奥州街道の走り方:宇都宮〜白河80kmの旅ラン全記録

2021年10月に「奥州街道」の旅ランに出かけてきた。バックパックを背負い、2泊3日の日程で栃木県宇都宮市〜福島県白河市の約80kmの道のりをランニングで移動する企画。道中には泉質の素晴らしい温泉が多く、ランニング&温泉&栃木の美味しいご飯が楽しめる最高の旅だった。

サロモン センスプロ 5

旅ランの荷物はすべてサロモンの「SENSE PRO 5」に詰め込んだ。容量は5Lながら、収納スペースは伸縮性があるため見た目よりもたくさんの荷物が入る。

楽天スーパーセール開催中!ポイント最大43倍。12/11まで

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

奥州街道とは?

奥州街道の特徴は以下のとおり。

  • 東京都中央区日本橋と福島県白河市を結ぶ全長約190kmの歴史街道
  • 江戸時代に整備された「江戸五街道」のひとつ
  • 道中には27の宿場町があり、今でもその面影が残っている

江戸五街道で有名なのは、東京〜京都間を結ぶ「東海道」と「中山道」。その他「甲州街道」「日光街道」「奥州街道」がある。江戸時代における幹線道路みたいなものだ。

日本橋から栃木県宇都宮市までは日光街道と同じルートを共有する。日光街道は宇都宮から日光東照宮を目指して北西へ進むのに対し、奥州街道は白河を目指して北東に進む。

旧街道をたどる

江戸五街道が整備されてから400年近く経ち、かつて旅人たちが行き来したルートに沿って一般道が整備されているとは限らない。なので、地図や現地の案内板を確認しながらオリエンテーションのように旧街道をたどるわけだが。これは街道を走る最大の魅力だ。

また、一般道から外れて未舗装の山道を通行する箇所があり、冒険心をくすぐられるポイントも多い。

今回の旅ランでは、旧奥州街道を忠実に走るために『ちゃんと歩ける日光街道・奥州街道』を参考にした。歴史街道をウォーキング、ランニング、サイクリングする人たちにとってはバイブルのようなシリーズ本だ。

奥州街道27の宿場町

街道を走るもうひとつの魅力は、道中にある27の宿場町。今でも当時の面影が残る建物や記念碑が現存しており、中には江戸時代の街並みを保存・再現しているところもある。

以下は奥州街道あった27の宿場町。現在の駅から離れた場所にあることが多く、例えば宇都宮宿はJR宇都宮線から3kmほど西に行ったところにある。

距離最寄駅
日本橋東京駅
千住8.8km北千住駅
草加9.7km草加駅
越ヶ谷9.0km北越谷駅
粕壁(春日部)10.0km春日部駅
杉戸6.6km東武動物公園駅
幸手5.8km幸手駅
栗橋8.3km栗橋駅
中田1.6km栗橋駅
古河5.8km古河駅
野木2.7km野木駅
間々田6.7km間々田駅
小山7.4km小山駅
新田5.7km小金井駅
小金井2.6km小金井駅
石橋7.2km石橋駅
雀宮6.6km雀宮駅
宇都宮7.9km宇都宮駅
白沢11.1km宇都宮駅
氏家7.5km氏家駅
喜連川7.7km片岡駅
佐久山11.6km野崎駅
大田原7.3km西那須野駅
鍋掛11.4km黒磯駅
堀越1.1km黒磯駅
芦野8.8km黒田原駅
白坂12.1km白坂駅
白河9.7km白河駅・新白河駅

3日間で80kmを走る

今回は3日間かけて奥州街道の宇都宮〜白河区間(約80km)を走ってきた。途中、喜連川と鍋掛で宿泊するプラン。

  • 宇都宮〜喜連川(26km)
  • 喜連川〜鍋掛(30km)
  • 鍋掛〜白河(30km)

ちなみに日本橋〜宇都宮区間は、2021年6月に日光街道を制覇した際に走っているので今回は省略。

アクセス

奥州街道の起点は東京都中央区日本橋「道路元標」。ここから東海道、中山道、甲州街道、日光街道、奥州街道の五街道が始まる。地下鉄三越前駅・日本橋駅から歩いてすぐ。

もうひとつの起点は福島県白河市の「女石追分」。ちょうど国道294号と国道4号が交わるところで、コマツ福島・白河店が目印となる。JR白河駅から北東へ3kmほどの場所。

