【モルテン GEL 100 レビュー】キプチョゲ御用達のエナジージェル

スポーツドリンクの常識を変えた「モルテンドリンク」のエナジージェル版、GEL 100(ゲル100)を紹介します。独自のハイドロゲル技術により、世界トップクラスのエネルギー変換効率を実現しています。

GEL 100(ゲル100)とは?

ナイキの厚底シューズがランニングシューズの常識を変えたように、モルテンの「モルテンドリンク」がここ数年でスポーツドリンクの常識を変えました。

モルテンドリンクの「Drink Mix 320」は世界のトップアスリートが愛用しており、エリウド・キプチョゲのマラソン世界記録更新や人類初の「サブ2」達成を裏方で支えていました。

そのモルテンドリンクのエナジージェル版が、今回紹介する「GEL 100(ゲル100)」です。

液状のモルテンドリンクとは異なり、GEL 100はジェル状に固まっているので、レースの途中でも手軽にエネルギー補給が行えます。

マラソン大会で自作のドリンクが用意できない市民ランナーの場合、レース前に「Drink Mix 320」を飲み、レース中に「GEL 100」で補給するのが王道です。

自然由来のハイドロゲル

「GEL 100」には以下の原材料が含まれています。いずれも自然由来の6つの成分で作られており、人工加物を使用していません。

含有成分:水、グルコース、フルクトース、炭酸カルシウム、グルコン酸、アルギン酸ナトリウム

1袋当たり(40g)の栄養成分は以下のとおりです。

成分表:エネルギー 100kcal、タンパク質 0g、脂質 0g、炭水化物 25g、食塩相当量 0.2159g

GEL 100には、フルクトースとグルコースが4対5の割合でブレンドされており、1時間あたり最大100gの炭水化物が体内で吸収できます。

マラソン選手にとって炭水化物はガソリンのようなものですが、炭水化物を取りすぎると胃が萎縮してしまいます。GEL 100は、モルテン独自のハイドロゲル(hydrogel)技術を活用することで、世界トップレベルのエネルギー変換効率を実現しています。

GEL 100の飲み方

今回は「ベルリンマラソン2018」のEXPO会場で入手した「THE BERLIN’18 BAG」のセットを紹介ます。事前にネットで予約していたので、MAURTENの出展ブースでは待たずに購入できました。

袋の中には「GEL 100」が6本と、飲み方の説明書が入っていました。

説明書によるとレース前に「Drink Mix 320」を飲み、レース中は6km毎に1本のペースで「GEL 100」を飲むようにと買いてありました。完走タイム別の目安は以下のとおりです。

サブ4.0 35分毎に1本
サブ3.5 30分毎に1本
サブ3.0 25分毎に1本
サブ2.5 20分毎に1本

飲んでみた感想

実際に「GEL 100」を飲んでみた感想です。

パッケージを開けると、透明なゼリー状の固形がニュルッと出てきます。

手のひらに出すとこんな感じです。適度に水分を含んでいるので、水なしでも余裕で飲み込めます。

食べるというよりも、胃に流し込むというのが正しい表現かもしれません。ぼくはひと口でゴックンと飲み込みました。

よくある質問

どこで売ってますか?

国内の取扱店公式サイトで販売しています。

Amazonなどのネット通販でも購入することができます。

どこの会社が作ってますか?

北欧スウェーデンの「Maurten AB」という会社です。世界のトップアスリートが愛用する「モルテンドリンク」も作っています。

他にどんな種類がありますか?

カフェイン入りの「GEL100 CAF100」があります。

まとめ

以上、エリウド・キプチョゲが愛用するエナジージェル「GEL 100」を紹介しました。レースで自己ベストを狙いたいランナーにおすすめのです!

モルテン ジェル 100(MAURTEN GEL 100)

他にも「Maurten」他にも「エナジージェル」に関連する記事がおすすめです!