Cloudventure Waterproofレビュー:サイズ26.0cm、重さ336g

Cloudventure Waterproof(クラウドベンチャー ウォータープルーフ)は、Onの防水仕様のトレイルランニングシューズ。堅牢なのに軽量、どんな状況でも高い安定性を保つグリップ、そして全方位からの水の侵入を防ぐ防水性能。実際に履いてみて気づいた点を紹介する。

On Cloudventure Waterproof

この記事の著者:とも(tomo)

マラソンブロガー。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

堅牢なのに軽量

On(オン)は、スイス生まれの高機能ランニングシューズのメーカー。チューリッヒ工科大学と共同開発した同社のシューズは今やランニングシューズのメジャーブランドになりつつある。

最近はランニングウェアにも力を入れており、ランナーのきめ細かなニーズを満たしてくれる商品開発に定評がある。

今回紹介する「Cloudventure Waterproof」の特徴は以下のとおり。

最大の特徴は「Mission Grip(ミッション グリップ)」と呼ばれる靴底のグリップ。さまざまな形のグリップを備えているので、どんな悪路でも動きをしっかりコントロールできる。

デザイン性にも優れており、街で履いていてもまったく違和感ない。雨の日の外出や職場にもギリギリ履いていけるレベル。

機能性とデザイン性を兼ね備えた防水仕様のトレイルランニングシューズが欲しい人におすすめの1足だ。

デザインとスペック

それでは「Cloudventure Waterproof」を詳しく見ていこう。

今回は、Onの公式オンラインショップで注文し、2日後に佐川急便で届いた。

箱の中には、商品のほか、注文書と返送用の伝票(着払い)が入っている。試着してみてサイズが合わなかったり、デザインが気に入らなくても、返送料無料で返品可能。しかも、箱には返送の時に使える両面テープまで付いている。

カラーは黒を基調とした「Black/Graphite」を選択。この色なら、ランニングだけでなく、普段使いもできる。

側面(外)の写真。Onの代名詞でもある、ボコッとした「CloudTec」が際立っている。

「CloudTec」のロゴがさりげなく入っている。

側面(内)の写真。

上から見た写真。Onはシューレース(紐)が秀逸で、固結びをしなくても簡単に解けない。

靴底の写真。「Mission Grip」と呼ばれる、さまざまな形のグリップを備えているので、どんな状況でも動きをしっかりコントロールできる。

アッパーも防水仕様。テーピングのようなデザインが特徴。

水の侵入を防ぐため、アッパーとタンの部分は足首のところまでしっかり結合している。

インナーは薄くてクッション性はない。

メンズ26.0cmの重さは実測値で336gだった。

Cloudventure Waterproofの評価

実際に「Cloudventure Waterproof」を履いてみて気づいた点をまとめていく。

ワンサイズ上がおすすめ

サイズはいつも25.5cmか26.0cmで悩む。公式サイトに「防水モデルは通常よりハーフサイズ上のご購入をおすすめします」と書いてあったので、サイズは、26.0cmを選んだ。

履き心地は硬め

ミッドフットからカカトにかけて「まるで薄い鉄の板で覆われているのでは?」思うほどカッチリとしている。一方でフォアフット周りは柔軟性があるので窮屈な感じはしない。

ただ裸足で履くとシューズ内で足が擦れるので、ランニングソックスは絶対に必要だ。

滑りにくい

ロード、土、芝生で走ってみたが、いずれも「Mission Grip」が地面をしっかり捕捉してくれて、雨の中でも安定した走りをサポートしてくれた。

水をしっかりとはじく

雨の日に30分ほど走ったが、走る前と後ではシューズの重さが11gしか違わなかった。それだけ「Cloudventure Waterproof」が水を弾いてくれたわけだ。

シューズの内側もサラサラだった。

実戦で使用

Cloudventure Waterproof」を履いて、「両神山麓トレイルラン2019」の20.7kmの部に挑んだ。雨上がりで足場の悪いコースだったが、最後まで安定した走りをサポートしてくれた。

掃除は結構大変。。

ボコボコした靴底に泥や小石が挟まる。Onのシューズあるあるだが、トレイルランニングだと尚更だ。

長靴としても使える

雨の日の普段履きとしても使える。

職場でもぎりぎり許される

今回はブラックを購入したので、職場に履いていってもギリギリセーフ。雨の日の通勤が楽しくなった。

On Cloudventure Waterproof