【モルテンドリンク Drink Mix 320 レビュー】キプチョゲ御用達

フルマラソンの世界記録保持者、エリウド・キプチョゲが愛用している「モルテンドリンク」を紹介します。日本でも市販されており、マラソンやサッカーなど持久系スポーツで威力を発揮します。

モルテンドリンクとは?

モルテンドリンク(Maurten Drink)は、世界のトップアスリートが愛用するスポーツドリンクのブランドです。

最近ではナイキの「厚底シューズ」がマラソン界を席巻していますが、スポーツドリンクでも同じ現象が起きています。

オリンピックやワールドマラソンメジャーズの優勝者のほとんどがモルテンドリンクを選んでおり、マラソン世界王者のエリウド・キプチョゲもそのひとり。

キプチョゲがフルマラソンの世界記録を更新した「ベルリンマラソン2019」や人類初の2時間切りを達成した「INEOS159」でも、モルテンドリンクが使われていました。

モルテンドリンクは市販されているので、我々のような市民ランナーでも世界のトップアスリートと同じスポーツドリンクが手に入ります。

秘密は「ハイドロゲル」

モルテンドリンクが世界のトップアスリートに愛される理由は、エネルギー変換効率の高さにあります。

モルテンドリンクには通常のスポーツドリンクの約3倍も高濃度な炭水化物が含まれており、少ない量でより多くのエネルギーが補給できます。

マラソン選手にとって炭水化物はガソリンのようなもの。しかし炭水化物の濃度が高すぎると胃腸が萎縮してしまい、体内への吸収が悪くなるというジレンマがあります。

それを解決したのがモルテンドリンクの独自技術のハイドロゲル(hydrogel)。胃酸に触れるとゲル状に変化し、炭水化物を包み込みます。そして、腸の中で炭水化物が緩やかに吸収されます。

しかもハイドロゲルは、植物由来のアルギン酸(alginate)とペクチン(pectin)で生成されており、人工添加物を一切使用していません。

  • 高濃度の炭水化物
  • 腸の中でゆっくり吸収される
  • 植物由来の成分

モルテンドリンクの作り方

ここからは、モルテンドリンクの「Maurten Drink Mix 320」の作り方を紹介したいと思います。

僕は2018年からモルテンドリンクを愛用しており、フルマラソンのレースの前は1袋分を欠かさずに飲んでいます。

以下は14袋入りのパック。

パッケージはモノクロのシンプルなデザインです。

今回はオマケでドリンクボトルもついてきました!「MAURTEN」のロゴ入りです。

作り方を間違えると普通スポーツドリンクになってしまうので、注意が必要です。箱の目立つ場所にもこんな注意書きがありました。

Mix each sachet with 17oz./500ml of water. If you add more water you will create an ordinary sports drink, and you didn’t turn to Maurten for that.
1袋あたり 500mlの水で溶かすこと。ちょっとでもオーバーするとフツーのスポーツドリンクに変ります。それならモルテンじゃなくてもいいよね。(拙訳)

袋を開けて、中の白い粉をドリンクボトルに注ぎます。

そして水を注ぎます。ドリンクボトルの三角(▲)のところでちょうど 500ml。メチャクチャ緊張しました!

あとはドリンクボトルの蓋をして、シャカシャカ振り回します。なかなか簡単には溶けないので、3分ぐらいシャカシャカしていました。

モルテンドリンクの飲み方

以下は、公式の飲み方ガイドです。「ベルリンマラソン」の時に購入したスペシャルパックの中に入っていました。

First, mix your Drink Mix 320 with 500ml of water. Drink half a bottle with your breakfast, and the other half 30min before the marathon. Drink water during the race.

要約すると、以下のとおりです。

  • 朝食と一緒にDrink Mix 320を半分だけ飲む
  • 残り半分はレース開始30分前に飲む
  • レースでは水を飲む

世界のトップ選手はレース中もモルテンドリンクを飲んでいます。

飲んでみた感想

実際に「Maurten Drink Mix 320」を飲んでみた感想をまとめます。

ファーストインプレッション

味は、トロみのある甘さが特徴です。例えて言うならば、あずき味のしないお汁粉でしょうか。

クセのない甘さなので 500mlを全部飲むのは苦痛ではありません。

東京マラソンで使用

2018年2月25日の「東京マラソン2018」は、「Maurten Drink Mix 320」を飲んで挑みました。

使用状況のまとめはこちら。

  • スタート 3時間前までに 20分かけて 500mlを完飲
  • 以降、スタートまで水分は一切取っていない
  • レース中の給水はエイドステーションで水・スポーツドリンクを交互に一口ずつ
  • レース中の補食は「ザバスピットイン」を2本

完飲からスタートまでは、結構お腹が張りました。もしかしてトイレ(大)?と思い、駅のトイレに立ち寄りましたが杞憂に終わりました。おそらく井の中で凝固作用が始まり、お腹が張っていたのだと思います。逆にレース中はお腹の調子が安定しました。

肌感覚としては、レース前にモルテンドリンクを1袋飲んでおくと、フルマラソンの前半はエネルギーが枯渇せずに走ることができます。

長野マラソンで使用

2018年4月15日の「長野マラソン2018」でも、モルテンドリンクを飲んで挑みました。

旅先ということもあり、水は500mlボトルをコンビニで買いました。あとは自宅から持ってきた600mlのボトルに入れて水に溶かすだけ。

今回は、レース3時間前までに 3/4を飲み、残りはスタート1時間半前に飲み干しました。レース中は特にお腹が痛くなることもなく、35kmまで快適に走れました。

よくある質問

どこで売っていますか?

モルテンの公式サイトで購入することができます。

2018年以降は日本でも取扱店やマラソン大会のEXPO会場で見かけるようになりました。

Amazonなどのネット通販でも入手可能です。

ただ、日本で買うと関税の関係でかなりお高くなってしまうので、僕は出張やマラソンで海外へ行く時にまとめ買いしています。

どこの会社が作っていますか?

モルテンドリンクは、北欧スウェーデンに本社を置く「Maurten AB」という会社が開発・販売しています。

ハイドロゲルを開発したのは、モルテンの代表を務めるモルテン・フリクネス(Mårten Fryknäs)さん。彼はスウェーデンのウプサラ大学で生物学を教える傍ら、トライアスロン選手としても活躍しています。スポーツドリンクのエネルギー変換の非効率さに着目し、ハイドロゲルを開発をしたといいます。

「Maurten」は「モルテン」と発音します。モルテンドリンクの開発者の苗字が「Mårten」なのですが、スウェーデン語で「å」は「o」と発音します。「å」を英語に変換すると「au」になることから、「Maurten」と表記されます。

どんな選手が使っていますか?

国内外の頂点に君臨するアスリートがモルテンドリンクを使っています。以下はほんの一例です。

  • Eliud Kipchoge – 人類初のフルマラソン2時間切り(サブ2)を達成
  • Geoffrey Kamworor – コペンハーゲンハーフマラソン2019で世界記録を樹立
  • Kenenisa Bekele – ベルリンマラソン2019で世界歴代2位の記録を樹立
  • Geoffrey Kamworor – ニューヨークシティマラソン2019で優勝
  • 中村匠吾 – マラソングランドチャンピオンシップで優勝

まとめ

以上、世界のトップアスリートに愛される「モルテンドリンク」を紹介しました。

モルテンドリンク(MAURTEN Drink Mix 320)

他にも「Maurten」他にも「エナジージェル」に関連する記事がおすすめです!