ネッククーラー レビュー:熱中症予防に接触冷感の首巻き

暑い夏に首まわりを冷やしてくれるミズノの「ネッククーラー」を紹介する。水に濡らしてスカーフのように首に巻いておけば体温の上昇が抑えられ、ランニング中の熱中症予防になる。

ミズノ ネッククーラー

この記事の目次

熱中症予防に接触冷感の首巻き

寒い冬に首まわりを温めてくれるのはネックウォーマー。ネッククーラーはその逆で、暑い夏に首まわりを冷やしてくれるもの。ネック(neck)は「首」、クーラー(cooler)は「冷却装置」の意味だ。

今回紹介するミズノの「ネッククーラー」はスカーフのように首に巻きつけるタイプのもの。主な特徴は以下のとおり。

手拭いやフェイスタオルを水で濡らして首に巻けば良いのでは?という声もあるが、やはり専用のネッククーラーは保水力と快適性が全然違う。特にミズノの「ネッククーラー」は、保水性の高いスポンジ素材と接触冷感のメッシュ素材を使用することで、快適な肌わざりと長時間の冷却効果を実現している。

秘密は二重構造にあり

それではミズノの「ネッククーラー」を詳しく見ていこう。

パッケージはこちら。未使用の時点でネッククーラー本体は密封されており、少し湿っていた。

本体のサイズは横100cm、縦8cm。

肌に触れる部分は接触冷感のメッシュ素材を採用。肌触りがよく、濡らすとひんやり冷たい。首に当たる中央の部分には、メッシュ素材の中に薄いスポンジ素材が入っている。

スポンジ素材は保水力に優れ、長時間経っても乾燥しにくい性質を持っている。

この保水力の高いスポンジと、それを包み込む肌触り抜群のメッシュ素材の二重構造こそフェイスタオルや手拭いとの決定的な違い。

ミズノ ネッククーラーの評価

ここからはミズノの「ネッククーラー」の使い方と、実際に使ってみて気づいた点をまとめていく。

使い方

使い方は簡単。まずはネッククーラーを水に浸す。氷水がベストですが、普通の水道水でも大丈夫。

次に、ネッククーラーを水が滴らない程度に軽くしぼる。

後は、スポンジの部分が首筋に当たるように巻いて、両端を軽く結ぶ。

鉢巻としても使える(はず)

説明書には「首筋や額に当たるように巻く」と書かれていたので、鉢巻のように使うのもアリ。ただし屋外ではかなり目立つだろう。。

結び目はシャツの内側に

とある蒸し暑い日の夜に、ランニングで使ってみた。まず、以下の状態で走ると両端の結び目がぴょんぴょん上下してしまう。

なのでランニングで使う際は、シャツの中に入れてしまうのがおすすめ。これなら首筋を冷やしつつ、ネッククーラーが固定される。

驚くべき保水力

メッシュ素材は濡れた状態だと肌にペタリと張り付くが、肌触りが良いので全く違和感がない。そして保水力の高さには驚いた。走り始めてから30分経っても、乾燥する気配がない。

洗濯して繰り返し使える

一応、説明書には「洗濯の際は、すすぎを十分にして洗剤が残らないように注意してください」と書かれているが、洗濯機で使えるとは明記されていない。ちなみに「乾燥機は使用しないでください」とは書いてある。僕は洗剤をつけて手洗いした。

ミズノ ネッククーラー

あわせて読みたい