ヴァームとスーパーヴァームの違いを徹底比較

脂肪燃焼によるスタミナ向上が期待できる明治の「ヴァーム(VAAM)」。飲みやすい顆粒タイプは、通常版の「ヴァーム」とプレミアム版の「スーパーヴァーム」とあるが、違いが良くわからないので調べてみた。

明治 スーパーヴァーム顆粒 パイナップル味 4g×10袋

この記事の目次

ヴァーム(VAAM)とは?

ヴァーム(VAAM)は、Vespa Amino Acid Mixtureの略語。1日に100kmもの距離を飛び回るスズメバチ(Vespa)の脂肪代謝に関係する、17種類のアミノ酸素材(Amino Acid)を科学的に混合(Mixture)したもの。

簡単に言うと、ヴァームは体脂肪の代謝を高める成分だ。あの大迫傑選手も練習でヴァームを愛用している。

顆粒タイプの特徴

ヴァームにはドリンク、ゼリー、パウダー、顆粒の4つのタイプがある。それぞれのヴァームの含有量は以下のとおり。

ヴァーム スーパーヴァーム
ドリンク 3000g 3000g
ゼリー 1800g 3000g
パウダー 3000g 3000g
顆粒 3000g 3000g

以下は、4タイプの1本あたりの価格。

ヴァーム スーパーヴァーム
ドリンク 200円 296円
ゼリー 200円 296円
パウダー 144円 192円
顆粒 165円 230円

ヴァーム1gあたりの単価が最も安いのは「パウダー」タイプ。しかし水なしでは飲めないというデメリットもある。「顆粒」はパウダータイプよりも少し割高だが、ドリンクやゼリーよりも割安で、水なしでそのまま飲むことができる。

ヴァーム顆粒」と「スーパーヴァーム顆粒」には、 1本あたり3000mgのヴァームを配合している。

ヴァームとスーパーヴァームの違い

まずh、味が違う。「ヴァーム顆粒」はグレープフルーツ味、「スーパーヴァーム顆粒」はパイナップル味。個人的にはグレープフルーツ味が好みだ。

栄養成分は以下のとおり。

ヴァーム顆粒 スーパーヴァーム顆粒
脂質 0g 0.05g
エネルギー 16kcal 16kcal
炭水化物 1.0g 0.8g
タンパク質 3.0g 3.1g
食塩相当 0.002g 0.002g
アミノ酸 3000g 3000g
L-カルニチン 200g
コエンザイムQ10 30mg

違いは「L-カルニチン」と「コエンザイムQ10」

上の表を見てもわかるとおり「スーパーヴァーム」には、VAAM3000mgに加えて、L-カルニチンとコエンザイムQ10が配合されている。公式サイトには、以下の説明がある。

「スーパーヴァーム」とこれまでの「ヴァーム」との違いは何ですか?
「スーパーヴァーム」は、独自バランスの17種類のアミノ酸素材「V.A.A.M.」3000mgに加え、L-カルニチン、コエンザイムQ10を配合しました。記録への挑戦や試合での勝利など、より高いパフォーマンスを求める方におすすめの、VAAMシリーズの最強版です。

L-カルニチンとコエンザイムQ10の効用

ではL-カルニチンとコエンザイムQ10にはどんな効用があるのか?ネットでは答えが見つからなかったので、明治のカスタマーサポートに電話で問い合わせた結果、次のように回答いただいた。

つまり、使い分けとしては「ヴァーム顆粒」は普段の運動に、「スーパーヴァーム顆粒」はレースや高負荷トレーニングなど、より高いパフォーマンスを求める場合におすすめだ。

明治 スーパーヴァーム顆粒 パイナップル味 4g×10袋