【古宇利大橋】沖縄の海の上を走れる1960mの絶景ランニングコース

古宇利大橋は、沖縄本島北部にある古宇利島(こうりじま)と屋我地島(やがじしま)を結ぶ全長1960mの橋。潮風を受けながら、エメラルドグリーンの海の上を走れる至高のランニングコース。沖縄旅行のついでに走ってきたので紹介したい。

アクセス

古宇利大橋は、沖縄本島北部にある古宇利島(こうりじま)と屋我地島(やがじしま)の間に位置する。橋の全長は1960m。正式名称は、沖縄県道247号古宇利屋我地線。

住所:沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利

今回はレンタカーで古宇利島に向かい、車を駐車場に置いてから古宇利島⇄屋我地島を往復してきた。走っている間、妻と娘たちは真っ白な砂浜が広がる「古宇利ビーチ」で遊んでもらった。

コース

古宇利大橋の橋そのものは、片側一車線の道路と歩道があるシンプルなもの。シンプルであるが故に視界をさえぎるものがなく、橋の上からはエメラルドグリーンの絶景が広がる。前後左右を遮るものが何もないので、まるで海の上を走っている感じだ。

この日は曇りだったが、ちょうど走り始める前から晴れてきた。日が差すとエメラルドグリーンがより鮮やかに見える。古宇利大橋を走るなら、晴天を狙っていくのがおすすめ。

日本国内のランニングコースをキュレーションするランナーズインフォメーション研究所は、古宇利大橋を「海の上を走る道」として紹介している。

お役立ち情報

古宇利オーシャンタワー

時間に余裕があれば、古宇利大橋を一望できる「古宇利オーシャンタワー」に足を伸ばすのもおすすめ。

以下は古宇利オーシャンタワーの展望台から見た古宇利大橋。

死ぬまでに行きたい! 世界の絶景