレない写真が撮れるのが必須条件。今回はAppleの「iPhone 11 Pro」で写真・動画撮影の性能を検証してみた。

この記事の目次

ランニングに耐えうるスペック

マラソンブロガーの僕がスマートフォンに求めるスペックは以下の3点。

  1. 防水性:汗で濡れても壊れないこと
  2. 堅牢性:万が一落としても壊れないこと
  3. カメラ性能:走りながらブレない写真が撮れること

2019年9月に発売された「iPhone 11 Pro」はこの3つの条件を満たしているので、この度「XPERIA XZ2 Compact」から乗り換えることにした。

防水性は、最大水深4メートルで最大30分間耐えられる「IP68等級」の防水性能を持つので問題なし。

堅牢性はXPERIAに比べると不安が残るが、今回はケースを使用するので良しとする。

肝心のカメラ性能は、iPhone初のトリプルカメラ(三眼レンズ)を搭載し、望遠・広角にも対応している。手ぶれ補正も優れているのでカメラ性能は期待できそうだ。

トリプルカメラ(3眼)

「iPhone 11 Pro」の最大の特長であるトリプルカメラ(triple camera)は、カメラを起動するとズームが3段回から選べる。

以下は同じ場所から3つのモードで撮影した写真。

望遠(2x)

通常(1x)

広角(.5x)

望遠

週末に埼玉県飯能市の「ムーミンバレーパーク」を訪れた際に、望遠機能が役立った。以下は望遠(2x)モードでムーミンのショーを撮影した動画。ステージまで距離があったが、きれいに撮れた。

ムーミンのジオラマ展でも、離れた場所から望遠(2x)モードで撮影。ムーミン谷の世界が精巧に再現されています。

広角

普段なら入りきらない風景も、広角モードならまるっと収まる。以下は広角(.5x)モードで撮影した写真。

静止状態で撮影した写真や動画は文句なしのクオリティ。iPhoneのカメラ性能がここまで進化していたとは正直驚いた。

それでは次に、ランニングをしながら立ち止まらずに撮影した写真や動画を見ていこう。

ランニング中に撮影した写真

5’00/km前後のペースで走りながらの近所の写真を撮ってきた。手ブレはなく、これならブログでの使用に十分耐えられそう。

ランニング中に撮影した動画

走りながらの動画撮影は正直厳しい…。なるべくカメラを水平に固定して走っても手ブレが許容範囲を超えている。このままだとランニング動画には使えない。

それでも広角(.5x)モードで撮影すると映像の迫力は増す。

Apple iPhone 11 Pro