20.3kmジョグ。最初の2kmだけ娘たちと親子ラン #練習日誌 2020/10/31

今日のランは20.3kmを5:12/kmペースでジョギング。最初の2kmは小学生の娘たちと一緒に持久走のトレーニング。シューズはミズノの「ウエーブライダー24」を履いて走りました。長距離には欠かせない相棒です。コースは、見沼代用水や大宮公園など、人通りが少ない場所を中心に。

週に一度は長距離(20〜30km)を走るようにしています。そうすることで長距離に対する「免疫」が生まれ、ハーフマラソンくらいならサクッと走れるようになります。

そんなに速くないジョギングペースでも、長距離を走ると心肺や脚がいい具合に鍛えられるんですよね。今日も1時間45分間走り続けた後は、程よい疲労感と充実感に包まれました。改めて長距離走の良さを実感。

今日の一枚

写真は、娘たちとのシューズ円陣。今日は珍しく娘たちの方から「一緒に走りたい」とお願いされました。

10月〜11月は小学校の体育で「持久走」があります。最近は放課後に友達と校庭で自主練習をしているそうですが、週末もがんばりたいとのことで、最初の2kmだけ一緒に走ることにしました。父としては嬉しいですね。

まずは準備運動から。小学校でもしっかり教えてくれているようです。次に1kmのウォームアップ。無理のないペースで体をほぐし、心配を動かしていきます。練習に入る前に、少しだけ公園で遊ばせました。ブランコや鉄棒、シーソーで楽しみながら身体を動かしてもらいます。

そして練習は、上の娘は5分間走、下の娘は3分間走。苦しくなる一歩手前のペースで走り、最後だけ全力を出してもらいます。あまり苦しい思いをすると、走ることが嫌いになってしまいますからね。

ちなみに娘たちのシューズは通学靴としても運動靴として使える「瞬足(SYUNSOKU)」です。最近の瞬足シリーズはデザインも豊富で垢抜けてきました。

アキレス 瞬足SYUNSOKU

僕は子供服にはお金をかけませんが、靴だけは別。子供の成長に適したシューズをしっかりと選んでいます。

ちなみに小学校の持久走の練習ですが、日本陸連によると「5分間走」が効果的だそうです。