JOYRIDE RUN FLYKNITレビュー:サイズ26.0cm、重さ289g

2019年8月に発売されたJOYRIDE RUN FLYKNIT(ジョイライド ラン フライニット)は、ナイキの実験的なランニングシューズ。クッショニングに1万個以上のビーズを使用し、足を「点」で支えるのが特徴。実際に履いてみて気づいた点を紹介する。

NIKE JOYRIDE RUN FLYKNIT

この記事の著者:とも(tomo)

マラソンブロガー。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

1万個以上のビーズクッション

今回紹介する「JOYRIDE RUN FLYKNIT」の主な特徴は以下のとおり。

新しい設計思想

これまでのランニングシューズとは設計思想がまったく異なる。通常のランニングシューズは足を「面」で支えるが、「JOYRIDE RUN FLYKNIT」は1万個以上のビーズからなる「点」で衝撃を吸収する。

万人にフィットするシューズ

どんなに画期的なシューズでもフィットしなければ意味がない。「JOYRIDE RUN FLYKNIT」はComforming Cushioning System(順応するクッショニングシステム)を採用することで、万人の足にぴたりとフィットする。

デザインとスペック

それでは「JOYRIDE RUN FLYKNIT」を詳しく見ていこう。全体的に丸みを帯びた優しい感じがするフォルムが特徴。

実際に触ってみると「ぷにゅっ」として手触りも優しい。

ソールは厚みがあり、カカト部分がシースルー仕様。内部には無数のビーズで埋め尽くされているのが分かる。

シースルーの部分には「NIKE JOYRIDE」のロゴが入っている。

内側はシースルー素材が無くて、靴裏から伸びる黒のラバー素材で覆われている。中央には「COMFORMING CUSHIONING SYSTSEM」と印字されている。

「comforming」とは英語で「順応」の意味。ソールの中に埋め尽くされた1万個以上のビーズが、足の形状に沿って形を十人十色の形を成す。

上から見た写真。名前からわかる通り、アッパー部分にはナイキの独自テクノロジー「フライニット」を採用している。

靴底。フォアフットは2箇所、カカトは1箇所がシースルー仕様のユニークな構造。

黒い部分はラバー素材が施されており、接地による衝撃と消耗を抑えてくれる。

メンズ26.0cmの重さは、実測値で289g。

JOYRIDE RUN FLYKNITの評価

実際に「JOYRIDE RUN FLYKNIT」を履いてみて気づいた点を紹介する。

ワンサイズ上がおすすめ

シューズ選びは25.5cmか26.0cmで悩むが、今回はメンズ26.0cmを選択。「JOYRIDE RUN FLYKNIT」は小さめの作りとなっているため、ワンサイズ(0.5cm)上を選ぶと良い。

ファーストインプレッション

フォアフットとカカトの部分はビーズでぎっしり埋め尽くされており、体重をかけるとビーズの中に足が沈む。一方で、土踏まずの部分に隙間が生じて少しだけ浮いた感じがするが、慣れてくると足本来が持つ「アーチ機能」をうまく生かしながら走れるようになる。

至高のクッショニング

履き心地をひと言で表すと至高のクッショニング。公式サイトによると「PEGASUS 36」と比較して、14%も衝撃吸収率が高くなっているとのこと。

ちなみに大迫傑さんは「まるで芝の上を走っているような感覚」と評している。

最適ペースは5:30/km〜6:30/km

一方で、反発力はあまり感じられず、スピードは出しにくい。個人的には5:30/km〜6:30/kmが最も快適に走れるペースゾーンだった。

フライニットのフィット感が秀逸

アッパーに使われているフライニットは、足全体にぴたりとフィットするので、シューズの中で足がしっかりと固定される。よく見るとニットの編み方がより複雑で、マチが多くなっていることが分かる。

個人的に気に入っているのは、ヒール周りのサポート。よく見るとヒール周りは二重構造になっている。内側は、アッパーのフライニットと一体化した薄めの素材。外側は、ヒールを包み込む集めの素材。

さらに注目すべきは、外側の素材がシューレースと直結しており、フィット感を高めていること。

ランニングソックスは不要

実際に裸足で10km走ってみたが、なんの違和感もなく走れた。

リカバリーシューズとしても優秀

クッションが快適なので、レースやポイント練習の後のリカバリーシューズとしても使える。

普段履きシューズとしても使える

購入してから数ヶ月後、ランニングよりも普段履きとして使うことが多くなった。落ち着いたカラーなので、職場で履いても許されるレベル。

というわけで、ランニングよりも日常生活での出番が多い。

NIKE JOYRIDE RUN FLYKNIT