PEGASUS 36レビュー:サイズ25.5cm Wide、重さ247g

2019年6月に発売されたAIR ZOOM PEGASUS 36(エア ズーム ペガサス 36)は、ナイキ史上最も売れているランニングシューズの36代目最新モデル。前モデルからフィット感が劇的に向上している。実際に履いてみて気づいた点を紹介する。

NIKE AIR ZOOM PEGASUS 36

この記事の目次

万能ランニングシューズ

PEGASUS(ペガサス)シリーズの特徴は、ジョギングからスピードランまで1足で幅広い練習メニューをこなせること。ランニングシューズ選びに迷っている方は、「とりあえず最新のペガサスを買っておけば大丈夫!」と言っても過言では無いほど、万人向けのシューズだと思う。

僕自身、PEGASUSシリーズは「34」から毎年新作を買い続けている。今回紹介する「PEGASUS 36」は3代目となる。

前モデル「35」との違い

以下は。左から「34」、「35」、「36」。

「PEGASUS 35」はメジャーアップデートと呼ぶに相応しい変化だったが、「PEGASUS 36」はどちらかというとマイナーアップデート。パッと見た感じでは違いに気づかない。

それでも実際に履いてみると、フィット感は決定的に進化しており、秘密はアッパー素材を改良にあると思う。

まずタンの部分がペラペラに薄くなり、足にピタリと張り付く。左が「35」、右が「36」。

フォアフットのメッシュも進化している。メッシュの目が細かくなり、通気性を保ちつつ、アッパー部分が伸縮しすぎないように設計されている。左が「35」、右が「36」。

靴底に関しては、アウターソールの配置パターンなども含め瓜二つです。左が「35」、右が「36」。

デザインとスペック

それでは「PEGASUS 36」を詳しく見ていこう。箱を開けてパッと見た感じは「PEGASUS 35」にそっくり。

手に取ってみると、まだ「PEGASUS 35」が重なって見えるが若干スリムになった気がする。

側面の写真。ミッドソールには「Air Zoom」のクッショニングを採用。外側のソールには「NIKE ZOOM」のロゴが入っている。


内側のソールには「Engineered to the exact specifications of world-class runners Nike Running」の文字が印字されている。訳すと「世界トップクラスの選手と同じソールを使っている」の意味。

上から見た写真。

アッパーは「PEGASUS 36」の大きな改良ポイント。特筆すべきは、タンがペラペラに薄くなり、フィット感が向上している。

通気性に優れた「エンジニアードメッシュ」は、網の目が細かくなっている。

靴底の写真。

インナーには「ZOOM」の文字が入っています。かっこいい。

メンズ25.5cm(エキストラワイド)の重量は実測値で247gだった。同じスペックの「PEGASUS 35」は254gだったので、わずかながら軽量化している。

PEGASUS 36の評価

実際に「PEGASUS 36」を履いてみて気づいた点をまとめていく。

サイズ感

シューズ選びでは25.5cmか26.0cmで迷うが、今回は25.5cmのエキストラワイドを選択。幅広で足指周りのスペースに余裕があるので25.5cmでぴったりだった。

ファーストインプレッション

フィット感は「PEGASUS 35」とは比べものにならないほど良い。どちらかというと「ZOOM FLY FLYKNIT」に近い。

「Air Zoom」採用のミッドソールは反発力が強い。着地は硬めで、スピードが出しやすく、インターバル走やペース走にも使えそうだ。

ソールの耐久性は心配

「Air Zoom」はシワになりやすいのが欠点。デビューランで早速シワシワになってしまった。

オールマイティー

走行時の安定性が非常に高く、クロスカントリーでも快適に走れた。

NIKE AIR ZOOM PEGASUS 36