日本橋〜宇都宮区間は日光街道とルートが同じ。宇都宮の「伝馬町」で日光街道と奥州街道が分岐する。JR宇都宮駅から西へ3kmほどの場所。

1日目:宇都宮〜喜連川

初日は宇都宮宿を出発し、白沢宿、氏家宿を経て、喜連川宿まで26kmの道のり(ガーミン実測値は23km)を走った。天気は曇り時々雨。

宇都宮

自宅から宇都宮までは東北新幹線で向かった。大宮駅から宇都宮駅までは1時間もかからない。しかし宇都宮駅から奥州街道の起点の宇都宮宿(伝馬町)までは3kmほど離れている。無駄に時間とエネルギーを消耗したくないのでバスで現地に向かった。

伝馬町からスタートし、再び宇都宮駅方面を目指す。途中で脇道に外れてアーケード街の「オリオン通り」を走っていく。

オリオン通りを抜けて、宇都宮の中心地から離れていくと「旧篠原家住宅」と書かれた古めかしい建物を見かけた。篠原家は江戸時代から第二次世界大戦まで醤油製造業・肥料商を営んできた豪商。建物は店舗と住居部分が一体化した「店蔵」の構造を持つ。

このような歴史遺産の横には案内板が置かれていることが多い。読むと時代背景などが理解できて面白いし、歴史の勉強になる。こんな感じで、のんびり観光しながら奥州街道を進んでいく。

しばらく走り続けると、次の宿場町の「白沢」の名前が出てきた。

市街地を出て、ひたすら走り続ける。

白沢宿

宇都宮宿〜白沢宿の距離は約8kmある。奥州街道は他の五街道に比べて、宿場間の距離が長いのが特徴だ。

白沢宿では「江戸時代の公衆便所跡」が出迎えてくれた。ただの掘立て小屋で用は足せなかった。ここはまだ白沢宿の玄関口。

こちらが白沢宿のメインストリート。なんか、江戸時代っぽい。

こちらは白沢宿の本陣跡。本陣とは、宿場町の中でも最も格式の高い宿泊施設で、江戸時代には参勤交代の大名や幕府役人が泊まったところ。入口には表札があり、今でも人が住んでいる様子だった。

白沢宿を後にして、しばらく走り続けると「白沢の一里塚」に差し掛かった。一里塚とは、江戸五街道の道中に一里(約4km)毎に置かれた標識。一里塚を数えていけば、移動した距離が分かる。

白沢の一里塚は日本橋から30番目なので、東京からの距離は約120km(4km × 30)。すべての一里塚が現存しているわけではなく、こちらは「奥州街道白沢宿の会」が建てた記念碑だ。

鬼怒川横断

こちらは鬼怒川の土手。一直線の歩道が延々と続いている。

しばらく走り続けると阿久津大橋に差し掛かった。ここで鬼怒川を渡る。専用の歩道がないため、白線の内側を注意して走る。

今日の鬼怒川は穏やかだった。

鬼怒川を渡り切ると宇都宮県さくら市に入る。さくら市は2005年に塩谷郡氏家町と喜連川町が合併して誕生した。僕が住んでいる埼玉県さいたま市も同じ平仮名なので、愛着を感じる。

氏家宿

氏家宿の玄関口に到着。

氏家宿のメインストリート。白沢宿に比べると、ぜんぜん江戸時代っぽくない。。

こちらは氏家宿の一角にある「寛方・タゴール平和公園」。画家の荒井寛方(1878〜1945)は氏家の出身で、この公演はインドの詩人ラビンドラナート・タゴールとの交流を記念した造られたもの。

氏家宿を後にすると「滝澤家住宅」を前を通りかかった。明治に紡績業で財を成した滝澤家の邸宅で、明治天皇が訪れたこともある地元の名刹。寄り道する時間がなかったので、そのままスルーしてしまった。

古道

住宅地を抜けて、周りが田んぼだらけの幹線道路を進んでいく。途中で脇道に外れて坂道を上っていくと「早乙女坂古戦場」の看板が立っていた。階段を上ってみたが、古ぼけた小屋以外は何もなかった。

さらに脇道を進んでいくと「奥州街道(古道)」と書かれた看板を発見。一般道をそのまま進むのも良いが、昔の旅人が行き来したルートを忠実にたどりたければ、こちらの山道を進む。

