オホーツク網走マラソン遠征記:結果は3時間47分56秒(2017年・フル)

2017年9月24日に北海道網走市で開催された「オホーツク網走マラソン」を走ってきた。網走刑務所からスタートし、100万本のひまわり畑でゴールする一生記憶に残るマラソン大会だった。

ゴールデンカムイ 1

明治・大正時代の北海道を舞台にした人気漫画『ゴールデンカムイ』には網走が登場する。

楽天スーパーセール開催中!ポイント最大43倍。12/11まで

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

大会の魅力

「オホーツク網走マラソン」の主な特徴は以下のとおり。

  • 毎年9月に北海道網走市で開催(2015年初開催)
  • 開催3回目に関わらず「全国ランニング大会100撰」にランクイン
  • 網走刑務所前からスタートし、能取岬や能取湖をめぐるコース

最新の情報は公式サイトを確認しよう。

刑務所から始まるマラソン

網走といえば刑務所のイメージが強い。そのイメージどおり「オホーツク網走マラソン」は網走刑務所の正門前からスタートする。スタートからこんなにもインパクトがあるマラソン大会は他に知らない。

100万本のひまわり畑

ゴールもスタート並みにインパクトがある。100万本のひまわり畑の真中でフルマラソンを終えるという、生涯記憶に残る感動体験。

遠征日程

埼玉県の自宅から参加するため、今回は1泊2日の日程でレース前日に北海道入りした。

2017年9月23日(土)レース前日

午前中に羽田空港から女満別空港へ移動。女満別空港からは「博物館 網走監獄」へ直行して昔の網走博物館の様子を見学してきた。

網走駅周辺は宿泊施設が少ないため、駅から2kmほど離れた場所にある「北の暖暖 オーベルジュ」にお世話になった。温泉とフレンチ料理が楽しめる素敵な宿だった。

2017年9月24日(日)レース当日

ホテルからスタート会場の網走刑務所までは歩いて移動。

完走した後は、ゴール会場からタクシーで「北の暖暖 オーベルジュ」に戻る。支配人のご好意でチェックアウト後も温泉を使わせていただいた。おかげでマラソンでの疲れを癒すことができた。

その後、網走駅から女満別空港へ向かい、最終便で羽田空港へ向かった。

スタートラインへ

「オホーツク網走マラソン」のスタート会場は網走刑務所の敷地内にある。

網走刑務所へ

ホテルから網走刑務所へ向かう。

網走刑務所は網走川のすぐ隣にあり、受刑者は収容と出所の際にこの「鏡橋」を渡る。「オホーツク網走マラソン」では、刑務所の敷地内からスタートし、あたかも脱走するがごとく鏡橋を駆け抜けて市街地へ繰り出す。

網走刑務所の歴史は古く、1890年にこの地で設立された。もとは無期懲役や重罪の囚人を土木工事に従事させることが目的だったらしい。

刑務所の敷地内といっても、受刑者が収容されているのは高いレンガの壁の向こう側。スタート会場は一般市民も入れるエリアに設置されている。

スタート地点は、刑務所の正門の外側。赤い服を来ているのが網走市長で、その隣にいるのが金哲彦さん。金さんは「オホーツク網走マラソン」の企画・運営に深く関わっている。

刑務所の壁づたいに整列する。なんか不思議な気分。

刑務所の敷地内では商行為が禁止されているため、売店などは一切見かけなかった。

実はレースに携帯するエナジージェルを持ってくるのを忘れてしまった。現地調達しようと思ったのに、こんな時に限って…。

コース攻略

のコースの特徴は以下のとおり。

  • 網走刑務所前からスタート
  • 能取岬〜能取湖をめぐる
  • サイクリングロードを経由して大曲公園でゴール
  • 前半10kmはアップダウンが多い

以下のコースマップは公式サイトから拝借した。

スタート

網走刑務所前からスタートして市街地を駆け抜ける。まだ9月だというのに沿道の木が少し色づいていた。

4km地点で最初のエイドステーション。ここでいきなり「カニの鉄砲汁」が振舞われていた。これからフルマラソンを走るのにカニ汁なんて食べていいの?と戸惑うが、誘惑に勝てなかった。

