【ナイキ】エアズーム ペガサス 37 徹底レビュー

Air Zoom Pegasus 37(エア ズーム ペガサス 37)は、ナイキ史上最も売れているペガサス・シリーズの新作ランニングシューズ。スロージョグからスピード走まで幅広い用途に対応できる万能シューズで、すべてのランナーにおすすめしたい。ちなみに僕はジョギングの練習で使うことが多い。

ペガサス 37の特徴

ペガサス 37の特徴は以下のとおり。

最大の特徴は、世界トップ選手とのコラボで培った最先端の技術を惜しみなく注ぎ込んだナイキランニングシューズのフラグシップモデルであること。シリーズ37代目のペガサス 37は、ミッドソールに「React foam」を採用し、「Air Zoom」クッションをフォアフットに寄せて厚さを倍増。反発性が高まり、高速ペースも快適に走れる万能シューズだ。

僕は「ペガサス 34」から毎年、買い続けている。写真は上から「34」、「35」、「36」、「37」。

ペガサス 37のスペック

ペガサス 37のスペックは以下のとおり。シリーズ前作の「ペガサス 36」と比較する。

ペガサス 37 ペガサス 36
発売 2020年4月 2020年4月
重さ 285g(28cm) 272g(28cm)
ドロップ 10mm 10mm
ミッドソール Nike Reactフォーム+従来の2倍の厚さのAir Zoomユニット(前足部) フルレングスのZoom Airユニット
アッパー トランスルーセントのメッシュ エンジニアードメッシュ
アウトソール 改善されたグリップ力 ワッフルピストンのラバー

前モデルとの比較

写真の左が「36」、右が「37」です。ちなみに「36」は、230kmほど走り込んでいます。側面を見比べてみると、ミッドソールの厚さの違いが一目瞭然。「37」はかなり厚くなっています。また、かかとの部分は「37」がより上に反ったデザインになっています。また、「37」はミッドソールに斜めに溝が入っている。

靴底は、フォアフットのラバーの配置が変わっています。「37」はヒール下に空洞が設けられ、アーチ構造になっている。

アッパーは、「37」のシューレースの構造が刷新され、アッパーとの一体感が増している。

重さは実測値で260g(エクストラワイド 25.5cm)だった。

ペガサス 37の外観

シューズの側面(外側)。「Air Zoom(エア ズーム)」のロゴがカッコいい!ミッドソールには、斜めに溝が彫られており、上下からの圧力の耐久性を高めている。

シューズの側面(内側)。

ミッドソールには、小さな文字で「Engineered to the exact specifications of world-class runners」と書かれており、世界トップレベルのランナーのシューズと同じスペックであることを強調している。

シューズの靴底。

靴底のヒール下は空洞になっており、アーチ構造が反発力を高めています。NIKEの「スウィッシュ」ロゴがさりげなく入っている。

アッパーは伸縮性を抑え、耐久性を高めると同時に、薄くすることで軽量化を図っている。内部が透けて見えるほどの薄さ。

シューレース(紐)とアッパーの一体感がさらに増し、フィット感が向上している。

ヒール周りは、かかとをガッチリ固定して、足のズレを防止してくれる。

インナー(中敷)は結構厚みがある。

ペガサス 37のサイズ感

ペガサス 37のサイズ展開は以下のとおり。

普段のランニングシューズ選びでは25.5cmか26.0cmで迷うが、ペガサス 37は幅広の「エクストラワイド(4E)」があるので、25.5cmでもゆとりのあるサイズだった。

ペガサス 37の耐久性

デビューラン

シリーズ前作のペガサス 36は、デビューランでミッドソールがシワシワになった。ペガサス 37は斜めに彫られた溝によって耐久性が高まり、ミッドソールのシワは少ない。

120km走破

前モデルに比べてミッドソールの耐久性が格段に向上したことを実感。靴底も砂利道でガシガシ走った割には、ミッドソールはほぼ無傷だった。

ペガサス 37の評価

ペガサス 37を実際に履いてみて気づいたことをまとめていく。

ファーストインプレッション

早速、9kmビルドアップ走で履いてみた。ウォームアップ(5:00/km)では、ほどよい反発力を感じる。特にフォアフットのクッションが増強されたのが実感できる。ビルドアップ(4:30/km→3:30/km)では、安定感が非常に高く、ペースの変化にも付いて行ける。前モデルは4:20/kmを超えると厳しかったが、ペガサス 37は4:00/km前後でも余裕。クッション性が高いので、高速ペースで走っても脚が疲れない。

雨の日はやや不安

雨の日に走る機会があったが、アスファルトの路面ではグリップが効いているものの、タイルの上では不安定。ただし、ソールは雨水をスポンジのように給水しないので、濡れてもクッショニング性能は損なわれない