古道を走る様子を動画で撮影した。

喜連川宿

古道から一般道に戻り、しばらくすると荒川を渡る。荒川といっても、首都圏を流れる荒川とは別物だが、埼玉県民としては親しみを感じる名前だ。

荒川を渡った先は喜連川宿。

宿場町のメインストリートはこんな感じ。

こちらは大正時代に建てられた喜連川銀行の建物(跡)。

初日の旅はここまで。宿は喜連川宿から1kmほど離れた場所にある「かんぽの宿 栃木喜連川温泉」にお世話になった。

喜連川温泉は、佐賀の嬉野温泉と島根の斐乃上温泉と並ぶ「日本三大美肌湯」のひとつ。宿の温泉は文句なしに最高だったが、食事は値段の割にイマイチだった。

2日目:喜連川〜鍋掛

2日目は喜連川宿を出発し、佐久山宿、大田原宿を経て、鍋掛宿まで30kmの道のり(ガーミン実測値は28km)を走った。天気は曇り。

大谷石の蔵

喜連川宿を後にして、栃木県道114号佐久山喜連川線を北進する。途中、古道のような山道があるはずだが私有地で入れず、やむなく一般道を進んだ。

季節は、収穫の秋。黄金色に輝く田んぼを眺めながらのんびりと走り続ける。

この辺りの住宅には、どの家にも大谷石で造られた蔵がある。重厚感があってカッコいい。

栃木県大田原市に入る。大田原といえばブランド牛の「大田原牛」が有名だが、さすがにランニングの途中でビーフステーキは食べられないな。。

佐久山宿

本日最初の宿場町「佐久山宿」に到着。日曜日の午前中だからか、あまり人を見かけない。

宿場町の見どころは公衆便所。

冗談ではなく、こちらの公衆便所には「与一の里大田原」の壁画がある。与一といえば『平家物語』で扇の的を射抜く那須与一のことだ。この壁画も『平家物語』の屋島の戦いでのワンシーンを描いている。

余談だが、以前「香川丸亀国際ハーフマラソン」を走った時に、香川県の屋島で那須の与一が扇を射抜いた場所を見学したことがある。

その時の記憶が残っているので、なぜ佐久山宿の公衆便所に那須与一が描かれているのか謎だったが、調べてみると那須与一はこの辺りの出身なんだとか。

大田原宿

佐久山宿〜大田原宿の距離は7kmほど。周りの景色を楽しみながら走っていると7kmなんてあっという間だ。こちらは大田原宿のメインストリート。

大田原信用金庫の隣に那須与一の銅像が建っていた。街全体で那須与一を推しているようだ。

こちらは交差点にある「金燈籠ポケットパーク」。水飲み場とベンチがあったので、ここでひと息ついた。

大田原神社と大田原城址公園

宿場町から少し離れた場所に「大田原神社」が鎮座する。今日は時間に余裕があるので、境内を散策してきた。

ついでに神社の隣の「大田原城址公園」も訪れたが、こちらはこれといった見どころはなかった。なぜかデート中の老夫婦のカップルが多かった。

大田原城址公園を後にして蛇尾川を渡る。蛇尾と書いて「さび」と読み、栃木の方言で「斎日」を意味するらしい。

那須塩原市

こちらは大田原の一里塚。江戸時代には街道の両脇に建っていたが、今は片方しか残っていない。しかも道路工事のため約1.5m後方に移築されている。

しばらく走り続けると那須塩原市に入った。那須は地元さいたま市からアクセスしやすく、家族を連れて日帰り旅行によく訪れるが、今回走るルートは那須の東側。観光客で賑わうリゾート地から少し離れている。

鍋掛宿

鍋掛宿に近づくと「鍋掛の一里塚」に差し掛かる。こちらは階段を上った丘の上にあり、遠く離れた場所からでも見える。日本橋から41番目の一里塚で、距離にすると約160km。

その隣には「愛宕神社」、別名「鍋掛神社」の鳥居があるが、なんか怖い。。なぜか足を踏み入れてはいけない「気」を感じた。直感を信じて、お参りはせずに後にした。

しばらくして今日の目的地である鍋掛宿に到着。

宿場町の真ん中には松尾芭蕉の句碑があった。「野を横に 馬牽きむけよ ほととぎす」 。

今日の宿は「那珂川温泉 ホテルアライ」。隣に天然温泉施設「皆幸乃湯」があり、ホテルの浴場にもこちらのお湯を引いている。鍋掛宿周辺の宿泊施設はここしかなく、フロントの方の話だと僕みたいに奥州街道を旅する人たちがよく訪れるという。

3日目:鍋掛〜白河

最終日の3日目は鍋掛宿を出発し、越堀宿、芦野宿、白坂宿を経て、白河宿まで30kmの道のり(ガーミン実測値は29km)を走った。天気は曇り後晴れ。

早起きして、8時前にはホテルを出発した。ホテルから鍋掛宿までは3kmほど離れている。街道を走る以外になるべく無駄なエネルギーは使いたくないが、歩くと40分ほどかかるので、15分で走り、ようやくスタート地点にたどりつく。

