レック 省スペース 靴スタンド レビュー:下駄箱収納が3割増える靴ケース

ランニングシューズが多過ぎて下駄箱に収納しきれず、困った…。そんな悩みを解決してくれたのが、アイデア商品でお馴染みのレックが作った靴スタンド。使ってみたら下駄箱の収納率が33%も向上したので、現役のランニングシューズはすべてこれに収納している。

レック 省スペース 靴スタンド 男女兼用 ( 6足分 )

この記事の目次

下駄箱収納が3割増える靴ケース

僕は物欲の少ない人間だが、ランニングシューズだけは例外。ここ数年、毎月1足のペースで新作のランニングシューズを購入している。

それで一番困るのはランニングシューズの収納スペース。玄関の下駄箱は満席状態。以下の写真のようにフロアにも溢れかえっており、妻の不機嫌の原因になっている。

少なくともフロアに溢れているランニングシューズは何とかしないといけない。。

というわけで、下駄箱の収納問題を解決すべく「レック 省スペース 靴スタンド」を使ってみた。特徴は以下のとおり。

組み立ては簡単

以下は「レック 省スペース 靴スタンド」の1パック(6個入り)のパッケージ。

パッケージをバラして、まずは表の部分に付いてるプラスチックのパーツをパカッと外す。プラモデルのパーツを取り出すのと同じ要領だ。

そしてプラスチックのパーツを隙間に押し込む。上の靴がズレ落ちないようにするためのストッパーの役割を果たすわけだ。

シューズは上下に向かい合わせて置く。ちなみにシューズは、僕が持っているランニングシューズの中でも最もボリューム感のあるホカオネオネ「クリフトン 6」の25.5cmサイズ。これがギリギリ収まる。

ストッパーもちゃんと機能している。

レック 省スペース 靴スタンドの評価

ここからは実際に「レック 省スペース 靴スタンド」を使って下駄箱収納のビフォー・アフターを見ていこう。

ビフォー

1段につき2足平置きし、3段で6足分のランニングシューズを収納している。

アフター

1段につき4足収納できた。ただし平置きよりも高さがあるので3段のスペースを2段に変更。それでも、もともと6足しか収納できなかったスペースに8足分のランニングシューズが収まるようになっt。つまり収納力が33%、約3割アップした計算になる。

追加で2パック購入

気に入ったので2パック(12足分)を追加で購入した。トータルで6足分のランニングシューズが下駄箱に入れられるようになった。それでも入らないシューズが2足あったので、残りはベランダの物置において置くことにした。

少なくともこれで玄関のフロアはきれいになったので、妻の機嫌が少しは良くなってくれることを祈ろう。

レック 省スペース 靴スタンド 男女兼用 ( 6足分 )