クーリングキャップ レビュー:濡らして熱中症予防できる帽子

ミズノの「クーリングキャップ」は使う前に水に浸し、水分が蒸発する際の気化熱で体感温度を下げるという画期的なランニングキャップ。真夏のランニングに着用すれば、頭部を直射日光から守るだけでなく、暑さから来る身体のダメージが軽減できる。

ミズノ クーリングキャップ C2JW0102

この記事の著者:とも(tomo)

マラソンブロガー。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

濡らして熱中症予防できる帽子

クーリングキャップ(cooling cap)とは、冷却効果のある(cooling)帽子(cap)の意味。今回紹介するミズノの「クーリングキャップ」の特徴は以下のとおり。

クーリングキャップ」は普通のランニングキャップと使い方がちょっと違う。水に濡らしてから使うのだ。

液体が気体になる時に周囲から熱が吸収されて温度が下がる。これを気化熱という。「クーリングキャップ」はこの気化熱の原理を活用し、キャップに蓄えられた水分が蒸発する際に涼感が得られるという仕組みだ。

真夏のランニングに着用すれば、頭部を直射日光から守るだけでなく、暑さから来る身体のダメージが軽減できる。

気化熱で体感温度を下げる

それでは、ミズノの「クーリングキャップ」を詳しく見ていこう。

見た目はお世辞にもカッコいいとは言えず、めちゃくちゃ地味なデザイン。とはいえ、猛暑日のランニングやレースでは見た目よりも機能のほうが大事。頭部の体感温度を1度でも下げてくれるなら、デザインなんかは気にしない。

全体的に目の荒いメッシュ素材を使うことで通気性を高めている。素材はポリエステル100%。

後部のバンドでサイズ調整が可能。

一番重要なのが内側の「ビン皮」と呼ばれる部分。一般的には「汗止め」あるいは「スウェットバンド」と呼ばれ汗を吸収するためにあるが、「クーリングキャップ」はここに水分を蓄えておく。

つまりビン皮が貯水装置で、メッシュ素材が発散装置というわけだ。

ミズノ クーリングキャップの評価

ここからはミズノの「クーリングキャップ」の使い方を解説しつつ、実際に使ってみて気づいた点をまとめていく。

見た目は普通のランニングキャップ

かぶった感じは、まあ普通のランニングキャップと変わりない。ツバは大きめに作られているので日差しが強い日は心強い。

水に濡らしてから使う

使う前に水に浸して、水分を含ませる。それから水が滴らない程度にタオルで拭いてあげるのがポイント。これをやらないと額に水が垂れてくる。

風に当たると涼感が増す

実際にランニングで使用してみると、確かに頭部がひんやりと感じる。水で濡れている時点でひんやりしていますし、風に当たるとさらに涼感がアップする。

キャップに「水分補給」

炎天下で30分ほど走り続けたが、ビン皮はまだまだ濡れたまま。乾いてしまっても、公園の水飲み場や公衆トイレで水に濡らせば涼感が復活する。いわばランニングキャップの水分補給だ。

洗濯機は使えない

唯一のデメリットは、手洗いを推奨しており、洗濯機で洗えないこと。キャップは汗臭くなりがちなので、手洗いだけだと汚れや臭いがちゃんと落ちるか不安。

ミズノ クーリングキャップ C2JW0102