Airshed Pro Pulloverレビュー:超軽量長袖シャツ

パタゴニアの「Airshed Pro Pullover(エアシェッド プロ プルオーバー)」は、わずか113gの超軽量ランニングシャツ。肌寒いシーンでは長袖シャツとネックウォーマーとフードが活躍し、暑くなったらラクに袖まくりができるオールラウンダー。季節の変わり目に活躍する1枚。

Patagonia Airshed Pro Pullover

この記事の目次

超軽量ランニング長袖シャツ

今回紹介する「Airshed Pro Pullover」の主な特徴は以下のとおり。

最大の特徴は、113gの超軽量でありながら長袖シャツとして必要最低限のプロテクションを実現していること。首まであるロングネックとぴたりとフィットするフードは肌寒い天候から身体を守ってくれる。

一方で、ダブルジッパーのベンチレーションを開け、腕まくりをすれば半袖シャツ並みの涼しさになる。気候が安定しない季節の変わり目に持っておくと便利な1枚だ。

温度調整しやすいダブルジッパー

それでは「Airshed Pro Pullover」を詳しく見ていこう。

まずは全体像から。フード付きの長袖シャツで、お腹から首まで開け閉めできるハーフジップ式。

ジッパーは上下どちらにも開け閉めできるベンチレーションシステムを採用し、温度調整がしやすい。

袖の部分は、肘から先に「キャプリーン・クール・ライトウェイト」素材を使い、伸縮性を高めている。

首回りとフードにも「キャプリーン・クール・ライトウェイト」素材を使用。

フードの裏側には、折りたたんで収納できるスタッフサックが付いている。

くるっと折りたたんでポケットに入れると、こんなにコンパクトに収納できる。

Airshed Pro Pulloverの評価

ここからは実際に「Airshed Pro Pullover」を使ってみて気づいた点をまとめていく。

サイズ感

今回はSサイズを購入。身長170cm、体重60kgの僕にはぴったりのサイズだった。

とにかく軽い

ちゃんとシャツを着ているのか心配になるほど、めちゃくちゃ軽い。通気性と伸縮性に優れ、それなりの保温性もある。伸縮性に優れているので、ランニング中は上半身の動きの妨げにならない。長袖未満、半袖以上という感じ。あまりにも快適なので部屋着としても使っている。

暑い日でも意外と快適

腕まくりし易いのと、汗で濡れてもすぐに乾く。長袖の割には暑い日でも快適だ。

腕まくりがラク

肌寒い季節でも走り始めると暑く感じることがある。ウォームアップや走り始めは長袖で。

暑くなってきたら腕まくりして半袖で。袖の部分は伸縮性に優れているので締め付けられる感じがしない。

フードは出番が少なさそう

フードも伸縮性が優れているので着心地は快適だが、あまり出番はなさそう。小雨の時ぐらいかな。

Patagonia Airshed Pro Pullover