running.COACHの使い方:プロ監修のマラソン練習プランで自己ベスト更新

自己流のマラソントレーニングに行き詰まりを感じているランナーにおすすめなのが「running.COACH」。簡単なプロフィールを入力するだけで、自分仕様の練習メニューが作れます。僕はこれで自己ベストを更新できた。

HOW TO RUN マラソン世界記録保持者 ポーラ・ラドクリフのランニング・バイブル

この記事の著者:とも(tomo)

マラソンブロガー。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

running.COACHとは?

running.COACH(ランニング.コーチ)は、ヨーロッパ発のマラソントレーニング専門のサービス。

簡単なプロフィールを登録すると、自分の走力や次のレースの目標タイムに基づき、自分仕様の練習メニューを作ってくれる。

コーチ陣には、ポーラ・ラドクリフ(マラソン女子前世界記録保持者)やフランク・ショーター(ミュンヘン五輪マラソン男子金メダリスト)などランニング界の超大物が名を連ねている。

彼らが個別に指導してくれる訳ではないが、彼らのマラソントレーニングの基本思想をベースに、AIが自分仕様の練習メニューを自動的に生成してくれる。

言語は、現時点では英語のみ対応。

自分仕様の練習メニュー

登録方法は簡単。

まず最初に、ランニング歴や練習の頻度など、自分の走力がわかる情報を入力していく。他にも、これまでの自己最高記録や、今後出場予定のレース(6レースまで)が入力できる。

また、ロング走や高負荷トレーニングを行う曜日を指定したり、練習をする・しない曜日を決めたりすることもできる。

登録した情報をもとに、次のような練習メニューが生成された。

トレーニングの内容は毎日異なる。リンクをクリックすると、トレーニングの詳細が見られる。

例えば7月10日は、7.2kmのペース走(Tempo Run)を4:10/kmのペースで。前後に2.7kmのウォームアップ(Warmup)とクールダウン(Cool Down)が入り、合計1時間のトレーニング。

トレーニングが終わると、実際に走った距離とタイムが入力できる。例えば7月9日は、12.3kmを1時間で走る練習メニューですが、目標(Target)に対して、青枠ないの実績(Actual)の数値を入力できる。

また、手持ちのGSPランニングウォッチと連携すれば、ランニングのデータを自動的に読むこむことも可能。

こんな感じで目標レースに向けて、自分に合った練習メニューをこなしていく。

無料プランと有料プラン

嬉しいことに「running.COACH」は無料でも使える。ただし無料版には以下の制約がある。

有料プランに登録すると、以下の機能が使える。

有料プランは、ブロンズ、シルバー、ゴールドの三段階ありますが、最初は一番シンプルなブロンズで十分。期間は3ヶ月(49ユーロ)、6ヶ月(69ユーロ)、12ヶ月(119ユーロ)から選べる。

シルバーやゴールドになると、ブロンズの機能に加え、トレーニングに関する質問ができたり、電話相談やフィードバックを受けられるようになる。

支払いはクレジットカードやペイパルなどが選べる。

running.COACHの評価

ここからは、実際に「running.COACH」を使ってみて気づいたことをまとめていく。

練習メニューが具体的

日々の練習内容は、スマートフォンの専用アプリでも確認できる。指示が細かく書いてあるので、何をやれば良いか迷う心配がない。練習の目的などもしっかりと説明してくれる。

ランニングウォッチと連携

ランニングウォッチと連携することで、記録したアクティビティを「running.COACH」に自動的に読み込むことができる。手打ちで入力する手間が省けて便利。

練習内容が徐々にステップアップ

目標レースに向けて、練習内容が徐々にハードになっていく。これまで自分ではやらなかったような練習も提案されるので勉強になる。

毎月のまとめレポート

1ヶ月に一度、前月の練習状況のレポートがメールで届く。マラソントレーニングの進捗を把握するのに便利だ。

フルマラソンで自己ベスト更新!

2019年6月に使い始め、半年後の2019年12月に参加した「さいたま国際マラソン2019」では、サブ3&自己ベスト更新を達成することができた。

これも「running.COACH」が僕のために作ってくれた、ハードかつ計画的な練習メニューのおかげだと実感している。

HOW TO RUN マラソン世界記録保持者 ポーラ・ラドクリフのランニング・バイブル