香川丸亀国際ハーフ遠征記:結果は1時間38分24秒(2017年・ハーフ)

2017年2月5日に香川県丸亀市で開催された「香川丸亀国際ハーフマラソン」を走ってきた。

亀城庵 香川 讃岐うどん お徳用セット

香川といえば、讃岐うどんが有名。「香川丸亀国際ハーフマラソン」でもレースの後に讃岐うどんが振る舞われる。なお、うどんチェーンの「丸亀製麺」は丸亀市が発祥の地ではない。

楽天スーパーセール開催中!ポイント最大43倍。12/11まで

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

大会の魅力

「香川丸亀国際ハーフマラソン」の主な特徴は以下のとおり。

  • 毎年2月に香川県丸亀市で開催
  • 国際マラソン・ディスタンスレース協会(AIMS)公認コース
  • 自己ベストの出やすい高速フラットコース
  • スタート混雑しにくいウエーブ・スタート
  • 会場は丸亀市の「Pikaraスタジアム」
  • 種目はハーフマラソ・3km

最新の情報は公式サイトを確認しよう。

数少ないハーフマラソンの国際大会

「香川丸亀国際ハーフマラソン」はAIMSにも認定された日本有数のハーフマラソン。エリートの部には国内外からトップ選手が集結し、2017年はリオ五輪の出場者が7人も参加している。世界のトップ選手を間近で見られるのは国際大会の魅力のひとつ。

高速フラットコース

フラットで直線の多いコースは自己ベストが出しやすい。レベルの高いランナーも集まるので、ハーフマラソンの自己ベスト更新を目指すランナーにはおすすめだ。

遠征日程

今回は埼玉県の自宅から参加するため、1泊2日の日程でレース前日に香川入りした。

2017年2月4日(土)レース前日

午前中のフライトで羽田空港→高松空港。空港から高松市内まではバスで1時間もかからない。

「玉藻公園」を観光した後、電車で琴電屋島駅へ。そこから四国八十八ヶ所霊場のひとつ「屋島寺」周辺を旅ランしてきた。意外とアップダウンが多くてバタバテになってしまい、レース前日に無理したことを後悔。

xxxx

2017年2月5日(日)レース当日

高松市内のホテルに前泊し、レース当日は丸亀市にある「Pikaraスタジアム」へ向かった。

完走した後は専用シャトルバスで丸亀駅に戻り、その日のうちに帰宅した。

スタートライン

Pikaraスタジアムへ

朝からあいにくの雨。高松市内のホテルから会場の「Pikaraスタジアム」まではタクシーで向かった。電車で向かう予定が寝坊してしまったので…。

9時過ぎに「Pikaraスタジアム」に到着。

xxxx

ナンバーカード引き換え

受付がまだなので、早速ナンバーカードと参加賞Tシャツ、大会パンフレットを受け取ってきた。

xxxx

参加記念Tシャツはブラックのシックなデザイン。Sサイズだとややタイトだった。

xxxx

雨宿り

スタジアムの横には男女更衣室のテントが設置されている。

xxxx

こちらはスタジアムに隣接するサブトラック。雨の中、ウォームアップしている人が多い。

xxxx

雨なのでスタジアムの中は大混雑。通路まで埋まっているので、階段の隅に空きスペースを確保してしばらく待機していた。

xxxx

スタートブロックに整列

荷物を預けてスタジアムのグラウンドへ。ここでナンバーカードのアルファベット順で整列する。ちょうど良いタイミングで雨が止んでくれた。

xxxx

その後、スタジアムの外のスタートブロックへ誘導される。大会ゲストの高橋尚子さんが「今日みたい雨上がりの日は自己ベストが出やすく、わたしだったら思わずガッツポーズするコンディションです!」とエールを送ってくれた。

xxxx

コース攻略

「香川丸亀国際ハーフマラソン」のコースの特徴は以下のとおり。

  • スタート・ゴールは「Pikaraスタジアム」
  • 丸亀市〜坂出市の一般道を往復
  • アップダウンの少ない高速フラットコース

スタート〜折り返し地点

僕のブロックは11時に号砲が鳴る。国際大会だからなのかスタートの合図が「on your marks」の英語だった。

スタート直後は道幅が広く、渋滞せずにスムーズに走れた。ウエーブ・スタートでスタートブロックが分散されているのも混雑緩和に貢献しているのだろう。

5キロkmあたりで先行しているエリートランナーとすれ違った。世界のトップランナーを間近見られるのも国際大会ならではのメリットだ。

xxxx

右手に丸亀城が拝めるはずなのだが見当たらず。復路ではしっかり見ておきたい。四国八十八ヶ所霊場のひとつ天皇寺高照院の看板を見ると「ああ四国に来たんだなあ」とう実感が湧いてくる。

xxxx

坂出市の折り返し地点に到着。

xxxx

折り返し地点〜ゴール

「香川丸亀国際ハーフマラソン」は高速フラットコースと言われるが、アップダウンが全くないわけではない。12kmあたりで長い緩やかな上り坂が立ちはだかる。

xxxx

前半がオーバーペース気味だったのか、坂を上り切ると疲れがドッと出てきた。

13km〜14kmあたりが最も苦しく感じるが、14km地点で高橋尚子さんを発見。「このあたりが一番苦しいんですよー」と声をかけながら、道行くランナーにハイタッチをしている。

高橋尚子さんのハイタッチに元気をもらい、丸亀市に戻ってきた。

xxxx

16kmあたりで丸亀城が見えた。思ったより小さい。真横を走るのかと思っていたのでちょっとがっかり。

xxxx

20km地点を過ぎると、スタジアムが見えてきた。

xxxx

最後はペースアップしてなんとか1時間40分内にゴール。

xxxx

ゴールの後で

「香川丸亀国際ハーフマラソン」の完走タイムは、ネットで1時間38分24秒、グロスで1時間38分40秒だった。ラップタイムなどの詳細は、以下のストラバで確認できる。

本日の戦利品

ゴールの後は「四国剣山天然水」のペットボトルとスポーツドリンク(アミノバリュー)を受け取った。

記録証はスタジアムの正面にて即時発行。

xxxx

ご当地グルメ

大会パンフレットに「うどん100円引き」の券が付いているの、250円で温かい讃岐うどんが食べられる。

xxxx

アフターランの疲れた身体に出汁の効いた汁が沁みる。

xxxx

ついでに屋台でご当地グルメを物色。まずは「讃岐肉まんコロッケ」。衣はカラッと中はホクホク、隠し味にコショウが少々。1個250円。これは絶品だった。

xxxx

次は「肉巻きおにぎり」。豚肉の薄切りでご飯を巻き巻きした一品。1個350円。美味しいけど、コロッケほどではないかな。

xxxx

オークション

スタジアムの外では金哲彦さんが司会を務めるチャリティーオークションが開催されていた。ちょうど千葉真子さんのサイン入りグッズを紹介していたところ。

xxxx

丸亀駅へ

空腹が満たされたところで、1kmほど歩いて丸亀駅行きのシャトルバス乗り場へ。丸亀駅までは渋滞に巻き込まれて40分ほどかかった。

xxxx

関連情報

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

亀城庵 香川 讃岐うどん お徳用セット

香川といえば、讃岐うどんが有名。「香川丸亀国際ハーフマラソン」でもレースの後に讃岐うどんが振る舞われる。なお、うどんチェーンの「丸亀製麺」は丸亀市が発祥の地ではない。

楽天スーパーセール開催中!ポイント最大43倍。12/11まで