ミルボン プラーミア クリアスパフォーム レビュー: 自宅で炭酸シャンプー

妻と娘に頭皮の加齢臭を指摘された。普通のシャンプーだと改善しないので、ヘアサロンで使われているミルボンの炭酸シャンプー「プラーミア クリアスパフォーム」を使ってみた。濃厚な炭酸泡で頭皮をディープクレンジングした結果、妻と娘からはなんとか「OK」をもらえた。

ミルボン プラーミア クリアスパフォーム 170g

この記事の著者

マラソンブロガー、とも(tomo)。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

シャンプーでは落ちない加齢臭

先日、すごくショッキングな出来事があった。

風呂上がりに「パパのシャンプー、いい匂いでしょ」と、小学生の長女に頭を嗅いでもらうと、「臭っ…」のひと言。次女にも嗅いでもらったら、「臭いよ」と言われてしまった。

念のため妻にも意見を聞いたら「ちゃんと流してないのでは?」との回答。つまり、三人中三人が臭いという意見で一致した。

翌日、シャンプーで二度洗いして、いつもより長い時間をかけて入念に洗い流した。そして再びチェックを受けると、結果は同じだった。。

「薬用シャンプーでしっかり洗っているのに、なぜ臭うんだろう?」と途方にくれていると、妻が「炭酸シャンプーがよい」と教えてくれた。

妻と娘たちは、二か月に一度、美容院で頭皮ケアをしている。そこで使っているのが炭酸シャンプー。普通のシャンプーでは落とせない頭皮の汚れがごっそり落ち、髪質も改善するそうだ。特に次女は自分で髪の毛をしっかり洗いきれないので、炭酸シャンプーでスッキリするらしい。

炭酸シャンプーという解決策

というわけで、早速Amazonで炭酸シャンプーを探してみると、ミルボン(MILBON)の「プラーミア クリアスパフォーム」がレビューの評価も高く、使い勝手も良さそうだった。

調べてみるとミルボンはヘアサロン向けの美容製品を作っている東証1部上場企業。公式サイトをのぞいてみると、ほとんどが一般消費者向けではなくヘアサロン向けのもの。

今回紹介する「プラーミア クリアスパフォーム」も、もともとはプロ用に作られた製品。炭酸泡で頭皮の汚れを落とす炭酸シャンプーとして、ヘアサロンで使われている。

内容量が320gと170gの大小二つのタイプがあったので、今回はお試しということで170gのほうを注文してみた。

炭酸泡でディープクレンジング

プラーミア クリアスパフォーム」の使い方は、パッケージの裏側に詳しく書いてあった。

ぬるま湯で充分に予洗いしたのち、適量(グレープフルーツ大の泡)を手のひらに取り、髪と頭皮にゆきわたらせ、ていねいに洗います。あとはぬるま湯でしっかり洗い流します。その後、十分に水気をとりトリートメント等をご使用ください。

「グレープフルーツ」と言われても、普段から食べ慣れていないので大きさがピンこない。このくらいだろうか。

髪と頭皮にゆきわたらせていく。あまり泡立たないが、頭部全体に馴染む感じはします。匂いや刺激は強くない。

5分ほど優しくマッサージしてから、ぬるま湯でていねいに洗い流した。せっかく炭酸泡でクレンジングしても、洗い流しが不十分だと台無しになってしまう。

公式サイトによると毎日使う必要はなく、週二回の使用で良いそうだ。

プラーミア クリアスパフォームの評価

実際に「プラーミア クリアスパフォーム」を使った後に、妻と娘たちに臭いをチェックしてもらったら、あっさりと「合格」が出た。これでひと安心。

今回は娘たちが率直な意見を言ってくれたおかげで改善することができたが、職場などで臭うのに誰も指摘してくれな状態が一番怖い。これからは加齢臭がある前提でしっかりとケアしていきたい。

ミルボン プラーミア クリアスパフォーム 170g