Cloud X (2017)レビュー:サイズ25.5cm、重さ208g

2017年11月に発売されたCloud X(クラウド X)は、Onのランニングシューズのフラグシップモデル。ユニークな構造と独自技術「CloudTec」により、軽量性とクッション性を両立。実際に履いてみて気づいた点を紹介する。

On Cloud X

この記事の著者:とも(tomo)

マラソンブロガー。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

Cloud Xとの出会い

On(オン)は、スイス生まれの高機能ランニングシューズ・ウェアのメーカー。チューリッヒ工科大学と共同開発した同社のシューズは、今やランニングシューズのメジャーブランドになりつつある。

今回紹介する「Cloud X」は、On独自の「CloudTec」技術を搭載し、高いクッション性と軽量性の両立を実現している。

Onデビュー

あれは確か1年前のこと。会社の先輩がランニングを始めたと言うので、どんなシューズを履いているのか聞いてみたところ、意外な答えが返ってきた。

「On(オン)」

それは、初めて聞く名前だった。ブランドなのか、製品名なのか見当もつかない。あれから1年が経ち、ようやくOnのランニングシューズを履いている自分がいる。

異次元の軽さ

Cloud X」を初めて手に取ったとき、その軽さに衝撃を受けた。最近のランニングシューズは軽量化がトレンドだが、「Cloud X」の軽さは異次元。

見た目とのギャップの大きさが、その理由のひとつかもしれない。何しろシューズ底のアウトソールは、思わず二度見してしまうぐらいゴツい。「これってトレランシューズ?」と思わずツッコミたくなるレベル。

二股構造

シューズを裏返してみるとナゾが解けた。真ん中が割れている。だから、見た目よりもずっと軽いんだ、と。まるでカモシカのヒヅメのようだ。

SWISS ENGINEERING

大きなロゴとともに目立つのが「SWISS ENGINEERING」の文字。Onはチューリッヒ工科大学と共同で開発している。いわゆる「産学連携」というやつだ。ちなみにチューリッヒ工科大学は1855年創設の名門校。アインシュタインの出身校として有名だ。

デザインとスペック

それでは「Cloud X」を詳しく見ていこう。

ミッドソールはOnとチューリッヒ工科大学が共同開発した「CloudTec」を搭載。Onのランニングシューズは基本的にすべて「CloudTec」をベースに作られている。OnのランニングシューズのDNAと言っても良い。

靴底には、フォアフットとかかとの部分にだけラバー素材を配置している。

Cloud X」のアッパー部分は、足にピタッと張り付くような感触。見た目は頼りなさそうなぐらいペラッペラに薄いが、実際に履いてみるとガッチリ守られている感じがする。何薄いのに、どっしりした素材感。

さりげなくスイスの国旗と「SWISS ENGINEERING」をアピールしているが、これもデザインのアクセントになっている。

メンズ25.5cmの重さは実測値で208gだった。

オフセットは6mmと低めの設計。

Cloud Xの評価

実際に「Cloud X」を履いてみた感想は以下のとおり。

ファーストインプレッション

最も感心したのは、かかと周りの安定感。ファートレック走で6:00/kmから2:45/kmまでペースを変えながら走ったがかかとのホールド感はどのペースでも安定している。

小石などが挟まる

Onのランニングシューズあるあるだが、オフロードを走っているとアウトソールの隙間に色んなものが挟まる。

走行距離200km

ソールの状態は良好だが、アッパーのメッシュが一部禿げてきた。

「ともらん」の原点

以前はランニングシューズに対する興味はそれほどでもなかった。しかし「Cloud X」と出会ったことで、いろんなランニングシューズを履いてみたいという気持ちが芽生えた。

今では毎月1足のペースで新作シューズを試すようになり、当ブログ「ともらん」ではランニングシューズのレビューは主力コンテンツのひとつ。その意味で「Cloud X」は「ともらん」の原点でもあるわけだ。

なので「Cloud X」を買う人は、くれぐれも僕のように「シューズ沼」にハマらないように気をつけてほしい。

On Cloud X