Nano Air Light Hybrid Jacketレビュー:防寒ジャケット

冬ラン用に軽くて温かいランニングジャケットが欲しかったので、パタゴニアの「Nano Air Light Hybrid Jacket(ナノエア ライト ハイブリッド ジャケット)」を購入した。ランニングウェアにしては高価すぎるが、真冬は普段着としても使えるし、耐久性も高い。使用時間で考えたら恐ろしくコスパの高いウェアだと思う。

Patagonia Nano Air Light Hybrid Jacket

この記事の著者:とも(tomo)

マラソンブロガー。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

冬ラン用ジャケット

今回紹介する「Nano Air Light Hybrid Jacket」の特徴は、防寒性と伸縮性を両立していること。

ミッドレイヤーなのに、これ1枚あれば氷点下でも快適に走れる。そのおかげで、どんなに寒い日でも「今日は走りたくないな…」と思うことがなくなった。

防寒性に優れ、着心地も快適。さらにデザインもおしゃれなので、僕は真冬の部屋着としても愛用している。

シェルとワッフルニット

ジャケット前面には軽量シェル素材が使われており、前方から来る寒風から身を守ってくれる。

後面はワッフルニットと呼ばれる素材を採用。薄手ながら保温能力に優れ、通気性を発揮する優れもの。

フロントジッパーはあごへのあたりが快適なジッパーガレージ付き。走っていて暑くなってきたら、ジッパーを開閉して温度調整も簡単。

袖口には、手の甲をしっかりとカバーする親指用ループを配置。

Nano Air Hybrid Jacketの評価

ここからは実際に「Nano Air Light Hybrid Jacket」を使ってみて気づいた点をまとめていく。

サイズ感

身長170cm、体重60kgの僕の場合、「Sサイズ」がちょうど良いサイズだった。

真冬でもこれ1枚で十分

カテゴリ的にはミッドレイヤーに分類されるが、インナー・アウターなしのこれ1枚でも氷点下で寒さを感じずに走れ流。やはり前面の軽量シェルの存在が大きい。

上半身の動きがスムーズ

防寒対策でレイアリングすると、どうしてもウェアが上半身や腕の動きの妨げなるが、これ1枚だと上半身の動きがとても身軽に感じる。

ワッフルニットの耐久性は低い?

パタゴニアの製品は耐久性の高さで知られているが、4カ月間ガシガシ使い込んだ結果、左下のワッフルニットの部分が破れてしまった。ちょうどランニングパンツのポケットのジッパーに当たるため、擦れて破れたのだと思う。

幸い、きちんと縫って元どおりになった。

Patagonia Nano Air Light Hybrid Jacket