ピットイン エナジージェル レビュー:レースの補給食の定番

明治のエナジージェル「ピットイン エナジージェル」を紹介する。軽量・コンパクトで携帯しやすく、1本で170kcalのエネルギーと、ビタミン・ミネラル・カフェインが補給できる。マラソン大会の補給食におすすめ。

明治 ピットイン エナジージェル

この記事の目次

レースの補給食の定番

今回紹介する明治の「ピットイン エナジージェル」のコンセプトは「エネルギーを秒速チャージ」。F1レーサーがピットインに入り秒速で給油するように、アスリートのエネルギー補給をサポートしてくれる。

主な特徴は以下のとおり。

カフェイン入りもあり

ピットイン エナジージェル」は、ピーチ風味・ウメ風味・栄養ドリンク風味の3種類があり、栄養ドリンク風味にだけ集中力アップに効果的なカフェインが含まれている。

1本69gで170kcal相当のエネルギーが補給可能。体内でのエネルギーの吸収に優れたマルトデキストリン(Maltodextrin)が使われている。

栄養成分と原材料は以下のとおり。

栄養成分 エネルギー 170kcal、たんぱく質 0g、脂質 0g、炭水化物 42.8g、食塩相当量 0.6g、カリウム23.5mg、ビタミンB1 0.50㎎、ビタミンB6 0.50㎎、ナイアシン 5.5mg、ビタミンC 40㎎、クエン酸 1100mg、カフェイン 25mg、マルトデキストリン 42.0g
原材料 マルトデキストリン、食塩/クエン酸、クエン酸Na、V.C、クエン酸K、カフェイン、ナイアシン、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、香料、紅花色素、V.B1、V.B6

ピットイン エナジージェルの評価

ここからは実際に「ピットイン エナジージェル」を飲んでみて気づいた点をまとめていく。

水なしだと飲みづらい

パッケージには「本品をそのまま、または180mlの水に溶かしてお召しあがりください。※水の量はお好みで調整してください。」と書いてあるが、実際に水なしで飲むのは厳しい。ドロっとした食感で飲むと口の中にまとわりつくので、水で流し込む必要がある。

なのでレースで使う場合は、給水するタイミングで飲むようにしている。給水ポイントが見えてきたらポケットから取り出して口に入れる。そして給水ポイントでは水をもらい、ゆっくり胃の中に流し込む。最後に口の中を水でゆすぐのも重要なポイント。そうしないと、口の中がネットリして気持ち悪いままだ。

フルマラソンで計4本使用

実際にフルマラソンのレースで「ピットイン エナジージェル」を使用してみた。レース前に1本とレース中に3本、計4本使った。パッケージがフラットで69gと軽量なので持ち運びやすかった。

小分けにして飲める

ピットイン エナジージェルにはキャップが付いているので、小分けにして飲むことも出来ます。例えば、1袋を2回ずつ、3袋を6回に分けて飲むことも可能だ。

キャップは事前に開けておく

また、事前にキャップの栓を開けておくと、レース中に飲みやすい。特に冬場は手が悴んで力が入らず、栓が開けられないことがあった。

機内持ち込みも可能

100ml(100g)以下なので、飛行機の機内にも持ち込み可能。遠方のマラソン大会にも持っていける。

明治 ピットイン エナジージェル

あわせて読みたい