【レビュー】Number Do vol.34 高橋尚子さん監修「ランナー手帖2019」の付録つき

2019.03.26 > 

半年に1度発売される雑誌「Number Do」のランニング特集は、最新のトレンドが網羅されており、1年間使える「ランナー手帖2019」が付録で付いてきます。

この記事では、2019年3月に発売された雑誌『Number Do (ナンバー・ドゥ) vol.34 RUNの学校。2019』を紹介します。

こんな方におすすめです!

トレンドを網羅している

Number Do(ナンバー・ドゥ)では3月と10月の半年に一度、ランニング特集号を出しています。

僕が最初に読んだのは、2016年10月に発売された特集号。マラソン五輪金メダリストの高橋尚子さんが「責任編集」かつ、本人監修のランナー手帖が付録で付いてくる豪華な内容です。

高橋さんが、リオ五輪選手や芸人ランナーなどをインタビューする形で、当時のランニング界のトレンドを網羅していました。

ランニング雑誌を定期購読していない方は、とりあえず『Number Do』を半年か一年に一度読んでおけば、最新のトレンドについていけると思います。

Number Do (ナンバー・ドゥ) vol.34 RUNの学校。2019』では、今話題の人たちを上手く起用しています。

永久保存版にしたい内容

トレンドを網羅する一方で、何度も読み返して参考にしたくなるコンテンツも充実しています。個人的に以下の内容は永久保存版にしたいと思いました。

実際に、2016年10月に買った特集号(高橋尚子 責任編集)を、今でもたまに読み返しています。

万人向けの内容

切り口が広いので、シリアスランナーも初心者ランナーも楽しめる万人向けの内容です。

また、読んでいると自分の視野が広がります。これまでロードランニングにしか興味がなかったのに、上田瑠偉さんの記事を読んだらクロスカントリー(クロカン)を走りたくなってきた、というように。

ランナー手帖の付録つき

普段は「ストラバ」でランニング日誌をつけているので、紙の手帳は使いません。でも高橋尚子さんが監修したとあれば、使ってみたくなります。

見開き1ヶ月で2019年4月から2020年3月まで。出場大会記録は6大会まで記録できます。そのほか、ラップタイム早見表や忘れ物チェックなど役立つ情報がギュッと凝縮されている手帖です。

試しに2019年4月の1ヶ月間はこの手帖で練習日誌をまとめてみます。

気に入ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

この記事を書いた人

tomo
埼玉県在住の37歳。マラソンブロガー・会社員・二児の父親

こちらもおすすめ

同じカテゴリの最新記事

ブログの他にも、YouTube、Strava、Twitterでランニングに関する情報を発信しています。

- YouTube -

主にランニングシューズのレビュー動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると嬉しいです。

チャンネルをチェック ▶︎

- Strava -

Garminウォッチで記録したアクティビティはStrava(ストラバ)で一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック ▶︎

- Twitter -

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

ともらん人気記事

ともらん新着記事