FREE RUN 5.0 (2019)レビュー:サイズ25.5cm、重さ189g

2019年4月に発売されたFREE RUN 5.0(フリーラン 5.0)は、ナイキの自然派ランニングシューズ。「足本来の感覚を呼び覚ますことができるシューズ」をコンセプトに、ベアフット(素足)ライクな走り心地を実現している。実際に履いてみて気づいた点を紹介する。

NIKE FREE RUN 5.0

この記事の著者:とも(tomo)

マラソンブロガー。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

ベアフットライクな走り心地

ベアフット(素足)でのランニングに興味があり、ナイキの「FREE RUN 5.0」の発売情報に物欲が刺激された。

コンセプトは「足本来の感覚を呼び覚ますことができるシューズ」。

ナイキ フリー ラン 5.0が、ランニングシューズとして原点回帰。5kmまでのランに最適なパフォーマンスを提供します。アッパーに使用する軽量の単層メッシュが優れた伸縮性と素足のような履き心地を提供します。ミッドソールのフォームを減らした、即戦力となる一足です。ーー公式サイトより

ベアフットライクな走りが体験できるが故に、自分のランニングフォームの「癖」を感じやすい。 「FREE RUN 5.0」を履いているとランニングフォームを意識しやすくなり、ランニングフォームのさらなる改善に繋がる。

デザインとスペック

それでは「FREE RUN 5.0」を詳しく見ていこう。

今回はナイキの公式オンラインストアで注文し、2日後に自宅に届いた。ナイキのシューズボックスはド派手なので、開封の儀は毎回テンションが上がる。

シューズボックスを開けると、いよいシューズとご対面。

白と黒を基調したカラーに、パープルが良いアクセントになっている。パッと見た印象では「ホルシュタイン(牛)」に似ている。

横(外側)から見た写真。まず目に留まるがのが、まるでマシュマロのようなソール。柔らかそうに見えるが、実際には消しゴムのように硬い。そして全体的に魚のエラのような(?)溝が入っているのが特徴。

さりげなく「NIKE FREE」のロゴが入っているのがカッコいい。

横(内側)から見た写真。後方に小さな文字で「6mm」と書かれていますが、これは前足部とカカトの高低差のオフセットを表している。

真上から見た写真。アッパーは伸縮性に優れ、足の形状にピタリとフィットします。一応、シューレース(紐)が付いているが、シューレースなしでもズレない。

ポイントは、アキレス腱のカーブに沿って当てられたパッド。このおかげで、カカトがしっかり固定され、足全体の安定性が保たれる。

靴底。なんとも形容しがたい不思議な形をしており、全体的に溝が入れられている。カカトの外側と親指の部分にだけ異なる色の素材を配置。

カカトの内側には、さりげなく「5.0」の数字が浮かび上がる。

メンズの25.5cmの重さは、実測値で189gだった。レースシューズ並みに軽い。

FREE RUN FLYKNIT 3.0との違い

同時期に発売されたのが「FREE RUN FLYKNIT 3.0」。こちらはスリッポンのようにシューレスを使わずに履けること、アッパーにナイキの独自技術のフライニット(Flyknit)を採用しているのが特徴。

FREE RUN 5.0の評価

実際に「FREE RUN 5.0」を履いて気づいた点をまとめる。

ベアフットライクな走り心地

クッション性や反発性が全く感じられず、着地はベアフット(素足)に近い感覚。強く蹴り出せば強く出るし、弱く蹴り出せば弱く出る。

着地の度に、足の神経が研ぎ澄まされる。足指一本一本の動きや、着地時の足のブレなど、普通のランニングシューズでは感じにくいことも、このシューズだとビンビン感じる。

普段使わない筋肉が刺激される

普段とは明らかに違う脚の筋肉を使っていることに気づく。言い方を変えれば、普段鍛えられていない筋肉が鍛えられる。

汚れが目立ちやすい

真っ白なソールなので汚れが目立つ。

ランニングフォーム改善に役立つ

FREE RUN 5.0」は自分のランニングフォームを見つめ直すのに役立つ。サポートの強いランニングシューズを履いていると気づかない自分の弱点が、いとも簡単に露呈してしまう。

自分の走りについて素直に「意見」してくれる。こういうシューズはぜひ1足持っておきたい。

NIKE FREE RUN 5.0