自己紹介:マラソンブロガーの誕生秘話と主な活動内容

僕の名前は、とも(tomo)。2016年から「マラソンブロガー」として活動し、読めば走りたくなるマラソンブログ「ともらん」を運営している。マラソンブロガーって何者?本業・副業なの?自己ベストは?など、読者の疑問に答えるために、僕のプロフィールをまとめておく。

走ることについて語るときに僕の語ること

この記事の著者

マラソンブロガー、とも(tomo)。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

自己紹介

2016年からマラソンブログ「ともらん」を個人で運営している。専業ブロガーと言いたいところだが、それだけでは家族4人を養っていけないので、平日はIT企業でフルタイム勤務する兼業ブロガー。

簡単な自己紹介

マラソンブロガーとは?

マラソンの楽しさをブログで発信するのがマラソンブロガー(marathon blogger)、と自分で勝手に定義して、勝手に名乗っている。

マラソンを通して得た素晴らしい体験をコンテンツとして発信したい。そんな想いから、2016年にマラソンブログ「ともらん」を立ち上げた。

最初は旅ランやマラソン大会のレポートを更新していたが、アクセス数がまったく伸びず。途中からランニングシューズやグッズのレビューにシフトしたらアクセス爆増して今に至る。

ツイッターでも発信中

ユーザ名は、@tomorunblog。時折、以下のようなツイートをつぶやいている。無言フォローは大歓迎。

ストラバでは練習記録を公開

ユーザ名は、@tomorun。ストラバでは出来るだけ多くのランナーと繋がりたいのでフォローいただいたらフォロー返ししている。

ちなみにストラバでは以前、マラソンブロガーの活動を紹介いただいた。

これまでの経歴

親が転勤族だったこともあり、これまで(静岡県)浜松市→(埼玉県)所沢市→浜松市→(スウェーデン)ヨテボリ→(英)ベッドフォード→(英)ケンブリッジ→(東京都)文京区→(千葉県)船橋市を転々としてきた。

2015年から埼玉県さいたま市に住んでいる。最寄駅は、JR北浦和駅。

作曲家を目指す

中学生の頃から作曲家にあることを目指していた。大学では音楽を専攻し、音楽理論や音楽史、音響学や音響心理学を専門的に学んだ。しかし結局、音楽の道には進まなかった。

マラソンブロガー向きの経歴

大学卒業後は、一貫してデジタルコンテンツ・Eコマースの領域でプロダクトマネジメントとマーケティングを経験。狙っていたわけではないが、結果的にブロガー向きの経歴を歩んでいる。

これまでベンチャー企業→倒産→失業→大手外資系企業でいろんな経験をさせてもらった。逆境でこそ燃えるタイプで、メンタルは人一倍強いと自負している。まさにマラソン向きの性格と言える。

作曲の経験が生きる

作曲家にはなれなかったが、作曲を通して学んだことはブログ運営に生きている。音楽制作に求められるプロデュース力や構成力はサイト設計や記事執筆にも応用できることに気づいた時、自分の中で点と点がつながった。

ランニング歴

父親の影響で、小学校低学年からランニングを始めた。最初は父のランニングに付き添い、走り終わった後にいつも自動販売機でポカリスエットを買ってくれたことを覚えている。その意味で僕のランニングの原点は、ポカリスエットなのかもしれない。

小・中学時代を過ごしたスウェーデンでは、通っていた学校に部活動がなく、地元のランニングクラブに所属していた。ファルトレク走を中心とした練習をこなし、スウェーデン南部の陸上大会の800m走で5位入賞したこともある。

中・高・大学時代を過ごしたイギリスでは、陸上部で3000m走をやりながら、クロスカントリー部のキャプテンも兼任していた。牧草地体の多いイギリスでは、クロスカントリー走がロードランニング以上に人気だった。

再び走り始めたきっかけ

社会人になってから、10年ほどランニングから遠ざかっていた。転機が訪れたのは、2012年にスマートフォンのランニングアプリを使い始めたこと。スマートフォンのGPSで位置情報を記録し、走った距離・時間・ペースを記録できることに感動した。

