【鬼怒川・川治温泉】栃木の名湯を結ぶ、断崖絶壁の10kmランニングコース

鬼怒川(きぬがわ)温泉と川治(かわじ)温泉は、いずれも栃木県日光市にある日本有数の温泉街。二つの温泉街は鬼怒川の断崖絶壁沿いの会津西街道(国道121号)で結ばれている。鬼怒川温泉に宿泊したついでに、鬼怒川温泉〜川治温泉の10kmコースを走ってきたので紹介する。

この記事の目次

アクセス

鬼怒川温泉の最寄駅は東武鬼怒川線の鬼怒川温泉駅。東京方面からだと、新宿・浅草から直通電車で約2時間。

コース

今回走ったのは、鬼怒川温泉から川治温泉まで、鬼怒川沿いの会津西街道(国道121号)を北上するコース。走行距離は9.9km、獲得高度は162m。前半5kmで徐々に高度を上げていくので、坂を上っているという感覚があまりなかった。

鬼怒川温泉・鬼怒子の湯

鬼怒川温泉の真ん中を流れる鬼怒川は、両岸が断崖絶壁になっており、その崖の上に温泉旅館が軒を連ねている。以下は鬼怒川温泉街の北側にある「くろがね橋」から見た景色。

くろがね橋の麓には「鬼怒子の湯」という足湯がある。鬼怒子は鬼怒川温泉のマスコットキャラクター・鬼怒太の妹。鬼怒川温泉駅前にある「鬼怒太の湯」とあわせて訪れたい。

くろがね橋から会津西街道(国道121号)を走り始める。温泉街の北側では廃業した温泉旅館を多く見かけた。こういう廃屋を見かけるとちょっぴり寂しい気持ちになる。

鬼怒川戊辰公園

鬼怒川公園駅の東側に「鬼怒川戊辰公園」という公園がある。日光と会津若松城下を結ぶ会津西街道は、幕末の「戊辰戦争」の舞台となった場所だ。150年以上前に旧幕府側の武士や政府軍がこの道を通ったと思うと感慨深い。

会津西街道をひたすら前進してゆく。

竜王峡

鬼怒川温泉から3kmほど北に「竜王峡」という観光名所がある。鬼怒川の断崖絶壁が美しいスポットで、特に紅葉は多くの観光客で賑わう。川沿いには遊歩道も整備されており、ここから川治温泉まで遊歩道を経由して行くこともできる。

こちらの鳥居が遊歩道の入口。崖の下まで長い階段を降りていく。今回は時間がなかったのでパス。

竜王峡を後にして会津西街道を進んでいく。南会津まで53km。

この辺りは歩道がなく、片道一車線の道路の脇を走るしかない。しかもすぐ横は断崖絶壁。慎重に足を進めていく。

三ツ岩トンネル

鬼怒川温泉から7kmあたりで「三ツ岩トンネル」に差し掛かった。トンネルは暗くて怖いし、空気も良くない。Googleマップで確認すると、トンネルを迂回する道があったのでそちらを走ることにした。しかし途中で廃道になっていたため、結局折り返してトンネルに戻る羽目になった。

三ツ岩トンネルの中は明るく、歩道の幅も広くて走りやすかった。こういうトンネルなら怖くない。

小網ダム

川治温泉に近くにつれて残雪が多くなってきた。アイスバーンを避けながら慎重に進んでいく。

途中、小網ダムの横を通り過ぎた。この辺りは鬼怒川の水がエメラルドグリーン色に輝いている。

川治温泉

鬼怒川温泉から9kmあたりで川治温泉に到着。

温泉街へと入っていく。

川治ふれあい公園

川治温泉の中心地にある「川治ふれあい公園」。川治温泉のキャラクター「かわじい」が笑顔で出迎えてくれる。

園内には二つの足湯がある。カップル用の「むすびの湯」と、男鹿川を眺めながら浸かれる「かわじいの湯」だ。どちらも24時間無料で利用することができる。

川治温泉の風景。鬼怒川温泉よりもこじんまりしている。

お役立ち情報

無料で利用できる足湯

ランニングで疲れた足を癒すなら、足湯がおすすめ。日本有数の名湯である鬼怒川温泉と川治温泉には、無料で利用できる足湯がある。鬼怒川温泉なら、鬼怒川温泉駅前の「鬼怒太の湯」と、くろがね橋付近にある「鬼怒子の湯」がおすすめ。川治温泉なら川治ふれあい公園にある「かわじいの湯」と「むすびの湯」がおすすめだ。日光市の公式サイトはこちら

バブ メディキュア 爽快 リカバリー

入浴剤で有名なバブに、スポーツ後などの身体疲労に効果的な「バブ メディキュア 爽快 リカバリー」がある。ランニングで疲れた体を癒すのにおすすめだ。

あわせて読みたい