【コース紹介】那須高原温泉郷

長い坂道を上りきると、源泉掛け流しの足湯(無料)がお出迎え。「殺生石」や「温泉神社」などの観光名所もあります。

この記事では、栃木県の「那須高原温泉郷」のランニングコースを紹介します。

那須高原温泉郷の魅力

急勾配な坂道の練習ができる上に、源泉掛け流しの足湯に浸かれることが魅力です。殺生石や温泉神社などの名所もついでに観光できて一石二鳥。麓のリゾートホテルからだと、15km〜20kmで往復できます。

コース概要

栃木県那須郡那須町の「那須街道(県道17号)」から、那須高原温泉郷を目指すコースです。

GARMINランニングウォッチの計測によると、標高450mから850mまで、約400mの高度を往復16kmで上り下りしました。勾配は強過ぎず、弱過ぎず、上り坂でもギリギリ走り続けられる程度。坂道を入れた長距離走にはちょうど良い感じのコースでした。

いkは、Stravaのアクティビティです。

走ってみた

実際に、「那須高原温泉郷」のランニングコースを走ってみた様子を紹介します。

今回はりんどう湖レイクビューの隣にあるロイヤルホテル那須に宿泊。「ウェルカムベビーのお宿」にも認定された、子育てファミリー向けの宿泊施設です。

ホテルからは「ファミリーロード」と呼ばれる道路を那須湯本方面に向かって走ります。途中から「ロイヤルロード」を走り、最終的に那須街道(県道17号)に合流します。

那須街道をしばらく進んでいくと「那須高原温泉郷」と書かれた看板を目にします。

ひたすら愚直に坂道を上っていきます。途中から温泉街特有の硫黄の臭いがしてきました。

「鹿の湯」の看板が見えると、そろそろ那須温泉の中心部に到着です。

鹿の湯は1300年以上の歴史を持つ、那須温泉の元湯です。

那須温泉元湯・鹿の湯は、七世紀前半、約千三百年前の舒明(じょめい)天皇の御世に開湯されたといわれます。狩野三郎行広という者が山狩の際に、射損じて逃げる鹿を追って山奥に入ると、鹿は傷ついた体を温泉で癒していました。そこで鹿によって発見された「鹿の湯」と名づけたと伝えられています。ーー公式サイト

足湯が無料!

元湯の近くには、無料で入れる足湯がありました。

お湯は少しだけ白く濁っています。カラダの芯まで温まりそうですが、今入ると湯冷めするので、今回は泣く泣くスルーしました。

温泉神社

足湯の横には「温泉神社」と書かれた鳥居が立っていました。

中に入ると、こんな感じで雪道が続いています。

温泉神社の本殿です。「屋根の雪に注意!」と書かれた看板が立っていました。参拝の途中で上から雪が落ちてきたら危ないですよね。

殺生石

本殿に向かって右奥の小道をさらに進んでいくと、「殺生石園地」と呼ばれるエリアにたどり着きます。見るからに溶岩がむき出しの、殺風景なところです。

殺生石園地の様子を収録したショートムービーもあります。

何か石像のようなものが見えると思ったら、お地蔵様でした!

お地蔵様に一礼してから、これまで上ってきた道を一気に駆け下りていきました。

まとめ

以上、栃木県の「那須高原温泉郷」のランニングコースを紹介しました。

長い坂道を上りきると、源泉掛け流しの足湯(無料)がお出迎え。「殺生石」や「温泉神社」などの観光名所もあります。