それからGPS機能付きのランニングウォッチと出会い、走ることがますます楽しくなった。

東海道250km走でブレークスルー

30歳を目前に、自分の価値観をガラリと変えるような大きなことにチャレンジしたいと考えていた。そこで思い着いたのが、東京の日本橋から実家の浜松まで、東海道を走って旅する企画。まだ「旅ラン」が珍しかった2012年のことだ。

7日間で約250kmの道のりをバックパックひとつで完走した。今振り返ると、この時に体験したことがマラソンブロガーの原点になっている。

30歳で初フルマラソン

初フルマラソンは「富士山マラソン2013」。ネットタイムは3時間47分12秒だった。それまでハーフマラソンは何度か走ったことがあったので、前半は楽勝にクリア。しかし後半は「地獄」を体験することに。。

30kmの壁にぶち当たり、ラスト10kmは歩く・立ち止まるを繰り返しながら、ゾンビのようにフラフラしながらフィニッシュ。まあ、フルマラソンのデビュー戦でよく聞く話だ。

フルマラソンはもう二度と走りたくない!と思いながら、なぜか翌年の「静岡マラソン2014」にエントリーしていた。まあ、これもよく聞く話だ。

マラソンブロガーの挑戦

初フルマラソン以降、仕事と家庭以外の時間をすべてマラソンブロガーの活動につぎ込んでいる。主な挑戦は以下のとおり。

36歳で「サブ3」達成

その後、毎年順調に自己ベストを更新し続け、「東京マラソン2019」で人生初のサブ3(フルマラソン3時間切り)を達成することができた。

ワールドマラソンメジャーズに挑戦

「ワールドマラソンメジャーズ」というものがある。世界6大マラソン大会(東京、ボストン、ロンドン、ベルリン、シカゴ、ニューヨークシティ)によって構成され、これらを全制覇することは、市民ランナーにとっての勲章であり、ひとつのマイルストーンだ。

当然ながら僕も6大会制覇を目指しており、現時点でシカゴ(2017)、ベルリン(2018)、東京(2018/2019)、ニューヨークシティ(2019)が完走済みで、残すはボストンとロンドン。

世界遺産を走る

レース以外では、旅先でもランニングを楽しんでいる。世界中の観光名所や世界遺産を巡りながら走るのが夢で、これまで走った場所で一番のお気に入りはオーストラリアの世界遺産「エアーズロック」。世界最大級の一枚岩を1周できる10kmの周回コースがある。

街道を走る

旅先で走るだけでなく、走りながら旅をすることも楽しみのひとつ。最近は東京都・日本橋から栃木県・日光東照宮まで、全長約140kmの「日光街道」を4日間かけて完走した。他にも「東海道」や「中山道」の完全制覇を目指したいが、まずはまとめて休みを取る方のハードルが高い。

自己ベストと目標

以下は、2020年2月時点の自己ベスト。

距離ネットタイム出走レース
10km34分16秒秋葉ダムさくらマラソン2002
ハーフマラソン1時間21分57秒上尾シティマラソン2018
フルマラソン2時間57分34秒さいたま国際マラソン2019

10kmの自己ベストは大学時代、実家帰省中に地元のマラソン大会で出した記録。社会人になってからの最高記録は37分00秒。早いところ学生時代の自分を追い抜きたい。

フルマラソンでは、2時間半を切る「サブ2.5」を目指している。目標は大きければ大きいほど良いと言うから。

マラソンはライフワーク

僕にとってマラソンは「趣味」ではない。マラソンは僕の生きがいであり、人生を豊かにしてくれる「ライフワーク」だ。

第二のキャリアは、走ることの素晴らしさを伝える仕事を本業にしていきたい。

最後に、マラソンに興味がない人におすすめしたいのが、村上春樹さんの『走ることについて語るときに僕の語ること』。マラソンランナーの頭の中を垣間見ることができ、これを読めばあなたもマラソンにハマってしまうかも。

走ることについて語るときに僕の語ること