ミムラボ 超薄型ランニングソックス レビュー:裸足に近い靴下

ミムラボ(M.Lab)は、伝説のシューズ職人の異名を持つ三村仁司さん率いるシューズ工房。ミムラボが作った超薄型ランニングソックスは「限りなく裸足に近い靴下」をコンセプトのとおり、足本来の機能を覚醒させてくれる1足だ。実際に履いてみて気づいた点を紹介する。

M.Lab 超薄型ランニング5本指ソックス

超薄型ランニングソックスは、5本指タイプノーマルタイプがある。

この記事の著者:とも(tomo)

マラソンブロガー。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

裸足に近い靴下

ミムラボの存在を知ったのは、2019年にミムラボとニューバランスが共同開発したランニングシューズ「HANZO V2」を買ったことがきっかけだった。

三村さんは過去に高橋尚子さんをはじめ数多くのトップアスリートのシューズを提供した実績があり、詳しくは自著『一流はなぜ「シューズ」にこだわるのか』にまとまっている。

今回紹介する「超薄型ランニング5本指ソックス」はミムラボが独自に開発し、自社ブランドとして販売するランニングソックスだ。

主な特徴は以下のとおり。

最大の特徴は、生地が極めて薄く、足裏と足指の感覚が研ぎ澄まされること。「限りなく裸足に近いランニングソックス」というコンセプトは、実際に履いてみても確かに実感できる。

デザインとスペック

それでは「超薄型ランニング5本指ソックス」のデザインとスペックを詳しく見ていこう。

今回紹介するのは5本指タイプだが、指が分かれていないノーマルタイプもある。基本性能は共通なので、好みのタイプを選ぶと良い。

超薄型ランニング5本指ソックス超薄型ランニングソックス
品番M501M101
タイプ5本指ノーマル
素材ポリエステル、ナイロン、ポリウレタンポリエステル、ナイロン、ポリウレタン
製造国日本日本
定価(税込)1,230円1,150円

サイズとカラーは以下の3つの組み合わせから成り、5本指タイプとノーマルタイプで同じ仕様。

今回は5本指タイプのMサイズを選んだので、カラーはウォーターブルーの一択となる。

以下は「超薄型ランニング5本指ソックス」を下から見た様子(写真左)と上から見た様子(写真右)。

足裏に均等に配置されたタコの吸盤のようなものは滑り止め加工。裸足に近い履き心地を実現するために「超薄型ランニング5本指ソックス」は生地の薄さに拘っているが、滑り止め加工もあえて薄く、かさばらないように作っている。

縫製にもこだわりがあり、編目を1本づつ合わせて縫い合わせる「リンキング製法」を採用している。フォアフット周りは重ねて縫い合わせていないため、フラットでストレスフリーな履き心地を実現している。

アキレス腱の部分には「M.Lab」のロゴが入っている。まあこれは機能的には意味はないけれど。

超薄型ランニング5本指ソックス

ここからは実際に「超薄型ランニング5本指ソックス」を履いてみて気づいた点をまとめていく。

足裏・足指の感覚が研ぎ澄まされる

接地の際に、地面やシューズの状態が足裏と足指にダイレクトに伝わってくる。厚手の靴下だと、良くも悪くも生地が衝撃を吸収してしまうが、「超薄型ランニング5本指ソックス」は素足に近い感覚だ。

締め付け感がない

コンプレッションが弱く、最近の高機能ランニングソックスに有りがちな締め付け感がない。反面、ホールド感やサポート性能は落ちる。靴下の性能に頼らず、足本来の機能を鍛えたい人には向いていると言える。

アッパーニットのシューズと相性が良い

超薄型ランニング5本指ソックス」は履き心地が裸足に近いため、本来裸足でも履けるランニングシューズとの相性が良い。

例えば僕のランニングシューズのコレクションだと、ナイキのフライニット素材をアッパーに使った「REACT INFINITY RUN」や、アディダスのプライムニットを採用した「ULTRABOOST 21」など。

すべり止め加工が秀逸

あまり期待していなかったが、タコの吸盤のようなすべり止め加工はグリップが効いて素晴らしかった。形状や薄さよりも、均等に配置されているのがポイントだと思う。

30km走で使用

30km走でも滑り止め加工の素晴らしさが実感できた。長時間走っていると徐々にシューズと足のズレが生じるものだが、今回は最後まで密着していた。

足指のフィット感はイマイチ

一方で、5本指タイプならではの足指のフィット感はパッとせず、部分的にだがダブつく箇所がある。

そこまで伸縮性がないので仕方ないとはいえ、立体製法を得意とするアールエル(RxL)やフットマックス(FOOTMAX)のフィット感を知ってしまうと、どうしても残念な気持ちになる。これらは足指の爪の部分にまでフィットするので。

5本指タイプではなく、ノーマルタイプを選べばよかったかもしれない。

カラーが微妙

これはあくまでも好みの問題だが、ウォーターブルーの色はボヤけているというか、ハッキリしないというか、微妙なカラーだと思う。機能性も大事だが、見た目だけでテンションを上げたり、闘争心に火をつけたりするカラーリングだと良かった。

足本来の機能を覚醒させてくれる

まとめると「超薄型ランニング5本指ソックス」は足本来の機能を覚醒させてくれる1足だと思う。衝撃吸収やサポート性能に乏しく、足裏・足指の感覚がダイレクトに伝わる。それによりランニングソックスなど必要ない、しっかりとした足作りを目的としているのだろう。

そういう意味では、足を鍛えてくれるランニングソックスとも言える。

M.Lab 超薄型ランニング5本指ソックス

超薄型ランニングソックスは、5本指タイプノーマルタイプがある。