【大宮盆栽村】盆栽の聖地と大宮盆栽美術館をめぐるランニングコース

大宮盆栽村は埼玉県さいたま市にあり。大正時代から盆栽業が盛んなエリアだ。現在は10軒の盆栽園が点在し、盆栽に特化した世界初の美術館「大宮盆栽美術館」もある。そんな「盆栽の聖地」ともいうべき大宮盆栽村をめぐるランニングコースを、地元住民がわかりやすく紹介する。

アクセス

大宮盆栽村は、埼玉県さいたま市北区盆栽町にあり、最寄駅の東武野田線・大宮公園駅から走って5分ほどでアクセスできる。「村」と言っても、見た目は普通の住宅街。看板がなければ、日本を代表する盆栽の聖地だとは誰も気づかないだろう。

でも郵便局の名前は「大宮盆栽町郵便局」。これはかなりインパクトがあるよなー。

コース

こちらは大宮盆栽村の地図。通りが「もみじ通り」「けやき通り」「かえで通り」など、植物の名前がつけられていて可愛らしい。今回は盆栽村周辺をランニングしながら主な施設を見学してきた。

蔓青園

まず最初に訪れたのは、盆栽村の北側に位置する「蔓青園」。入場料は無料だが、園内は撮影禁止。中庭には大小数百もの盆栽が展示してあった。

園外の駐車場(?)にも盆栽が置いてあった。

芙蓉園

こちらは盆栽村の南に位置する「芙蓉園」。園内では職人さんたちが盆栽の手入れをされていた。

九霞園

それから盆栽村の東にある「九霞園」にも立ち寄ってきた。他に比べるとこじんまりとしている。

盆栽四季の家

盆栽村の中心にあるのが「盆栽四季の家」。観光客向けの無料休憩所といった感じの施設で、盆栽は展示していない。

大宮盆栽美術館

盆栽村でもうひとつ忘れてはならないのが「大宮盆栽美術館」だ。盆栽に特化した美術館としては世界初の公立美術館で2010年に開館。日本全国ならびに世界各地から盆栽ファンが訪れるため、館内の解説はすべて日英二か国語で表示されている。

参考までに、別の日に訪れた際の様子を紹介する。盆栽美術館はロビーと屋外の一部エリアを除き写真撮影が禁止されている。それ以外は撮影OK。

こちらは黒松の盆栽。

花梨の盆栽。ちょうど果実がひとつだけ残っていた。

こちらは欅(ケヤキ)の盆栽。葉っぱが無い盆栽もあることを初めて知った。

お役立ち情報

なぜ大宮に「盆栽村」があるのか?

大宮盆栽美術館の館内資料を読んでその謎が解けた。なるほど、関東大震災がきっかけで東京の植木屋職人が大宮に移住してきたのか。

江戸時代から明治・大正時代まで、現在の東京都文京区千駄木にある団子坂には、多くの植木屋が集まって、菊人形づくりや盆栽業を営んでいました。しかし、大正12年(1923)に起きた関東大震災をきっかけに、より広い土地を求め、盆栽業者だけの村を作る構想によって誕生したのが、大宮盆栽村です。現在の盆栽村周辺には、およそ10軒の盆栽園が営まれており、大宮盆栽村の名は世界的にも知られています。(館内資料より)