【レビュー】On Mid Sockは、伸縮自在なランニングソックス

この記事では、On(オン)のランニングソックス「Mid Sock(ミッド ソックス)」を紹介します。

伸縮性が高く、カカト周りのサポートの厚い、履き心地に優れたランニングソックスです。

足を締め付けられるランニングソックスが苦手な方におすすめです。

Mid Sockを選ぶ理由

On(オン)は、スイス生まれの高機能ランニングシューズ・ウェアのメーカー。チューリッヒ工科大学と共同開発した同社のシューズは、今やランニングシューズのメジャーブランドになりました。

最近はランニングウェアにも力を入れており、ラインアップは少ないものの、ランナーのきめ細かなニーズを満たしてくれる商品開発に定評があります。

今回紹介する「Mid Sock(ミッド ソックス)」の特徴は以下のとおり。

  • 安定感のあるサポート力
  • テクニカルメッシュ素材が温度をしっかり調節
  • ズレ防止も万全

外観とスペック

それでは、「Mid Sock(ミッド ソックス)」を詳しく見ていきましょう。

今回は、Onの公式オンラインショップで注文しました。

パッケージは極限までにシンプル。必要最低限のものしか残さないオンらしいパッケージングですね。

こちらは「Mid Sock」の構造を図解したもの。斜めの模様には通気性(ventilation)を高める素材が使われています。他にも、カカトやアーチ、つま先の形状にぴたりとフィットする設計になっています。

使われている素材は、以下の通り。

  • ポリアミド 94%
  • エラスタン 6%

ちなみに製造国はスイスとは明記されておらず、EUで製造(Made in European Union)とのみ書かれていました。

左右別々

「Mid Sock」は、左右で別々の形をしています。「L」と書いてあるのが左用、「R」と書いてあるのが右用です。

立体構造

足にぴたりとフィットするように、立体構造を採用。写真のように、自立します!

Onのランニングソックスは3種類

メンズウィメンズでそれぞれ3種類の展開となっています。

  • Mid Sock 保護とパフォーマンスを実感できるランニングソックス。走り続けたくなる心地良さ
  • Low Sock 快適なランニングソックス。暖かい日やレースの日にもぴったりです
  • High Sock 常に足をカバーする際立つパフォーマンスランニングソックス。あなたの走る意欲を表す一足

長さに特徴があり、「Low Sock」は短く、「High Sock」は長く、「Mid Sock」はその中間。今回は、ほどよい長さの「Mid Sock」を選びました。

履いてみた感想

実際に「Mid Sock(ミッド ソックス)」を履いてみた感想を紹介します。

伸縮性高すぎ

まず最初に驚いたのがサイズ感。公式サイトでは、25〜26cmは「サイズS」と書いてあったので、足のサイズが25.5cmの僕は、迷わず「サイズS」を選びました。

実際には、自分の足よりもふた回りぐらい小さいサイズでした。

「これはサイズ交換だな…」と思いながら手にとってみると、ビヨンビヨン伸びる素材であることがわかりました。思い切って履いてみると、足にぴたりと張り付くようなジャストフィットでした。いい意味で裏切られましたね。

足指周りも以下の写真のように、ビヨンビヨン伸びるのでストレスフリー。

カカト周りのサポートが充実

伸縮性が高い素材だと一般的にサポートは弱くなりがちですが、「Mid Sock(ミッド ソックス)」はカカト周りのサポートが充実しています。特にカカトの下の部分が薄いクッションのようになっているので、着地の衝撃を和らげてくれます。

外側の写真。

ひとつだけ気になったのは、アーチのサポート部分。個人的にキュッと締まっている方が好みですが、「Mid Sock(ミッド ソックス)」はちょっと物足りない感じがします。

内側の写真。

足裏の写真。

よくある質問

どこで購入できますか?

Onの公式オンラインショップや、全国の取扱店で購入できます。

サイズ感はどうですか?

シューズのサイズが25.5cmの僕の場合、「Sサイズ」がちょうど良いサイズでした。

手に取るとふた回りぐらい小さいサイズに見えますが、伸縮性に優れているので問題ありません。サイズが合わない場合は、返品・交換もできます。

まとめ

以上、On(オン)のランニングソックス「Mid Sock(ミッド ソックス)」を紹介しました。

足を締め付けられるランニングソックスが苦手な方におすすめです。

On Mid Sock

他にも「On」に関連する記事がおすすめです!