【Ultralight Black Hole Sling レビュー】パタゴニアの超軽量ボディバッグ #49020

軽量でコンパクトなボディバッグが欲しかったので、パタゴニアの「Ultralight Black Hole Sling 8L」(製品番号:49020)を購入しました。

人間工学に基づくデザインで斜めがけしても肩が凝らず、8Lの容量は見た目以上に収納力があります。

  • 人間工学に基づくシングルストラップのデザイン
  • 通気性に優れたメッシュ製ショルダーストラップとバックパネル
  • 本体には2つの収納コンパートメント
  • ショルダーストラップにはスマホ用の収納ポケット
  • 容量は8L、重さは190g

最大の特徴は、わずか190gの軽さです。

軽量で頑丈なリップストップ・リサイクル・ナイロンを使用しており、生地が薄くても破れる心配は無用。

一方で、カラダに密着するショルダーストラップとバックパネルにはメッシュ素材が使われており、快適性も妥協していません。

以前はパタゴニアの「Atom Sling」の旧モデルを使っていました。

使い勝手が良くて気に入っていましたが「Ultralight Black Hole Sling」の軽さに慣れると、もう元に戻れません。

写真左が「Ultralight Black Hole Sling」、写真右が「Atom Sling」。

実際に1週間使い込んだ感想を交えながら「Ultralight Black Hole Sling 8L」を詳しく紹介していきます。

コンパクトに持ち運べる

以下が「Ultralight Black Hole Sling」を広げた状態です。

購入時はコンパクトに収納された状態で届きました。

このように、使わない時は小さく畳めると持ち運びに便利ですよね。

収納力は見た目以上

肝心の収納スペースは、2つのコンパートメントに分かれています。いずれもジッパーで口が大きく開くので、モノの出し入れが簡単です。

以下が外側のコンパートメント。

なんとその中にもうひとつ、ジッパー付きの収納スペースがあります。財布や鍵などの貴重品を入れておくのにちょうど良いです。

以下が内側のコンパートメント。500mlのペットボトルなら、余裕で4本は収納できます。

スマホの収納ポケット

ショルだストラップには伸縮性に優れたスマートフォン用の収納ポケットが付いています。

iPhone 11 Pro(5.8インチ)でもすっぽりと入るサイズです。

ただし、スマホを入れた状態で前にかがんだり、斜めがけしたまま収納スペースを前に持ってきたりすると、スマホが落ちてしまいます。。

唯一、残念なポイントでした。

使ってみた感想

実際に「Ultralight Black Hole Sling」を使ってみて、まず驚くのはその軽さです。

空の状態で斜めが消しても、存在を忘れてしまうくらいの軽さといっても過言ではありません。

収納スペースが2つに分かれていると、乾いたもの・濡れたもの、貴重品・その他など、使い分けができて便利ですね。

とにかく見た目以上に収納力があるので、日帰りのマラソン大会なら「Ultralight Black Hole Sling」だけでも十分です。

大会パンフレットや貴重品は外側のコンパートメントに、着替えのウェアは内側のコンパートメントに収納すると良いでしょう。

まとめ

以上、パタゴニアの「Ultralight Black Hole Sling 8L」(製品番号:49020)を紹介しました。

「Ultralight Black Hole Sling」の特徴は以下のとおりです。

  • 人間工学に基づくシングルストラップのデザイン
  • 通気性に優れたメッシュ製ショルダーストラップとバックパネル
  • 本体には2つの収納コンパートメント
  • ショルダーストラップにはスマホ用の収納ポケット
  • 容量は8L、重さは190g

とにかく軽い。そして軽さは正義。

定価は7,480円(税込)。パタゴニアの公式サイトやネット通販などで購入できます。

Ultralight Black Hole Sling 49020

他にも「Patagonia」他にも「バック」他にも「バックパック」に関連する記事がおすすめです!