【ラグナ・ビーチ】南カルフォルニアの海岸線をゆく、絶景ビーチランニング

旅ラン・コース紹介

ラグナ・ビーチ(Laguna Beach)は、アメリカ・カルフォルニア州にある高級ビーチリゾート。太平洋に面した砂浜は着地が硬めでランニングに適しており、近くには風光明美な「クリスタル・コーブ州立公園」もある。アメリカ出張のついでに走ってきたので紹介する。

この記事の目次

アクセス

ラグナ・ビーチはアメリカ・カルフォルニア州の都市、アーバイン(Irvine)から南へ15kmほどの場所にある。車だと片道30分ほど。今回はUberで向かうことにした。

コース

今回走ったのは、ラグナ・ビーチからクリスタル・コーブ州立公園(Crystal Cove State Park)を経由し、インスピレーション・ポイント(Inspiration Point)で折り返す往復22kmのコース。

ラグナ・ビーチ

ラグナ・ビーチは、ザ・リゾート地という感じの街だ。道路沿いにはオシャレなショップやレストランが軒を連ね、太平洋を望む高台には富裕層向けの別荘がずらりと建ち並ぶ。近くには公園もあり、太平洋を見ながら散歩できるようになっている。

高台から見たラグナ・ビーチの様子。

こんな感じの遊歩道をしばらく進んでいく。

公園を抜けると住宅街に入る。ラグナ・ビーチからクリスタル・コーブまでは、パシフィック・コースト・ハイウェイ(通称PCH)と呼ばれる幹線道路を走る。高速道路ではないが、すぐ横を自動車がビュンビュン通過していくので怖い。

クリスタル・コーブ

パシフィック・コースト・ハイウェイをしばらく走り続けると視界が開け、クリスタル・コーブ州立公園が見えてきました。ここからは5kmほどビーチランが楽しめる。

2月だというのに、日中の気温は25度。さすがに泳いでいる人はいないが、日光浴や水遊びを楽しむ人たちをちらほら見かける。長袖を着てきたのは失敗だった。

砂浜は海水が押し寄せるギリギリのところを走る。思ったより着地が硬く、反発力があって走りやすい。

ビーチランの様子を動画で撮影した。

途中、小さな集落に差し掛かる。レストランやショップ、観光案内所、トイレなどがある。

お洒落なお土産ショップを発見。店員さんに「ドリンク類はありますか?」と尋ねると、「ドリンクはないけど水ならあるよ」と、紙パック入りのミネラルウォーターを指差された。

500mlで3ドル。高いなーと思いつつ、紙パック入りのミネラルウォーターを見るのは初めてなので興味本位で買ってみた。

店員さんの話では、ボトルよりも紙パックの方が自然に優しいとのこと。それはそれで良いのだが、飲んでみると紙パック特有の臭みがあり、クソ不味かった。気を取り直して走り続ける。

砂浜を走れるのはここまで。崖の中はちょっとした洞窟になっている。

インスピレーション・ポイント

砂浜から崖に上がる。途中、リトル・トレジャー・コープと呼ばれる展望台があったので寄ってみた。360度の絶景パノラマの動画はこちら。

折り返しポイントまであと少し。再びパシフィック・コースト・ハイウェイに出てインスピレーション・ポイントを目指す。この辺りはコロナ・デル・マー(Corona Del Mar)と呼ばれる地区。ラグナ・ビーチと同様、富裕層向けの高級住宅地で別荘が多い。

地元の人に道を教えてもらいながら、折り返し地点のインスピレーション・ポイントに到着。

展望台から見えるのはニューポート・ビーチ(New Port Beach)。このまま砂浜沿いを進んでいくとロング・ビーチ(Long Beach)まで行ける。

インスピレーション・ポイントでひと息ついた後は、これまで来た道をのんびり走りながら戻った。疲れていたのか、砂浜での足取りが重く感じる。

ラグナ・ビーチに戻ると、スターバックスでパン・オ・ショコラとラテ・グランデを注文。無料wifiを借りてUberで配車を依頼し、アーバインまで戻った。

お役立ち情報

カルフォルニア州は一年を通して気候が温暖だ。今回ラグナ・ビーチを走った時には、2月にも関わらず気温が25℃もあり、長袖では暑すぎる。逆に夏は灼熱地獄にならないか心配だ。給水できるポイントが少ないので、ランニングに出かける際はドリンクを忘れずに。今回は給水ボトルを忘れたがために、高くてマズいミネラルウォーターを飲むハメになった。。

いちばん美しい世界の絶景遺産