WAVE RIDER 24レビュー:サイズ25.5cm SW、重さ252g

2020年9月に発売されたWAVE RIDER 24(ウエーブライダー 24)は、ミズノ史上最高の高反発素材MIZUNO ENERGYを採用したロード用ランニングシューズ。主なターゲットはフルマラソンでサブ5を目指すランナーだが、サブ3〜4ランナーの長距離走向けのジョギングシューズとしてもおすすめ。実際に履いてみて気づいた点を紹介する。

MIZUNO WAVE RIDER 24

メンズ 24.5~29.0/30.0cm、レディース 22.5~26.0cm、幅広SWもあり

楽天スーパーセール開催中!ポイント最大43倍。12/11まで

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

新素材MIZUNO ENERGY搭載

WAVE RIDER 24」の主な特徴は以下のとおり。

  • ミッドソールに高反発素材「MIZUNO ENERGY」を採用
  • 独自のソール技術「MIZUNO WAVE」が横ブレを軽減
  • フルマラソン5時間切り(サブ5)のペースに最適
  • 重さは275g(メンズ27.0cm)
  • 定価は税込14,190円〜
  • ワイドタイプ(SW)あり

最大の特徴は、ミッドソールにミズノ史上最高の高反発素材である「MIZUNO ENERGY(ミズノエナジー)」を採用したこと。MIZUNO ENERGYは2020年7月に実用化されたばかりで、従来のミッドソール素材に比べて柔軟性が約17%、エナジーリターンが約15%向上しているという。

つまり、同じ距離でもMIZUNO ENERGYUの恩恵にあずかれれば、より少ないエネルギーで走ることができる。自動車に例えると、燃費の良いエンジンみたいなものだ。

その他、WAVE RIDERシリーズならではの高い走行安定性は変わらず。「MIZUNO WAVE(ミズノウエーブ)」と呼ばれる波形(ウエーブ)のプレートを挟み込むことで、走行時の足の横ブレを軽減し、安定したランニングフォームをサポートしてくれる。

前モデル「23」との比較

WAVE RIDER 24」のスペックは以下のとおり。シリーズ前作の「WAVE RIDER 23」と比較する。

WAVE RIDER 24 ウエーブライダー 24WAVE RIDER 23 ウエーブライダー 23
発売2020年9月2019年9月
重さ275g(27.0cm)290g(27.0cm)
ドロップ
ミッドソールU4ic、ミズノエナジー、ミズノウエーブU4ic、U4icX、ミズノウエーブ
アッパーエンジアードエアーメッシュメッシュ
アウトソールx10x10

ミッドソールにMIZUNO ENERGYU採用

最大の違いはミッドソールに使われている素材。写真左の「23」は「U4icX」を採用しているのに対し、写真右の「24」は新開発の「ミズノエナジー」を採用。ミッドソールの厚さが増していることがひと目で分かる。

実測値は252g

今回購入したのは、「WAVE RIDER 24」のスーパーワイド(SW)のメンズ25.5cm。重さは実測値で252gだった。前モデルに比べて9gだけ軽量化されている。

デザイン

ミッドソールはMIZUNO ENERGYUの間に、「MIZUNO WAVE(ミズノウエーブ)」を挟んだ独特な構造をしている。MIZUNO ENERGYUは高い衝撃吸収と反発性を、MIZUNO WAVEは高い走行安定性を実現。

アッパーは、カカト周りのパッドが増量され、ガッチリとしたフィット感を実現。アンクルパッドをやや内側に傾斜させることで、アキレス腱のフィット感も向上している。

アウトソールはフォアフットとカカト周りを中心にグリップ力に優れた素材を配置。真ん中をアーチ構造にすることにより衝撃吸収を高めている。

サイズ感

WAVE RIDER 24」のサイズ展開は以下のとおり。メンズ・レディースの他、男女兼用のユニセックスもある。幅広タイプはメンズのスーパーワイド(SW)とレディースのワイド(W)。

  • ユニセックス:22.5~29.0、30.0cm
  • メンズ:24.5~29.0/30.0cm
  • メンズSW:25.0~29.0、30.0cm
  • レディース:22.5~26.0cm
  • レディースW:22.5~25.5cm

普段のランニングシューズ選びでは25.5cmか26.0cmで迷うが、スーパーワイド(SW)タイプなら25.5cmでも余裕がある。

耐久性

走行距離が100kmほどの状態。

WAVE RIDER 24の評価

実際に「WAVE RIDER 24」を履いてみて気づいたことをまとめていく。

カカト周りのフィット感が向上

前モデルの「23」に比べ、カカト周りのフィット感が劇的に良くなったなというのが第一印象。素材が分厚くなり、足の形に沿った形状にアップデートされたアンクルパッドの存在が大きい。

柔らかすぎず、硬すぎないクッション

総合的に見ると、柔らかすぎず、硬すぎない絶妙なバランスを保っている。硬すぎると衝撃が強すぎるし、柔らかすぎると逆に疲れてしまう。「WAVE RIDER 24」は、このジレンマを見事に解消している。

最適ペースは5:00/km〜6:00/km

最も快適に走れるペースは5:00/km〜6:00/km。ただ、MIZUNO ENERGYUのおかげで反発力が増しているので、4:30/kmぐらいまでペースアップしても快適だった。

長距離ロードランニングにおすすめ

WAVE RIDER 24」のターゲット層は、フルマラソン5時間切り(サブ5)を目指すランナー。だからといって、サブ3〜4ランナーが選択肢から外してしまうのはもったいない。クッション性に優れ、長時間走っても疲れないウエーブライダー 24は、長距離のロードランニングに適している。実際に僕も20〜30kmの練習で使うことが多い。

関連情報

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

MIZUNO WAVE RIDER 24

メンズ 24.5~29.0/30.0cm、レディース 22.5~26.0cm、幅広SWもあり

楽天スーパーセール開催中!ポイント最大43倍。12/11まで