越堀宿

鍋掛宿〜越堀宿は那珂川を挟んで約1kmしか離れていない。昔は川を渡るのはひと苦労だったため、対岸の二宿は一宿として機能していたらしい。他にも日光街道・奥州街道では、利根川を挟んだ栗橋宿と中田宿がワンセットになっている。

こちらは那珂川にかかる「あじさい橋」。ちょうど工事中だった。越堀宿には目印になるようなものがなく、そのままスルーしてしまった。

那須町

越堀宿より先はアップダウンの多い道が10kmほど続く。

こちらは寺子の一里塚。江戸時代には現在から50mほど離れた場所にあり、小学校の建設のためになくなってしまった。現在の塚は近年復元されたもの。

こちらは「弁慶の足踏み石」と呼ばれる巨石。左下が欠けているのは、源義経が奥州街道通り平泉へ落ち延びる際、弁慶が踏んでしまったからと言い伝えられている。奥州街道には江戸時代以前からの言い伝えなどが残っていて面白い。

しばらく走り続けると那須町に入った。途端に雲が晴れて気温がぐんぐん上がってきた。

芦野宿

途中で「芦野温泉」の看板を見かけた。那須周辺はいろんな温泉があるので、今度家族を連れてゆっくり訪れたい。

山道を抜けると本日2つ目の宿場町となる芦野宿に入る。

宿場町の一角にあるこちらの建物は「石の美術館」。隈研吾さんの設計で、前から気になっていたのだが、なんと芦野宿にあるとは知らなかった。しかし残念ながら月曜日の今日は休館日。こちらも今度家族と一緒に訪れよう。

幹線道路に出て、白坂宿を目指す。

板屋の一里塚

芦野宿〜白坂宿の距離は約12kmと奥州街道の最長区間。道中には数多くの記念碑が点在する。こちらは岩倉右大臣の歌碑。岩倉右大臣は幕末〜明治の偉人、岩倉具視のことだ。

そしてこちらは「べこ石の碑」。この巨石に全文19段、約3500文字が刻まれている。

経年劣化でほとんど読めない。

しばらく進むと「板屋の一里塚」に差し掛かった。街道の両側に目印となる木が立っているが、右側は手入れされているのに対し、左側は木で生い茂っているためよく見えない。

たまたま土地の所有者の方がいらしたので雑談すると、面白い話が聞けた。その方は左側の土地の所有者なのだが、一里塚を手入れをする体力がない。そこで役場に支援をお願いするが、私有地なので断られてしまったらしい。

一里塚のような歴史遺産は行政が管理しているものと思いこんでいたが、実際は土地の所有権などによって異なるのは意外だった。

ちなみに次の「泉田一里塚」は行政が支援しているらしく、手入れが行き届いている。「なんか不公平よね」と言いたい気持ちはよく分かる。

福島県へ

さて、今回の旅もそろそろ終盤に近づいてきた。栃木県を後にし、福島県白河市に入る。

白坂宿

長い道のりを経て、白坂宿にたどりついた。

宿場町のメインストリートには江戸時代の面影は残っていないが、写真のように元々どんな建物があったかを記す石碑が立っている。

こちらは白坂宿の脇本陣跡。と言っても田んぼしかないが。。

観音寺の正面に白坂宿の記念碑を発見。

目的地の白川を目指してひたすら走り続ける。

白河宿

白河宿に近づくと「戦死墓」と書かれた記念碑に差し掛かった。この辺りは戊辰戦争の激戦地で多くの兵士が命を落としたという。

白河宿のメインストリートにたどりついた。

道中にはこんな案内板があり、名所めぐりをするのに便利だ。

こちらは奥州白河宿公園。

白河宿は奥州街道最後の宿場町だが、まだ続きがある。白河宿を後にして、国道294号を北進し続ける。

そして一級河川の阿武隈川を渡り、国道4号と交わる場所を目指す。

女石追分

国道294号が国道4号にT字交差する場所が今回の旅の終着点。「女石追分」という名称で知られる。

女石追分の脇道を斜めに入っていくと「遊女志げ女の碑」がある。ここにて2泊3日の旅が終了。

女石追分からは、白河駅→新白河駅に向かい、東北新幹線に乗って大宮駅を目指した。

関連情報

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

サロモン センスプロ 5

旅ランの荷物はすべてサロモンの「SENSE PRO 5」に詰め込んだ。容量は5Lながら、収納スペースは伸縮性があるため見た目よりもたくさんの荷物が入る。

楽天スーパーセール開催中!ポイント最大43倍。12/11まで