しばらく走り続けると、海岸沿いの「道道76号」に出る。能取半島を1周し、能取岬をめぐることから「美岬ライン」とも呼ばれている。

6kmを過ぎると、いきなり上り坂が始まる。ここで一気にエネルギーを消耗してしまった。

さらに今回は携帯用のエナジージェルを忘れてきた。エイドステーションではなるべくカロリーの高そうな「給食」を選んで補給を心がける。

能取岬

12km地点を過ぎると一旦「道道76号」から外れ、能取半島の先端である能取岬を目指す。

森を抜けると、目の前に牧草地と海が広がる。牧草地では牛がのんびり草を食べていた。「人間って何が好きで走ってるんだろう?」とでも思っているのだろうか。

こちらが能取岬。嵐のCMにも使われている。

それにしても素晴らしい絶景。立ち止まりたい衝動を抑えて走り続ける。

能取湖

「道道76号」に戻ると、長いトンネルの中を走る。

トンネルを抜けると、右手には能取湖が見える。この辺りで18kmぐらいか。徐々に呼吸が苦しくなってきた。

とその時、エイドステーションで「アミノバイタル」を配布していた。これは僕の好きなエナジージェルなので嬉しい。

ひたすら能取湖沿いを走る。24km地点あたりで早くも「もう限界かも!」と感じるが、なんとか粘り続けた。

苦しみと30kmの壁

27kmあたりが最も苦しかった。気温は急激に上がるし、景色は単調だし、思考回路が麻痺し始めた。

折り返し地点から少し楽になった。苦しさには波があるので「もう限界!」と感じても、しばらく耐えていると案外元気になるものだ。

29km地点で「レイクサイドパーク のとろ」に入る。ここのエイドステーションは充実していて、しじみのスープやコーラなどをいただく。

コーラのゲップを堪えつつ、しばらく走り続けたが、32km地点で本当に限界を迎えた。沿道に「死ぬ気で走れよ」と書かれたプラカードを目にしたが、これ以上走り続けると本当に死んでしまいそうだったので、しばらく歩くことにした。

歩いては走るを繰り返しながら、残り10kmを進んでいく。「せっかくなら思い存分楽しもう!」と気持ちを切り替え、エイドステーションで給食を食べまくった。こちらは山形県天童市(網走市の観光物産交流都市)のカットフルーツ。

オホーツクサイクリングロード

カットフルーツを食べながら「道道76号」から外れ、「オホーツクサイクリングロード」に入る。

森の中へと入っていく。

こんな所にキツネを発見!いかにも北海道らしい。

100万本のひまわり畑

ゴールに近づくと「大曲公園」のヒマワリ畑の中へと入る。

100万本のひまわり畑の真ん中に設けられたフィニッシュラインは圧巻だった。これは動画に収めなくてはと思い、スマホで撮影しながらフィニッシュ。

途中で歩いてしまったが、なんとか無事に完走することができた。

ゴールの後で

「オホーツク網走マラソン」の完走タイムは、ネットで3時間47分56秒、グロスで3時間48分23秒だった。途中から歩いてしまい、フルマラソンではワースト記録となってしまった。

本日の戦利品

こちらは今回の戦利品。大きめのスポーツタオル、というよりバスタオルに近い。

完走メダルと記録証と飲食引換券。完走メダルは「網走刑務所でひとつひとつ木目を活かして丁寧に作られた世界でひとつのメダル」とのこと。

ご当地グルメ

飲食引換券は以下が楽しめる。

  • ビールまたはソフトドリンク1杯
  • 飲食チケット400円

お酒は一切飲めないので、、コーラを美味しくいただいた。

お腹もペコペコなので屋台エリアへ。

1杯500円のカレーが美味しそうだったので、400円分の引換券を使って実質100円。

流氷アイシング

アイシングも「網走」仕様。オホーツク海に浮かぶ流氷はひんやりとしていた。

関連情報

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

ゴールデンカムイ 1

明治・大正時代の北海道を舞台にした人気漫画『ゴールデンカムイ』には網走が登場する。

楽天スーパーセール開催中!ポイント最大43倍。12/11まで